別世界 

2011年04月27日(水) 12時05分
コンバージェント社の通りを隔てて、ディジタル・イクイップメント社、角を曲がるとアバンラック社。

マイケルズの以前の勤務先で、コンピュータに始めてチップを組み込んだインテル社は数ブロック先に社屋を構えている。

その途中には、IBMが日本企業相手にかの有名なおとり作戦をしかけたビルもある。

つまりここはパーク・アベニュー二四五番地、アメリカン・ブランズ・ビル三五階のレイノルズの優雅なオフィスと全くかけ離れた別世界なのである。

建物の中も何の変哲もない。

まるでパン工場といったおもむきで、会社の感じは全くなく、リノリウムの床が広がり、「三時半、エアロビクスのクラスあり」というポスターがいたる所に張ってあった。

レイノルズはあたりを見回すと、「求人の何が問題なのかこれでわかった」と叫んだ。

四人が貧相な受付けで待っていると、マイケルズの秘書が階段の上から「どうぞこちらへ、上です」と手招きした。

新商売 

2011年04月17日(日) 12時04分
レイノルズ社の調査部門の集めた切り抜きは、コンバージェント社の業績をジエットコースターに比していた。

四人はコンバージェント社の取引先に電話を入れ、デリヘル 求人の参考意見を聞き出した。

その結果はっきりしてきたことは、同社の成長ぶりがあまりに急だったため、売上げ増加に対処できる経営体制が充分確立されていないということだった。

レイノルズ社の四人組は、オーガスティンドライブニ五〇〇番地の工業団地にあるコンバージェントビルの駐車場に車を止とめた。

その建物は殺風景な二階建ての急造の工場の一つである。

その中でこれまた急速に発展を遂げた新商売が営まれているのだ。

ここがまさにシリコンバレーの中心地、アメリカの新企業が次々に誕生している技術万能のワンダーランドである。

立ち並ぶコンクリートのビルに掲げられた社名のほとんどが、アドバンスト、デジタル、マイクロ、テクといった言葉を頭につけた似たり寄ったりのものである。

できるだけ早く… 

2011年03月26日(土) 12時03分
「私の決意に彼は不満の様子でした。

しかし私の意志が固まっていて、翻意することがないとわかると、貴重な助言をしてくれました」とマイケルズは語っている。

ブルメンソールのはからいで、二日後マイケルズのもとにレイノルズから連絡があり、今回のカリフォルニア行きが取り決められたのである。

マイケルズとの顔合わせのため、事前に準備したメモの中で、レイノルズはブレメンソールの次の言葉を引用している。

「マイヶルズは快活な過食気味の太っちょ、満ちあふれた精力を武器に、とてつもない事業を成し遂げた。

しかし、風俗 求人の経営状態は混乱をきわめている。

我がバロース社は彼のところから大量に部品を仕入れているので、できるだけ早く適任の後継者をみつけてほしい」。

四人に与えられた準備期間は一週間足らずしかなかった。

集めた情報はまた聞きのものが多く、不充分な内容であった。
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30