有料メルマガ『ParsleyのSurvival in Tokyo』刊行宣言

November 30 [Wed], 2011, 23:55
 「もう限界。勘弁してください」
 家人にそう三行半を突きつけられたのは、8月の暑い最中だったか。
 昨年の3月に広告企画会社を解雇になって、その年いっぱいは失業保険などで一定のお金が入ってきていた。だけど、2011年に入ってからは、満足にカワサキハウスにお金を入れることが出来なくなっていた。
 無理もないな…。
 ぬるい麦茶を飲みながら、自分の非力さをつくづくと思い知らされた。

 失業してから、私も手をこまねいていたわけではない。応募出来る職種は片っ端から応募してみたし、面接した総数は延べ50を超えた。あらゆる派遣会社にも登録してみたし、携帯電話販売員や警備員の仕事の登録もしてみた。
 けれど、実際に職にありつく、というところに至らなかった。
 これには、大学を出てから派遣社員⇒出版社勤務(3年)⇒ITベンチャー勤務(1年半)⇒広告企画会社Webプランナー(半年)という職歴で、しかも35歳という年齢が多分に「中途半端」なことに起因しているように思える。特に専門職を求めるWebの世界では、「何でもやっている」という私の経歴は、「浅い経験」と見なされてしまう。

 ライターとしても、結構必死になって「営業」した。仕事になりそうなところには全て首を突っ込んでみた。正直、無理もしたけれど、実際に「身」になったものもあった。私のことを「買って」くれる方もたくさんいらっしゃるという事実は、私を勇気づけもした。
 だけど、手元にやってくる収入が、まったく十分でない、という事実は私を今も悩ませ続けている。
 そして、「良い記事を書き続ける」ということが、「新しい仕事を呼ぶ」「ライターとしてのステージが上がる」ということに全く繋がらないという事実に、もがき苦しんでいる。

 そして。仕事に対して手加減なしに向き合った代償として、自律神経失調症になったという過去が、どこかで社会人としての自信を取り戻しきれていない自分がいることも、暗い蔭を落としている。
 瞬発力はだいぶ取り戻した。けれど、必ずしも自分が望まない状況で業務を続行する持久力があるのか。そういった不安を抱えたままだ。

 こういった状況に自分がハマってしまっているのは、私の責任だ。だが、「ロスジェネ世代」と呼ばれていた年代のちょうど中間に位置する私が、社会的状況から受けている影響というものにも、無関心ではいられない。
 いや、もっとはっきり言ってしまおう。こういった自分を取り巻く状況に、私は怒りを禁じえない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 そんなこんなで。
 年明け1月より、有料メルマガ『ParsleyのSurvival in Tokyo』を刊行いたします。
 今のところ、BLOGOSさんとまぐまぐさんとで刊行予定で、週1回配信。月額315円(税込)を想定しております。

 コンテンツは、会見などに出席したり取材したりして各大臣・省庁の動きをレポートする「霞ヶ関から愛を込めて」、その週のネット上のトピックに関して触れる「ネット世論ウォッチング」、東京のカルチャーについてレポートする「トキオニアン・スピリッツ」、そしてParsleyの日常の苦闘を記録する「秒針を走る」、などなどを予定しております。

 その他、読者参加コンテンツなども企画したいと考えております。
 お申し込みが出来るようになりました際には再度告知したいと思います。
 週60円、月300円の価値はあるコンテンツを提供できるように務めますので、何卒ご登録頂ければ幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。

  • URL:http://yaplog.jp/parsleymood/archive/1054
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
(高田延彦の声で)

えー。
私の記憶が確かなら、「月刊ザ・テレビジョン」が315円ではなかったかと思う。
たくさんの広告収入があってのその価格が維持できているんであろうと察するが、金を払う側の読者にそんなことは興味はない。あくまでも315円の商品。
たくさんの人がたくさんの手間を掛けて、〆切に殺されそうになりながら薄給でやってる。
ジャンルは違えどその商品と代わらぬ情報量や需要を獲得…。


やれんのかー?


カミさんひとり養うまではいかずとも共存するためには関東圏なら最低25くらいの利益は見ときたい。
有料メルマガなら手数料なんかもイカれるだろうし、取材にかける足代だっている。名刺こしらえて、機材揃えてメンテして…。

最低40くらいの収入が欲しいとなると…。
300円で割ったら1300人以上の読者が要るようになる。


タダで見れるツイッターやブログのフォロワーでもそんだけの数にするには骨が折れる。



やれんのか?マジで?


まぁ頑張れよ。
December 01 [Thu], 2011, 6:37

profile
Name:Parsley
Birthday:1976/4/8
Point:首が長い。つまりエロい
Favorite:エイガにケイバ
タバコ:Davidoff GOLD
ウィスキー:アーリータイムズ
おしごと募集!!
カワサキシティーで布団と同化中
コメントは返したり返さなかったりです。
parsleymood@gmail.com
さらに詳しいことはこちら

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ランキング