オーマイニュース編集部に行ってきました。(下)

January 06 [Sat], 2007, 14:35
1月5日、オーマイニュース編編集次長・平野日出木氏、該当記事担当の編集デスク・二木頼之氏広報担当・高橋健吉氏にお話を伺いました。

 (上)はこちら。

 これまでの経緯は、下記エントリーを参照お願い致します。

 「ある人」って、私のことです。(2006.12.29 16:05)
 何も記事消すことないのに…(2006.12.30 02:05)

----------------------------------------------------------------------

Parsley(以下P) 編集という作業は、どういう位置づけなのですか?
平野氏(以下H) 最初送ってきてきた文章では、そのひとの言いたいことが必ずしも伝わる形で書かれていないから、よりよく伝わるために手を入れているということです。編集部の意見を入れるということはまったくなくて、彼らが言いたいことが混乱している際には解き解し、間違っているファクトがあれば指摘して伝えている。事実が違うと原稿自体が成り立たなくなって本人が取り下げるということもありますし、編集部を通さないで出すと読みにくい原稿になるものもある。だから、我々が第一の読者になって、読みやすくするというのが基本スタンスになります。
P 逆にそのまま掲載することはありますか?
H ありますよ。そういう方はフリーランスで記者の経験があったりする人が多いですね。他のところで市民記者をやっている人も慣れているので、そんなに手を入れずに掲載することもあるし。だから、音羽さんのように議論を仕掛ける人にはこちらも時間を掛けて、材料がないままに食ってかかるところがないようにしています。今回の件も、全面的に書き直して頂いてます。
二木氏(以下N) 具体的には、mixiからの転載はダメだと。要約するような形で書き直してくれ、と。そう伝えると、ほぼ全部直してきたと。それで、こちらで読みやすい形に直して掲載したということです。
P mixiの規約に抵触するというのは「2・禁止行為」の部分ですか?
N そうです。基本的にオーマイではそういうことはしないと。全部掲載しなければ伝わらない内容ではないので、要約するような形で書いてもらいました。「ある人」というように直したのは、こちらの指示ではないです。音羽さんの当初の全面書き直しでもう既に直されていました。
P ほかに問題箇所はありましたか。
N いや、そもそもその(mixiの)箇所が前提だから、全部直してくれと。
H 最初はその記事だけでは意味の分からない原稿でした。いろいろあっちこっち(リンク先に)行かないと分からない。オーマイニュースでは、リンクは張るけれど、リンクに行かなくても(記事単体で)読める記事にするようにしているのですね。リンクは、あくまで参考のため。参照ばかりするというのは、オーマイのスタンスではありません。一旦リンク先を全て読まなければ、記事の先に進めないというのは困る。

※平野氏の発言は「そのような記事が投稿されることがある」という趣旨で、音羽氏の原稿を差してはいない。音羽氏の原稿には、編集部の修正前の段階でリンクはなかった、とのことだった。
P 市民記者は名前が出るのに、担当編集者のクレジットがないというのはどうしてですか。
H それは入れてもいいかもしれないですね。ただ、編集者も何人かで見ているんですよね。最低でも二人は見てますから。最初に見る人と、オリジナルと比較して確認する人がいるんですよ。そうなると、何人も挙げられていて鬱陶しいという人もいるかもしれないし、(ページデザインの)美しさという点もある。そこは組織として責任を負っている面はあるよね。入れた方が透明度という点ではいいのかもしれませんが、誰を挙げればいいのかなど、難しい問題もあります。

P 佐々木さんとの議論がずっと続いている流れの中、それが停滞したところで今回の記事が掲載されました。そこに何か恣意的な意向が働いたのではないですか?
H 我々の仕事は、来た原稿を掲載することなんです。ここは誰かに配慮して止めておきましよう、という判断の方がよっぽど変。だから、たまたまその時に来ただけですよ。「それ(音羽氏の記事)を上げてしまう編集部の姿勢」といっても、そういう場なんだから。載せたいひとは原稿を送って下さいよ、と。もし、オーマイニュースと音羽さんとが結託していると考えているのだとすれば、全くの邪推。他の市民記者と一緒です。
N 別に書いてくれとこちらから頼んだわけじゃないですよ。
H 前の記事だって、佐々木さんは一応身内のひとだから「こういうふうに書かれると困るな」と思いつつも、だから載せませんというわけにもいかない。だから編集して載せているわけで、そこに編集部の意向は入ってません。

P 記事中、彼は「責任」という言葉を使っていますが、オーマイ外での言論に彼が責任を取っているとは思えません。今回の事例で、「実名=責任のある発言」の図式が崩れたということにはなりませんか?
H それは議論が別だと思います。仮にオーマイの記事にも署名が載って、ブログでまったく別の言論活動を行っているとしたなら、その人の言論の信頼性が弱まります。
P つまり、あくまで音羽さん個人の問題であって、掲載しているオーマイニュースの問題ではない、ということですね?
H そうですね。あらかじめ署名が載る事により、そういった事例は徐々に減っていくと考えます。

P 市民記者がオーマイ外部で市民記者規約に反する行為をしていた場合、対策を講じることは考えていますか?
高橋氏(以下T) どんな対策ですか?
P 例えば、極端に言えばもうその人の記事は掲載しない、というのがありますよね? 
H それは対策を取るべきだという考えなのですか?
P はい。当然そうです。
H それはどうして?
P どうしてって…。
H 他のところの言論のためにオーマイでの言論に問題がなければカットするというのは、「誰が書いているか」ということで判断する、ということですよね。そうしろってことですか?
P そうですね。
H どうして? 僕はその意見に組しないけれど、ネットの世界では「何を言っているか」で判断しろって、皆言っているじゃないですか。
P えっ、そうなんですか!? それが世間的なコンセンサスを得ているとは個人的には思えないんですけれど…。
T 我々と致しましては、他の媒体でどんな言論活動をしようとも、オーマイ内の記事に問題がなければ基本的には掲載します。それ以上のことが出た場合は個別具体例が出た際に編集部内でまた検討致します。
P 今回の件は如何ですか?
T 先程申し上げたように、編集部の恣意的な意図の中で書かれた記事ではないですし、純粋に書かれた記事として編集し直して掲載したということですから、特に問題はないです。

P それでは、音羽さんにはこのまま変わりなく市民記者としてご活躍して頂ければ、ということですね。
H これは個人的な見解ですけれど、サイトの幅を広げるという意味からも頑張って欲しいな、と考えています。

※もっとも。私が拙エントリーのトニオ氏のmixiメッセ画像を見せると、一様に「これはひどい」とつぶやかれていた。個人的には、この反応があっただけでも来た甲斐はあったと思う。

------------------------------------------------------------------------

 他にも興味深いお話をいろいろうかがったのだけど、掲載はここまで。
 二時間近くに渡り、三氏には愚にもつかない質問にも丁寧にお答えを頂いた。
 改めて感謝を致します。

 最後、編集部を後にする時に、鳥越氏が各メディアで登場する際、オーマイニュース編集長としての立場なのか、それとも鳥越氏個人としてなのか、平野氏に尋ねてみた。
 すると、「オーマイニュースの意見、というものはないのですよ」というご返答だった。

「私の意見と鳥越さんの意見に違うところもあるし、若いスタッフには若いスタッフの意見がありますからね」

 そう淡々とおっしゃる相貌がとても印象的だった。
  • URL:http://yaplog.jp/parsleymood/archive/482
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

profile
Name:Parsley
Birthday:1976/4/8
Point:首が長い。つまりエロい
Favorite:エイガにケイバ
タバコ:Davidoff GOLD
ウィスキー:アーリータイムズ
おしごと募集!!
カワサキシティーで布団と同化中
コメントは返したり返さなかったりです。
parsleymood@gmail.com
さらに詳しいことはこちら

2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ランキング