歓迎光臨!中国武侠作品や中華エンタメの話題をお届けします!

武侠天下について


歓迎光臨!管理人NOBです。
中華最新映画&ドラマ、エンタメ&ゴシップ話題をお届け!/武侠/仙侠/幻玄/歴史/古装控/中国エンタメ産業研究


ブログは不定期更新
現在はTwitterで情報発信中!

■予備知識
金庸って?
梁羽生って?
武侠小説って?
ブログポリシー&著作権表示

無料ストリーミング情報

■無料中国映画一覧

■無料中国ドラマ一覧

観賞済ドラマ&映画一覧

■碧血剣

■神雕侠侶

■連城訣

■天龍八部

■倚天屠龍記

■プライド-小魚兒與花無缺

■天外飛仙

■仙剣奇侠伝

■天下第一

■アジア映画編

■洋画邦画編

金庸武侠ドラマ

武侠漫画 射雕英雄伝

香港の人気武侠漫画が
ついに日本版で登場!

金庸的武侠小説

« 『悪魔の棲む家』を鑑賞 | Main | 『神雕侠侶』 ディスク発売決定! »



『フライトプラン』を鑑賞 / 2006年01月28日(土)
 

題名:フライトプラン
時間:98分
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター 、ピーター・サースガード 等

あらすじ:突然の夫の死によって、悲しみに打ちひしがれた航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳の娘ジュリアと共に帰国の途に向かっていた。ベルリン発ニューヨーク行き、最新型エアジェットだが、高度1万メートルの上空で、彼女の娘は忽然と姿を消した…。

しかし、乗客はおろか乗務員の誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことを認めない。必死に機内を探すカイル。その時、乗務員は彼女に恐るべき“真実”を告げる。

FAXで送られてきた記録によれば、ジュリアは六日前に夫と共に死亡していたというのだ。けれどもカイルには、娘がこの旅客機に搭乗しているとしか思えない確かな証拠があった―。

鑑賞感想:久々の洋画。いやはや、この映画の起承転結にはやられちゃいました。これはお見事の一言に尽きます。映画を色々観ていると、だいたいどんなオチなのか有る程度予想できるのですが、この作品の場合は見事に読みが外れちゃいました

この作品はいわゆるサスペンスもので、巨大旅客機という密室で起きた不可解な失踪事件が、この閉鎖的な空間の中でよりいっそうの緊張感を高めていますね。ハラハラドキドキとまでいかなくても、その結末が知りたくなる。

しかしサスペンスとは別に、この作品は現代社会に生きる人間が、いかに他人の事には無関心であるか―という事も、映画の中でしっかりと描かれていたと思う。サスペンスものと思わずに、親子の絆とでも言いましょうか、そういうテーマについて描いている作品だと考えて観たほうが無難だ。

以下には少々作品の内容について触れています


正直に言うと、最初は“最愛の娘が突然消えた!乗客400人、目撃者なし!”なんてキャッチコピーを見ると、「これってまたありきたりな主人公の妄想劇か?」なんて思って観にいったら、見事にそのどんでん返しにやられてしまいましたわ。

物語の冒頭で、主人公カイルの夫が転落死で亡くなるとこから始まったので、こりゃ多分ショックでノイローゼになって、存在しない娘を頭で妄想しているんだね、きっと!と、そんな先入観でずっと鑑賞していた自分が恥ずかしい…。


普通に考えれば、乗客400人もの人間が一人もカイルの娘を目撃していないのは明らかにおかしいし、見えないってことは、これはカイル一人の妄想だと思うのが普通な訳で…。でもそこには観客の盲点を見事に突いたトリックが仕掛けられていましたわ。

これはあくまでも個人的の考えですが、この作品のテーマ性はサスペンス云々ではなく、先ほども言いましたが、現代社会の人間たちがいかに他人には無関心であるか―という事を母と娘、そして大勢な乗客を通して描きたかったんじゃないかと思うのです。つまりそういう人間ドラマが第一で、サスペンスなんてのは二の次なのだ。

これ以上ネタバレになるので多く語れませんが、とにかく作品のテーマは我が子を思う母の強い気持ちが一貫していると感じ、たとえ他人にどう思われようと、娘はきっとどこかで生きていると信じて諦めない強い母の姿に感動させられます。

最近多発している幼児誘拐事件について、この映画を観てもう一度真剣に我が子の身の安全について考えましょう!早くも賛否両論な作品ですが、個人的になかなか良かったと感じました。


フライトプラン 公式サイト

◆関連商品
DVD フライトプラン
書籍 フライトプラン

面白かったらクリックをお願いします

Posted at 14:30 / 映画・洋邦作品 / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL

http://yaplog.jp/paradoxblog/archive/411

コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

◆アミーゴさん
初めまして、コメントありがとうございます!

いえいえ、ただ感じた事を述べただけですので、
実際はそうじゃないかもしれません^^;
でも素直にいい作品だと感じました。
Posted by:★NOB⇒アミーゴさん at 2006年01月29日(日) 13:48

初めまして!TBありがとうございます。

NOBさんはよく映画を深読みしてますね。
私のへなちょこな感想が恥ずかしいです
Posted by:アミーゴ at 2006年01月28日(土) 14:55

P R
中国ドラマ最新作

スポンサードリンク

中・上級者向け中国語教材「マイルストーンの時事中国語」

ハイセンスなオリエンタルブレンドティー「EASTCHA」

アフィリエイトならイークリック
中華芸能関連網站
スポンサードリンク

iPhoneケースならトレスト!
スポンサードリンク

洗練されたインテリア雑貨(時計/照明/クッション)とデザイン家具(サイドテーブル)のオリジナルブランド通販
   
 Powered by yaplog!