初ブログです♪ 

2007年07月12日(木) 9時09分
私は、底辺高校を卒業しました。
高校ではそれなりに勉強していて、いつも定期テストでは9割以上をとっていた優等生。
でも、それは所詮「底辺高校の優等生」に過ぎないんですよね・・・
先生からの信頼も厚かったし、底辺高校での大学受験勉強にも理解してくれる友達はいて嬉しかった。
でも、もちろん底辺高校での受験に対するサポートなんてないに等しく、全て一人での戦いでした。
結果はもちろん惨敗。
では、なぜ大学を受験する意思があったのにも関わらず、底辺高校に入ったのか疑問に思わはる人もいると思います。
実は、私は中学3年間不登校児でした。
それも、今話題の「いじめ」が原因。
しかも先生による集中的な暴言によるものです。
私は友達はたくさんいたし、友人関係も良好だった。
でも、それをきっかけとして学校に行けなくなり、結局ずるずると中学3年間1日も学校には行きませんでした。
その間の空白の3年間は、毎日が孤独との戦いで、私にとっては非常につらいものになりました。
でも、このままではあかんと思い、高校には行くことを決意。
しかし、こんな私を受け入れてくれたのは勿論底辺高校だけだったのです。
中学3年間もまったく学校に行かず、勉強もしていなかった私。
当然、授業についていくことも出来ませんでした。
因数分解って何英語のbe動詞って何国語の文法意味わからへん・・・
そんな知識が0の状態で、私はこのままではあかんと思い、それから1年は家庭教師と個別の塾で小学校の問題から徹底的にやり直しました。
知識0からのスタート、それは私にとってとても過酷なものとなりました。
そして1年が経ち、中学の範囲までなら大体分かってきたと思い、ようやく高校の授業に手を出す。
やっぱり分からない。
しばらくは個別の塾でお世話になることに。
その間も高校での授業はまじめに取り組み、頑張ったかいあって、常に成績はクラスでトップの位置にいました。
何回かテストで満点も取り、全ての授業をまじめに受けた。
友達も多かったし、体育祭や文化祭も本当に楽しかった。
そんな私は小さい頃からの夢であった「獣医さんになりたい」という気持ちを思い出した。
でも、私なんかになれるはずがない・・・そう思って諦めていた夢を、私は無謀にも挑戦してみたい、やれるだけやってみようという気持ちにさせてくれたのが、高校2年生の頃に会った家庭教師の先生でした。
先生も二浪して北大の獣医学部志望で、結局北大には受からなかったものの、関関同立に行かれてる方でした。
それからの私は先生のアドバイス通り、まず予備校に通ってみることにした。
当然ついていけない。
受験勉強をしたことがないのだから、受験勉強の仕方も分からない。
偏差値が何なのかも分からない、相談する人もいない、路頭に迷った自分がいました。
それでも学校と予備校の勉強を両立させながら、こつこつ勉強。
初めての入試直前は焦りと不安から精神的に体調を崩し、それでも勉強をひたすら継続。
もちろん結果は惨敗。
しかし、やっと進学校の人たちと同じ土俵に立てるくらいの偏差値にまでなった、あと7ヶ月弱、悔いの残らないよう精一杯やってみようと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さやか
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション
    ・音楽
読者になる
動物と勉強が大好き
お洒落も手を抜かない?!そんな19歳の関西の浪人生がお届けする気まぐれブログ
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる