ムメでミラクル

September 13 [Wed], 2017, 7:37
物件を高く売ることができたら、それに越したことはありませんよね。同じ査定方法でも、業者が違えば数百万円もの差が出ることもあるため、どの業者を選ぶかということは、決定的な重要度を持っていると言えるでしょう。


ですから、査定の際にはぜひ一括査定を受けてみてください。サイトの指示に従って入力するだけで、多数の仲介業者が査定を出してくれます。



そのため、高額の査定結果を出した仲介業者が分かりますし、相場も分かるので使わない手はないでしょう。一軒家、マンションなどの不動産物件を売ろうと思ったら、仲介業者との媒介契約が一般的ですが、媒介契約の一種が専任媒介契約です。どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、専任媒介契約をしたところだけが仲介可能です。

しかし、例外にあたる事例もあり、契約を結んだ売手が独自に買手を探し出し、本人同士だけで交渉し、売買契約に至っても、この契約には違反しないのです。



専属専任媒介契約よりは自由度が高いといえるでしょう。
競馬、もしくは、競艇といったギャンブルの払戻金、及び、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などに代表される、継続的に入ってくる収入とは別の臨時的に得たお金は所得の種別で言うと一時所得になります。

不動産の売却でも臨時的な収入が得られますが、これは別の区分で譲渡所得と呼びます。

所得税の課税時にも一時所得と分離して計算されます。変則的なこともありますので、忘れずに確定申告を行いましょう。

住宅を売って得たお金には所得税などの税金はかかるものでしょうか。



簡単にいうと「課税される」が正解です。


しかし非課税になる場合も多いです。



買った金額より高値で家を売却できた場合は所得税が課税され、売値がもとの買値を下回れば損失となり、所得税の課税対象とはなりません。

ただ、もし高く売れたとしても控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、確定申告(分離課税分)をすれば、嬉しいことに所得税は0円でいいのです。

不動産売却を検討するなら、大抵は不動産業者に価格の査定をしてもらうのが第一歩になりますが、清潔でキレイな状態に整えてから査定をしてもらうのが肝心です。

マンションの場合は特に、キレイにされていると評価に関わる印象も変わってきます。
さらに、購入希望者が下見をしたがったときにももれなく掃除を行っておき、見せ方の面でも広く感じられるようできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。不動産の売却を視野に入れ始めた際、築年数の関係が気にかかりませんか。


確かに、売却価格は築年数に左右されます。



戸建てのケースなら、築10年が経っていれば査定での建物の価値はゼロということが多く、土地の価格だけがつくのが普通です。

それから、マンションの場合でも同じように望ましいのは築年数が浅いものというのは共通なので、戸建てと条件は同じで、ひとつの基準として築10年が挙げられます。
不動産売却における白紙解除とは、融資利用の特約等が契約に盛り込まれていて、その条件が成就しなかったときに、契約の定めによる約定解除権が行使できることをいいます。
白紙解除の場合、買主から受領した手付金を買主に対し全額返還することが必要です。通常は手付金の金額通りに額面通りに返還するのですが、「返還は無利息で行う」という旨が契約書に記されていなければ支払いに利息も付けなければならない場合がありますので、細心の注意を払いましょう。自分で買い手を探すのではなく、外部に依頼して一戸建てを売る場合、契約を行った不動産業者から仲介手数料を請求されます。売買価格の3.24%プラス64800円が仲介手数料の上限だと決まっているため、売買価格にある程度見当がつくのならば支払う仲介手数料も大体の額を予想できます。しかし、買い手が不動産業者自身ならば、仲介手数料を支払う必要はありません。

それから、所有権移転登記にかかる費用については普通は買主に請求されます。



資産を換金できる点が、不動産を売却する上での最大のメリットです。
それに、その物件で加入していた保険料、融資に対する保証料などは、契約した残り期間分の残金が返却されるはずです。

ただし、このお金は物件の取引終了と同時に自動で返金される訳ではなく、手続きを自分からしなければなりません。


物件の売買取引が成立した場合、絶対に契約をしている会社に連絡をした方がいいです。どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。


おススメの選び方としては、インターネット上の一括査定サイトを使って、複数の不動産仲介業者に簡易査定してもらいます。

複数の業者から結果が送られてきたら、納得できる査定額をくれた業者に現地まで来てもらって、実際に査定してもらいましょう。
その時に、査定結果のポイントや、細かい質問にも納得できる説明をくれる不動産仲介業者であれば、良心的な業者だと言えるでしょう。
反対に査定額が高額であろうとも、こちらが素人だからと質問にも適当に答えたり、こちらが納得していないのにもかかわらず、なし崩しに契約を決めようとする業者は選択肢から除外しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソラ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる