ドラマ「深夜食堂 メンチカツ」で大泣きする
2015.07.04 [Sat] 23:11

パリは30℃越えの一週間です。
本来そこまで気温のあがらないパリでは、エアコンは珍しい贅沢品。
しかし扇風機でしのぐのも、厳しくなってきました…。

暑くてやる気も起きないので、だらだらとドラマを見返していたところ、「深夜食堂」第3シーズンの第一話「メンチカツ」にぼろぼろ泣いてしまいました。

ドラマ「深夜食堂」の設定は…
”この作品の舞台は、新宿・花園界隈の路地裏にあると設定されたマスター1人で切り盛りする小さな飯屋で、深夜0時から朝の7時頃までの深夜にしか営業しないことから、のれんには単に「めしや」と書かれているにもかかわらず常連客から「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないが、マスターができるものなら言えば何でも作ってくれる。この店を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く。” Wikipediaより

おなじみ、小林薫演じるマスター


歌をやめた、歌手を演じるのは、美保 純さん


「わたしね、とうとうたいちゃんの歳を追い越しちゃったの」のところで、予想もしなかったのにぼろぼろ泣けてしまったびっくり。最初に観たときには、それほどでもなかったのですが…。大事なパートナーを失くして、8年たってもまだまだ寂しくてさみしくてたまらない歌手みさおさんの気持ちに、涙してしまいました。美保 純さんのもったりとした演技がこれまたとーっても良くて、不思議な魅力にあふれる映像になっていました。

料理評論家の先生の奥さま役の渡辺真起子さんがまたいい雰囲気の美人さん!中年夫婦の魅力にぐっときました。

ドラマ「深夜食堂」、お勧めですー。