気分だけはROSEBUD

August 11 [Thu], 2005, 2:55
 まずはご報告。拙blogでもはてなブックマークの投げ銭システムを導入してみます。これは本当に画期的な仕組み(解説は『R30』様の記事『好むと好まざるとにかかわらず』様の記事などを)なので、是非とも広まって欲しいなぁと思う。
 もちろん、はてなポイントは大いに頂戴したいところなのだが、parsleyの脳内垂れ流しただけの駄文にそれだけの価値があるかと問われると返す言葉がない。だから、年収1000万円ぐらいある方で、マッチ売りの少女に対する憐憫の情に近いものを感じたのならば、お願いしますという感じです。

 さて。自他ともに認めるオンナノコ属性高、でもフローチャートだと両性具有的なparsleyとしては、『Feel Pink, Find Seven』様のエントリー「乙女男子」には脊髄反射の義務さえ感じていた。
 が、どうもネガティブな反応多しだったようで、該当項目を削除されてしまった。(´・ω・`) ショボーン。
 しかし、これこそ「ネタにマジレスカコワルイ」の典型じゃない? 何もfinalvent様まで見解出さんでもと、はてなブックマークで力強く乙女男子宣言した身としては思うわけですよ。
 ただ、ことblog界隈においては、ひとたびアップされたエントリーは共有財産となり、筆者の手を離れているという認識が早く多数派にならないかなぁとも思うが、本筋から離れる上に説教じみているのでやめておく。

 さて。果たしてparsleyはどこまで「乙女」なのか。

 証拠写真として提出するのは、職場の机にいらっしゃるモリゾーリサ&ガスパール。たまにもふもふして現実逃避します(笑)。ま、彼らに限らず基本的にキャラもの好きですね、はい。

 逆に言うと、子供の頃あれだけディック・ブルナーの絵本や、『はらぺこあおむし』とかを読まされて、刷り込みがなされない方がおかしい、と思わないでもない。

 他にも、オンナの買い物には頼まれなくても付いていくし、毎月『PS』買うし、美容院派だし、重症の甘党で自分でアップルパイ作っちゃうぞ(ここここ)だし、一ヶ月に一度は一人でアフタヌーンティールーム行かずには気が済まない。植物系の知識は薄いが、関連書籍なら結構な数になるだろう。
 当てはまらなかったのは、別に爬虫類が苦手ではない(好きでもない)のと、ミスドなど何年も行ってねーことぐらいじゃないだろうか。
 つまるところ、少なくとも『Feel Pink, Find Seven』様の定義においては、立派な「乙女男子」として胸張っていいことになる。えっへん!!

 ただ。ちょっとヘタれたことを言わせて貰えば、「乙女」属性は私の一部分の特性ではあっても、それで全てが構成されてるわけじゃない、ということ。
 5歳前後の時に読んだケイブンシャ大百科シリーズの影響は、「うさこちゃん」以上に強烈で、乗り物好きな面を形成しただろうし、ザクとか99式ヘルダイバーとかに夢中になって、SFにハマって…という流れも、間違いなく私の持っている別の特性だ。
 そういう風に、全く違った属性を矛盾なく整合してしまうのが、人間の脳内活動というものしょ。そうでなきゃparsleyという人間が説明できない(笑)。

 それで、『Feel Pink, Find Seven』様が俎上に乗せようと試みていたのは、「女子が乙女男子に出くわしたとき、どーするよ」ということだろう。間違っていたなら申し訳ありません。
 いきなり結論が出ているけど。

 下の要件がすべてあてはまっちゃうような人は彼氏にするにはちょっと辛いけれど

 ……ですよね。そーですよね。
 真面目な話、「乙女男子」はモテ/非モテにカテゴライズしようとすると後者になるだろう。もっと言えば、女性の求めるニーズからは外れている。上記の特性など、同性で盛り上がっていればいいし。
 だけど、ホンモノの「乙女」ならばそのようなことを忖度したりはしない。そりゃ、恋愛圏外だという事実にヘコみはするだろうけれど、基本的に彼らは自己の世界の住人だからだ。そのあたりは「メトロセクシャル」を取り巻く環境に近いような気がする。

 それで、問題は「乙女男子を好きになってしまった時」。
 まず、これは「乙女」じゃないと思います(笑)。

 付き合ってんだかいないんだか、かれこれ3ヶ月も毎週デートしてんのに、手つなぐのがやっと、ていう無害っぷりもちょっと、ね。それは乙女男子なのかなぁ。分かりづらいんだよね、それは。こっちから言葉に出して聞かないといけない。それは男の役割だろう、みたいな。

 これってただ煮え切らないだけなのか、気がないかのどちらかなのでは…。
 第一、「乙女」=優柔不断というのは、レッテル張り以外の何ものでもないでしょ。

 もっとも、『Feel Pink, Find Seven』様はparsleyごときが言わずとも分かっていらっしゃると思うけれど。

 甘えたいとき、優しくして欲しいときに、彼氏がそういう強さを備えていなくって、そういうのが二度も三度も続いたら、ちょっとなぁ、て思う。
 (もちろんそこはギブ&テイクなんだけどね)
 だけどそういう意味での強さは、乙女男子とは矛盾しない。


 そう。本来この手のコは相手のことを推し量る機微に長けているはずなので、必要なときにはオトコノコ属性に切り替えることが出来ると思う。
 現状ないコ? 開発すれば伸びますよ。それでS/Mに目覚めれば完璧(笑)。
 そのコントロールがメンドクサイという方は、開発されきった人を、頑張って根気よく発掘してください(笑)。

  • URL:http://yaplog.jp/parsleymood/archive/245
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
parsley@現実逃避中
 あー。言葉って難しいな…。うーん。

 >奈々さま
 まずは、コメントありがとうございます。
 私からしてみれば、佳作エントリーだと思いますので、消すのはもったいないなぁ、というのが正直なところです。
 ネタ云々に関しては、blogで記事を書く以上は避けては通れないところでしょう。ネタにしネタにされで、オンラインは廻っている、というのが私の認識ですので。ここは色々突っ込まれる余地がありそうですが…。

 finalvent様に関しては、「貴方がぶくますることじゃないでしょ」と思った、というだけで、他意はないです。

 >シイタケ兄貴
 過去の栄光を抉ると傷つくから止めて下さい(w >年上にモテる
 私の場合、性差を峻別しようとされた最後の世代だと思っているので、若い子のことが正直羨ましかったりもしないでもないですな。
 
August 11 [Thu], 2005, 14:04
毛@マッチョパンプ
>真面目な話、「乙女男子」はモテ/非モテにカテゴライズしようとすると後者になるだろう
 鉄っちゃんでプヲタで軍ヲタの2ちゃんねらーのパセリちゃんは、乙女男子だけど年上にモテるよねー。

 日本青少年としては「乙女男子」と言われるのはいやなのかなぁ、と思ってみる。だってそういう趣味だから別に乙女って言われてもでも気にしないって当人は思ってそう。
 ちなみに私は「オッサン」といわれるにはぜんぜん気にしなーい。だって「世間の流れを東スポで知る女」だし、ハイライト吸うし電車でカマボコ食べるし。
 でも、「オバハン」って言われたら、シャイニング・ウィザード決めますよ、と。
August 11 [Thu], 2005, 9:54
トラバどうもでっす♪

あのエントリーを削除したのはですね、finalvent さまとかのカキコのせいじゃないのです。

「どれだけ当てはまるか」という読まれ方をされてしまうと、過去に乙女扱いされてやな思いをしたことのある人は、どうしてもネタにされたような、コンプレックスをつつかれたような気分になっちゃうだろう、ということに気がついたのです。

ご不便をおかけしますが、そういうことでご了解くださいませ。
August 11 [Thu], 2005, 4:07

profile
Name:Parsley
Birthday:1976/4/8
Point:首が長い。つまりエロい
Favorite:エイガにケイバ
タバコ:Davidoff GOLD
ウィスキー:アーリータイムズ
おしごと募集!!
カワサキシティーで布団と同化中
コメントは返したり返さなかったりです。
parsleymood@gmail.com
さらに詳しいことはこちら

2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ランキング