ブログ一時復活:3月の読書記録 

2010年04月01日(木) 6時49分
「読書の定義」のサイトから、月間読書記録の情報がアメブロに
貼り付けができないのが分かり、こちらに一時的にアップです。

↓更新中のブログはこちらのアメブロ↓
『仕事と育児と人生を楽しむパパ』

ブログをお引っ越ししマース 

2010年03月01日(月) 5時33分
去年の夏にヤプログに越してきたばかりですが、お引っ越しです。
7か月の短い間でしたが、いろいろとお世話になりました。

今日から、アメブロに出戻りいたします。

お引っ越し先のブログはこちら

『仕事と育児と人生を楽しむパパ』
  http://ameblo.jp/azuma-papa/

今回お引っ越しするワケは、先日ブログセミナーに参加して、
アメブロいいかもと思ったから、です。

いいと思ったら、とりあえずやってみる精神です。

そのセミナーで、ブログ師匠のあいおさんに、「一日4更新しましょ!」
と告げられ、えぇっ!と思いつつ、やってみたら、意外に出来ました。

ぼくは結構、ブログが好きだったのですね。

考えてみたら、高校生のとき、ほぼ毎日のように、
コクヨの分厚いノートに日記をしたためていました。
・・読み返すと、若気の至りでギョッとなるので捨てました

しかも、日常的にブログにアップしていると、
アウトプットへの意識がさらに強まってきた感があり、
インプットの質があがったような思い込みもしています。

もうひとつは、iphone を買った記念です。
勘違いかもしれませんが、アメブロは iphone での更新がしやすそう。

ま、そんなことで、ブログのお引っ越しです。

物理的なものは何も移動しないのに、お引っ越し作業のために、
この三日ほど仕事が止まってしまいました。。

本当は、アメブロのスキンをオリジナルで作るつもりが、
スキルが足りずに、断念。。早朝仕事、二日分でした。

そういえば、昨夏にヤプログへ引っ越した理由は、
このブログのスキンが気に入ったからでした。

iphone の使い方を覚えるのにも、時間がかかってます。
娘の方がつかいこなしている風が。

ということで、ではではアメブロで〜

こどものわがままとは 

2010年02月28日(日) 16時00分
うちの子は、本当にわがままで

そんなセリフを世のママが口にします。

でも、実際のところは、

親が子どもを自分の思いどおりにさせたいだけ

やりたいことを、気の済むまでやらせてあげれば、
気分が変わるのをじっと待って(耐えて)いれば、
我が子をワガママ扱いする必要はなくなるのでは。

なんてことを思いながらも、そうしたことを指摘すると、
これまた相手を思いどおりにしようとする意図が働くわけで。

このテーマはホントにむずかしい。

ワガママ と書いて My mother と読む

ワガママな母の愛は、子どもをスポイルしがちだから、
そこだけは気をつけよう。

注意したい、その気持ちの矢印が、
子どもに向かっているのか、親自身に向かっているのか。

2月、こんな本を読みました 

2010年02月28日(日) 9時01分
今月の読書記録です。

月3-40冊、年間400冊の読書ペースをつづけてみて
あらためて思うのは、、

いくら本を読んでも、読みたい本を全部読むには、全然時間が足りない!

今月、最もインパクトのあった読書は、
『リクルート事件・江副浩正の真実』でした。
日本社会の裏側を知り、背筋が寒くなりました

今日は東京マラソンですね 

2010年02月28日(日) 5時04分


東京マラソン、いよいよ今日がスタートですね。

ぼくは、趣味の欄に「東京マラソン」と書くほどにファンです。
でも、今年はあえなく抽選で外れてしまいました。。

あいにくの雨です。思えば第一回のときも冷たい雨でした。

新宿のスタート地点ではランナーと警備員がもめあう怒号が響き、
無料配布のポンチョを路上に投げ捨てるランナーが多くて、
ランナーのマナーはどうなの?といったことも感じつつ、

周りのことは関係なしに、ぼくは「ありがとー」と沿道で応援
してくださる方に応えながら、初マラソンを楽しみきりました。

天気に文句をいっても始まりません。こんなお天気の日は
『雨降り』の替え唄を歌いながら走るのが最幸です。

 ♪あめ あめ ふれふれ かあさんが
   蛇の目で おむかえ うれしいな
 
ピンチ ピンチ チャンス チャンス ランランラン♪


2007年の第一回東京マラソンを走った後、
mixi の日記で、こんな感想を書いていました。

東京マラソンはもともと、東京オリンピックに招致するための
プレイベントとして、石原知事の辣腕で開催できたのですね。

-----------------------------------------------
 

 東京マラソン、すごく楽しかった!
 石原都知事の鶴の一声、リーダーシップに感謝!!

 スタートの新宿では、土砂降りの雨と寒さと人混みがひどくて
 殺気立っているランナーや警備員がいたが、出発してしまえば
 雨は気にならなくなった。

 東京の大通りを、ン万人のランナーが占拠して走る姿は壮観。
 東京の街をマラソンランナーがジャックした感があった。

 とくにぼくは背が高いおかげで、首ひとつ出る形でその光景を
 眺められた。どんな映画のシーンよりも迫力があった。

 そして、何より、沿道の応援。応援が途切れることがない。
 ボランティアや一般の応援の方に、非常に励まされた。
 雨や寒さは応援される方のほうが大変だったはず。

 がんばれー、ガンバレー、頑張れー!

 日本語ではこうした場面での応援するときの声かけとして、
 「がんばれ」という言葉しかないことに改めて気づく。

 きのうは、数万回の「がんばれ」をかけてもらえた。
 応援で黄色い声援を受けるのは、高校時代の球技大会以来だ。

 うれしかったー♪

 ぼくは道路の端っこを走るようにして、応援の人たちがいると
 応援に応えて手をふったり、「ありがとー」と声を返した。
 すると不思議に、足の痛みがひいて、体が元気になった。

 42.195キロを、ずっと笑顔で走りきった。
 沿道の人たちへ「ありがとー」と口にしつづけた。

 ゴールタイムは5時間25分で、そんなに早い方ではない。
 35キロ過ぎた頃は周りのランナーは歩いている人が多かった。
 その群のなかで笑顔で走るぼくは光っていたと思う。

 タイムは最初から気にしてなくて、楽しむことに心がけた。
 感謝の気持ちも大きかったなー

 笑顔があれば何でも出来る、感謝があれば何でも叶う
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あづまこうじ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1971年2月24日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
研修講師、産業カウンセラー。

「自分らしくいきいきと働く」をテーマにした研修・セミナーを企業や大学で行っています。

娘の誕生をきっかけに、生き方や働き方が変わりました。「パパが仕事と育児を楽しむ」を広めるパパ・セミナーもしています。
日本初の父親学校:ファザーリング・スクール

山や自然のそばで子育てすべく、逗子に移住。のんびりしたワークライフを楽しんでます。

「仕事の楽しみ」「育児の楽しみ」「本の紹介」「イベント案内」などを綴ります。

株式会社ソラーレホームページ
ドリームプラン・プレゼンテーション2009プレゼンター
知恵組「はたらくパパ・コミュニティ」オーナー
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30