気高くあれ! 

March 29 [Sat], 2008, 17:19
プーによると。皆モンスターなので高速で移動することなんてわけないそうです。
バローは真っ直ぐ走っていくわけですね。忍者走りで(笑)
で、障害物を破壊しながら進むガルス。
ここで、真っ直ぐ行ける道を弓に走らせるために多少障害物のある道を行く戦!つまり戦弓萌え!!となれる私はそうとうなメイプル馬鹿ですね。
先に頭にうかんだのは、「弓が真っ直ぐ走るための道を切り開く戦」だったんですが。なんかこのシチュ萌えなかった。
戦弓のバランスが崩れるというか…ガルスの作った道をバローが走るってのはむしろキモイ(笑)
「女王と従者」じゃなくて、「王とその親友兼右腕」みたいな感じが戦弓的には萌えます。
なので「譲」るというよりは、「お前は真っ直ぐ走らんと許さん!!」くらいの勢いで。
なんか自分で言ってて萌えてきた……!
やっぱ戦弓いいわ。

あと、「ヒャァッホーーウ!!」のアンジがかっこ良すぎる!
すばしっこさならそりゃ賊が本領発揮ですよね。

あれー、おかしいな!
「アルに合わせる必要のない緊急事態であっても高速移動を使わなかった理由」について語ろうと思ってたのに!
萌えで終わってしまた!
考察するのが楽しいよメイプル!深読みのしすぎ、とも言うがね!!(笑)


木の実を食べるガルスがもぐもぐしててカワイイ

一緒に歩いて行こう 

March 28 [Fri], 2008, 20:14
バローがごく自然な流れでリーダーになっていることが鳥肌もんなんですが。
「アロアロを追ってくれ!」と言われて文句言いつつもスムーズに従う戦と「はいよっ」の賊。
多分この連携は口に出して指示しなくても自然に成り立つ可能性が高いんだけど、それをあえて口にすることで確実になるし、わずかなタイムロスも防げる。
指示される側に「言われなくても分かってる、うるせーな」という反感が芽生えない信頼関係が見えて大好きなシーンです。

リーダーはバローだけど。
懐の広い兄貴分はガルスだし。
時には汚い手も視野に入れて考えられる頭の柔らかさを持ってるのはアンジだし。
一番あったかくて優しい心を持ってるのはニーナだし。
どんな時も仲間のことを信頼して大きな心の支えになってくれるのはアルだし。

リーダーにリーダー的なカリスマ性以外の沢山のものが不足してて、皆が力を出し合うことで一つのパーティとして成り立ってるのが……!!
アルだけじゃ危なっかしいのは確かだけど、バローだけじゃ辛気臭いし型にはまったことしか出来なさそう(笑)
てかバローは一人旅なんてしたら自分を追い込むだけ追い込んで浮上できずに終わりそう。むしろ寂しさで死ぬかもね!!

次で最終回ってマジかよーマジですよねー…。

3巻パッケージのアンジの手を見て、初めて巻数を表してるのに気付きました。1、2は自然すぎて気付かんよ(笑)
4巻がバローだとしたら、4は4本の矢とかで表現してくれないかな〜。手だとなんか動きのないポーズになりそうだ。

狭いところは嫌いです 

March 18 [Tue], 2008, 10:37
3巻のジャケットはアンジなのか!
意外と言えば意外だけど…改めて一話から見てみるとなるほどな順番な気がする。
アンジのまつ毛がチャーミングでイイ!!

DVD買って改めて一話から見てて思うこと。
戦争ってロクなもんじゃねえ。
今見ると、初期のガルスとバローには何一つ魅力を感じない。
正直イラつきさえする。
当時は当時でバローの口調やら外見やらにはしっかり萌えていたけどね!
もともとガッツリ獣人萌えなので。
青い毛並みとか、脚の骨格がちょっと人間と違ってたりとか……もうね……!
まあそれは置いといて(笑)

お互いをけなし合ったりとか、「自種族が一番優れてる」なんて得意げに主張したりとか。事件をお互いのせいだと決めつけてかかったりとか。
戦弓賊ともに周りがまったく見えてない。視野がめちゃくちゃ狭い。
戦争脳とでも言うんだろうか、居たたまれなくてギャグっぽい話でもふと見るのが辛くなる瞬間がある。
心の狭いガルスなんてやだよー……。
アルに関しても、その心意気を買ったと言うよりは「敵に渡すには惜しい人材、早めにこちらに引き込んでおくか」って感じ。今思うとかなり醜くないか?
そこで平然とウソついて両方に弟子入りしたアルの未完成さは逆にプラスにさえ見えた。
こんな主人公でいいのかよーって感じさせるのがアルのいいところ(笑)

誤解も解けて自然と信頼しあった今の彼らとはまったくの別人だよ。
メイプルアイランドに帰ったらハープやギガンが戸惑うよ。
懐かしいなあ…ハープくん。

そんなわけでDVDのジャケットは先にアンジがきた方がむしろしっくりくる。
4巻はついに旅立ちなのであの神戦闘シーンが……!!
バローの技の中で一番迫力あるのは今のところあの時のソウルアローだと思う。
「人間は弱い、しかし…」→「信じてみようと思う」→「信じてくれてありがとう!」→「あの光は!!」→(マロンの笑顔)→ソウルアロー!!
の一連の流れは鳥肌が立ちます。何度見ても飽きないよ!!
ゲームの方まったく知らないけど、アニメでは信頼とか仲間との絆が技を強くしてる気がする。
だから旅立ち回で大活躍したソウルアローが次の対ギル戦ではぺちっと…(笑)


ところで底なし沼の回、イエティに助けられて金色の世界で目を覚ますシーンで心臓止まりそうになりました。

目を覚ますアル、ガルス、アンジ。あれ?バローがいない。

霧の向こうにシルエットだけ浮かび上がるバロー。
……。

……。

…………え?

まさか

「俺は先に向こうにいっているぜ」展開?
「お前たちはまだこっちに来るには早いぜ」展開?

あれ? 手が震えて き  た   …    …

「バロー!お前、無事だったのか!」


もう皆と一緒にバローに駆け寄りたかったです。
弓の腕にしがみついて「そうだっプ!」のプーがかわええ!
あとさりげなくピースしてるアンジがかわいい。
このアニメでは死亡者出ないって信じてるぞ……!
信じることが力になるって信じてる!

頼むよ、まじで……!

メイプルと言うかほとんど弓について。 

February 24 [Sun], 2008, 18:05
もうメイプル2巻出てるんですね!
1巻はゲット済み。
「心の輝き」が入ったアルバムもゲット済み。
オープニング早くどうにかして下さい!好きなのに……。
サントラまで待つしかないのか。
リュートの曲とか音楽にもかなり力入れてるからサントラ化はする…って信じてる!
信じることが力になるって信じてる!!



さて。
気付いたらバローまみれの語りになっていたのでご注意下さい。





今回分かった事。

バローはものすごく思いつめるタイプである。

10年前の真実を知って、いーよいーよと言うアルに
「しかし、私は……」
ニーナに矢を当てちゃったときの描写とダブるものがある。
人に厳しく自分に厳しく、のぶきっちょさんタイプ。
激しく……萌えます……!
どんどん自分を追い詰めてって、あげく周りに気を遣わせてしまうこともありそう。

潔癖症っぽいところは前々からあったしなー。
しかしゴーレムに捕まっての「立ちふさがる敵は全て私が排除する!」には正直笑った。
K Y 。
いとおしいほどのKYですよ。
「排除する」ってすごく神経質な感じが出てて好きなんですが。でもむんずと掴まれて言うセリフじゃないだろうよ(笑)
さーて、次回のメイプル ストーリーは〜
そんなバローが底なし沼にはまってサータイヘン!ってお話だよ!
お楽しみにすぎる(笑)
今までのストーリー内での扱われ方とは明らかに違う。
スタッフ的にも弓はこのままクールに決める気取り屋キャラ☆で行きたいのかと思ったら…沼に。
まあ公式の予告は話の導入だけを出してくるっていう前例が「アロアロを探せ!」で明らかになっているわけですが。
食いつかずにはいられまい!

関係ないですが落ちそうになったアルを拾いに駆けつけたギルの立てた風に「うわあ!」ってなってるシーンの弓の動きが秀逸です(笑)
帽子を押さえる姿が、か、かわいい…!

見ての通りの弓好きなので画面上でもついつい弓ばっかり追ってしまうわけですが…今回の最後の止め絵、バローがなんか元気ない……?
前にアルの「世界樹の種を探し出そうゼ!」で終わった時には指鳴らしてポーズ決めてたのに。
やっぱ気にしてるんじゃないかなー。
アルのこともそうだけどアンジに対しても…。


今回でかなりアンジ株があがりました。
ぼんやりした印象から、はっきり好きになった。
今までは「他の長たちが知らない何かを知ってるんだけどまだ時期じゃないから言わない裏のあるキーキャラ」って感じで見てました正直。
その「裏」が分からなかったもんで、おちゃらけキャラは好きだけどイマイチ掴めなかったと言うか。
別行動が多かったのもあるし。
でも今回で分かった!アンジはアンジで全力だった!
泣くなよーー。情けない声出すなよーー。
アンジが誰にも言えずに自分ひとりで立ち直ったかと思うと切ない。


クローネの「あたたかい……」が可愛すぎて泣きそうになった。
みんな幸せになれますように……!
ていうかポケや亀忍者みたいな定番アニメになってもいいと思うよ!
ずっとみんなでワイワイ旅しててほしい。

メイプル 

January 15 [Tue], 2008, 20:40
今更前回の感想いきます。
もう何回見たことか、静かに燃える弓てんこ盛り!!
今回の河原でイチャつく戦弓についても早く語りたい…!

バローはやっぱ普通に本物の矢を使ってた!!
前回ニーナに矢が当たっちゃったのはバローの株をさりげなくあげとくためだったのかも。
ビクトリアアイランドに来てから喧嘩したり騙されたりとアホなとこばっか見せてたので、自分のミスに対する態度で大人を演出して今回につなげる、みたいな。
ガルスもここぞって時には行間が読めてるし。大人の良さが出てました。

木内さんが演じるトーン低めなバローの声は殺人的。
「ニーナ、どきなさい」
は天国への往復切符!!

バローは新しいタイプのオニデレなのかい?
身内には底抜けに優しい…というか身内が絡むと人が変わったように大人になる。
そこがバローの「心の輝き」ってことか。
アルみたいな奴は確かに凄いけど、ニーナみたいなのもバローみたいなのもいるからお互いに輝けるんだなー。
てか今回は全員輝いてた!アンジがいなかった…け…ど…!
ガルスが空気だったのも気になりますが!
誰も当て馬みたいな扱いは受けなかったのでとってもスッキリ。

しかしガルス…どさくさにまぎれて腰をつかむなと!!
まあ状況的にしかたないけど。むしろ気遣うガルスに惚れる。

弓腰姫……とか言ってみる。 

January 08 [Tue], 2008, 11:13
次回のメイプルが気になりすぎてニュータイプの放送予定表まで見たけど、今回までしか載ってなかった。
と、思ったら今日、公式に次回予告とあらすじがアップされてた!

えーっと。
……。
と、いうことは。
予告でギルが受け止めてた矢はバローの放った矢か。
もう普通に本物の矢を使ってるんですね!
見事に踊らされました。ただ単に余裕の表れで練習用使ってたってことでしょうか。
でも、あの練習用、機械を貫通します^^

ギャグ顔はザッタ団にやられたセロの町を見たショックが原因の模様。
もうちょっとシリアスに行こうぜ、クールガイ!
ニーナのデレの理由は分からないまま。
バローの矢が当たっちゃったことはたいした伏線じゃなかったみたい。

せっかく皆でビクトリアアイランドに来たんだから、全員でワイワイ旅してるところが見たいんだけど……次回予告にガルス、アンジが見当たらないような(笑)
ただ戦弓賊の三人が描かれてないところで一緒に行動してるってのは戦弓好きにはおいしい要素。
戦と弓は喧嘩が絶えなさそうだけど賊がうまく「まあまあ」ってやってくれそうだ。
あ、でも賊は関わり合いたくないから傍観の方向かも。

ところでスタッフはしっぽフェチなんだろうか。
マロンと話してるときのアンジとか、今回の「アルたちが戻ってきたぞー」って駆けてくるバローのしっぽがやけに動いてる。
バローのふさふさしたしっぽに萌えずにはいられない。

弓、覚悟が空回る、の巻!! 

January 06 [Sun], 2008, 13:14
あけましておめでとうございます。
去年一年間ほとんど動かなかったこのサイトですが、今年もどうぞよろしくお願いします。


さて、新年一発目からメイプルです。
弓好きとしてはちょっぴり嫌な予感のする回でした!
全体的にはかなり良回じゃないですか?
色々詰め込んであるけどテーマは一貫してる感じで。
アルは来る者を拒み去るものを追いたいやっかいな性格の男ですね(笑)
でも子どもって多かれ少なかれそういう性格してると思う。

今回アルは痛い目にあったわけですが…活躍したのはニーナ。
大人三人はもうちょっと大人らしく受け止めてください!
ガルス筋肉すぎる!!
そこで「それ見たことか」みたいなこと言っちゃうから子供っぽくなっちゃうんだよーーーー!!

バローが本気と書いてマジになってしまいました。
あれ?でも世界樹守って戦ってるときも練習用の矢使ってなかった?
ちょ…それってまさか……
「人を傷つけるのが怖い」とかそういう萌え展開を期待していいんですか!

で、今回も決心して本物の矢を使ったら仲間のニーナを傷つけてしまった、と。
しかもアルは説得できないし。
バローなりに皆を護る最良の手!と思って覚悟してやったんだろうから、かわいそう。
あ。ほらー、しょんぼりしちゃったよ。
声が沈んじゃってます。
次回予告なんてトボトボ歩いてるよ。

萌え!

あのトボトボ歩きの真相はどうなんだろう。
てか次回予告、バローが完全にギャグ要員の顔してますけど(笑)
ニーナのデレが誰に向けられたものかは分からないけど、一抹の不安が。
これでバローがニーナに惚れてたら……間違いなく爆笑です!
バロー→ニーナ→○○
みたいな展開は勘弁だけどネタ的に面白すぎる。
どっち道メイプルはもう何もかもが好きなのでどんなストーリーでも大抵いけそう。
OP始まっただけでニヤニヤするアニメなんて久しぶりすぎる!
あ、レイアース以来じゃない?(笑)

今回はアロアロもよかった!
前回の「えーー、仲間になんのかよー」という不満は解消されました。
このドラ息子め☆
そして一瞬だけ見られたクローネ様のマジな表情。
クローネ様トラウマ持ちか……。

クリスマス・ツリー (NARUTO) 

December 24 [Mon], 2007, 10:44
※クリスマスSSでいのとシノです。
※ほんのりCPです。

↓の [Read More…] からどうぞ

紳士様 

December 23 [Sun], 2007, 9:01
アロアロ様のキャラがぜんぜん予想と違った。
バローに冷徹さをプラスしたタイプのガチな悪者だと思ってたたら…… オ ネ エ !
しかもバカ息子。
かわいいけど。
そしてさりげなく頭いい。頭いいというか柔軟なのか。
このままだと戦やら弓やら賊やらのが頭悪いことに。頭悪いというか純粋なのか。
そういうことにしとく。

実際、長三人は信頼し合って暮らしてた時期があったんだもん。
根は純粋なんだよね。
なんだかんだで平和ボケの後遺症も見られるような(笑)

しかしアロアロ様が弓使ってたのとかバローがアロアロ様に詳しかったりってのはなんか関係あるのかな。
変なフラグじゃないといいけど。
ビクトリアアイランドに来てから長たちが著しく劣化してるので「やっぱり大人だな」と思える場面がほしい。
子供に教えられてばっかりじゃダメな大人だぞ!!

戦弓は見られないかと思ってたけど…けっこういた!!
賊とも合流。
賊が二人のこと「旦那」って呼ぶのが好き。
キノコの上でぴょんぴょんしてるバロー萌。
ガルスは……潰しちゃだめーーー!!

股を開いて座るということは絶対にしないお上品なバロー(笑)
先週は一人だけ乙女走りでした。
柳生と通じるところがある。
ごめんなさいね(笑)

戦弓物語 

December 19 [Wed], 2007, 18:27
卒論が終わったらメイプル ・ ストーリー始めると思います。
オンラインゲームの方じゃなくてアニメの方の二次創作ね。
何となく言っておいてけっきょく言うだけになることが多々ある人間なので保証はありませんが。
ゲームの方はまったく知りません。

まあ、なんというか……
どう探しても二次創作自体見つかりません(笑
当然と言えば当然。

もっぱら戦弓です。
戦弓戦でもいいです。
バローはね…ガルスガルス言いすぎ。
「迎え撃てガルス!」
「ガルス、火を消すんだ!」
「さすがだ」
「もっと褒めてくれ!」
例えようもなく 夫 婦 。
この二人はケンカに見せかけてスキンシップをとっているとしか思えません。
というのは言い過ぎにしても本当に嫌いな相手ならあんなに接触しないだろう。
どさくさにまぎれて腰を掴むのはやめようぜ。

子ども向けアニメをこんな目で見ています。
まあストーリーはストーリー。妄想は妄想という感じで。
ストーリー自体もいいんだよね。カビの回あたりから神回続きだし。
今週も、ちょっとスパイス足りなかったけど面白かった。
故郷が見えてきてはしゃぎすぎな二人。
もふもふ二匹がかわいい。「あわわ……」ぜひ私の足にぶつかってください!!
バローの腰から目が離せません。
あとなんで萌え袖なんですか。いちいちかわいい。

アルニナもいいです。はじめてNCにはまった…。
ニーナがね…かわいすぎる。
「人ごとだよ」はひどいね!でもそういうこ。

マロンちゃんはもう出ないんでしょうか…。かわいいのに。
アロアロ様の手下たちがキモいんですが!特にあの女っぽいの。乳が……。
クローネ様を見習ってください。「ねーーーっ」って。

アロアロ様が改心しちゃうルートはちょっといや。
アルに分かり合えない奴もいる挫折を教えてやってほしい。
「みんな友達だぜ!」とか言ってる主人公はあまり好きにならないんだけどアルはなんとなく好き。
欠点がちゃんとあるからか。
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ととら
» 一緒に歩いて行こう (2008年03月28日)