専門家の音楽の仕方・・・。

September 06 [Tue], 2011, 23:01

音楽⇒「音を楽しむ」

当たり前のこと。
でも、とっても大切なこと。

でも、専門的に音楽をしてるうちに
少しずつ忘れてしまう、
もしくは、消えてしまうこと。

吹奏楽には、

みんなで音楽を作る楽しさ
大切な仲間と支えあう強さ
仲間とぶつかり合って得る信頼

いろんな喜びがある場所。

やから、みんな当たり前のように
「楽しい!」って顔してる。
そのときは、そうでなくても
1人では見つけられへんような
喜びを、みんなが感じてる。



でも、声楽とかって
舞台に立つのは1人。
戦うのも1人。
結果も1人。
(伴奏者を除いて)


やから、きっと徐々に
「いい点数とらな…!」
とか縛ってしまうんやろう。


「あの人には負けたくない」
って強く望むことが空回りして

自分が良い状態で歌えるためには
他のライバルの演奏者に
迷惑かけることだってするようになる。



それは、違うと思う。


キレイ事かもしれんけど


そんなことを音楽は望んでないと思う。

少なくとも、
この夏の8割を吹奏楽で
過ごした私には
忘れかけてた感覚やった。


こんな音楽して
結果を残したとしても
誰から誉められたとしても
私やったら絶対嬉しくない。


私の憧れの目標の人は、
音楽がいかに楽しいことか
自分の音楽を楽しんでもらうことが
どれだけ幸せなことかを
教えてくれた。



だからこそ、
他の演奏者を妨害してまで
良い演奏をしようとする人を見て
色々考えさせられた。



そんな音楽をするために
音楽科にきたんじゃない。


やから、吹奏楽しててよかった
って思うのよね。


コンミスとして、
みんなが音楽を楽しんでほしいし
そうゆうことを育てていきたい。



自分の演奏より他人を優先する
ってことでもないし

自分の演奏に、今までの成果をだしたい。

でも、誰かに平気で迷惑かけて
嫌な思いしながら競いあうなんて
音楽じゃないと思うねん。



そんな人間にならないように
日々音楽と向き合いたいな。
プロフィール
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pao0bass/index1_0.rdf