お茶引き 

March 09 [Wed], 2005, 22:12
お茶引き…。
仕事が1本もつかずあがることを言うのですが、
本日の緋咲嬢がまさにコレでございました。

電話鳴らねぇ…。

店長は謝ってくれるのですが、数日前、うっかりGUCCIの財布なんかを購入し、肝心の中身が乏しいあたしにとっては由々しき事態であります。
まったくどうしてくれようか、なんて考えつつもどうにもならないのが現状で。
幾人かの福沢諭吉とお手て繋いで帰れる日もあれば、1人孤独に帰らなければいけない日もあるというのがこの仕事。
その日の保障なんて何処にもないのです。

上の事態に戻りまして、そもそも何故お茶引きなんて事になったのかと申しますと、
あたしが入店する少し前まで勤めていた前の店長、どうも仕事熱心とは言い難いタイプの方だったようで、昼間鳴るお客さんからの電話を全て無視していたらしいのです。

ぇ?
お客さん第一のこの業界で、そんなことしていいわけないじゃん!
昼間やってないと思われるじゃん!

…と、そんな感じで、本日のお茶引きに繋がるわけですが。
何にせよ、稼ぐ気はあっても稼げないという何とも空回りな気分の1日で。
此方を御覧の貴方、電話してあたしを指名して頂けると幸いです。

それでは皆様、又の機会が御座いましたら。

異臭騒ぎ 

March 08 [Tue], 2005, 21:15
3時ごろについたお客が終わったところで、友人に呼び出され早上がり。
市内某所のショッピングモールまで事務所の車で送って頂きました。
店長有難ぅ。

上にも書きました本日のお客サマ。
何といいますか、ものすごい強烈な個性の持ち主でございました。
お顔は少々任侠テイストの混じった白髪のオジサマ。
県外からの出張で長崎にいらしたんだとか。
それでこの方、何がすごかったかといえば…臭い。
ぇえ。
もうそれはそれはすごかった。
まずは口臭。
噛んでいたであろうガムの臭いと混じっていて、かなりの距離があっても臭う。
加えて加齢臭に、その上からふりまかれているコロン。
そして若干の汗臭さもプラスされ、はっきりいってここまでくれば体臭だって個性の1つであろうなんて馬鹿なことを考えるくらい、あたしの脳は現実の受け入れを拒否しちゃってました。
眉間に皺を寄せないようにするために、緋咲嬢、一人我慢大会です。
しかし此処はホテル。
目の前にいるのはお客様。
あたしにお金を落としてくれる貴重な人なのです。
それにクレームなんて付いた日には、まだ新人の緋咲サン、いたたまれなさに耐えられず、とっととケツまくって店からバックレきめること請け合いです。
合言葉はお仕事。
あたしはデリヘル嬢なのだ。
洗脳に近い自己暗示をすませて、にっこり笑ってキス。
あとは白濁した液体を搾り出すことだけに専念すればいい。
そんなこんなで、この方も最後には「よかったよ」と声を掛けてくださいました。
ぃぇぃぇ、こちらこそ。
そう思うんだったらチップの1つでもはずんでくださいなんてことは言わず、
「嬉しい」なんてはにかむあたし。
何分、売りは清純派ですもので。

それでは皆様、又の機会が御座いましたら。





風俗嬢緋咲 

March 01 [Tue], 2005, 21:34
HP用の写真を撮って、
度胸試しに脱がされて、
先輩のお姉さんに手順の説明を受けて、
簡単な書類にサインをして。
その間、約1時間弱。
デリヘル嬢、緋咲の出来上がり。

本日より、市内某所のお店にてデビュー致しました。
皆様、どうぞ御贔屓に。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像緋咲ちゃん応援隊1号
» お茶引き (2005年03月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:parodydrugs
読者になる
Yapme!一覧
読者になる