フランス・デモ事情。
2005.03.06 [Sun] 10:25


 エッフェル塔に取り付けられた、「Paris 2012」の文字。
フランスでは今、オリンピック開催地選考の最終レースに向け、色々な場面でキャンペーンを行っています。エッフェル塔だけでなく、市庁舎や街のポスターなど、いたるところでこの「Paris 2012」を目にすることが出来ます。

 ところで、フランスといえばデモの国。いつでも市民はデモによって意思をアピールします。
来る3月10日も、大規模デモが予定されている日。主要な労働組合が合同で行うもので、国鉄や郵便局、電気会社などが名を連ねています。何ヶ月も前から日程を調整し、この日に決まったのだとか。

 しかし!実はこの3月10日、オリンピック候補地選考委員のパリ訪問の日でもあるのです。ロンドンとニューヨークは既に視察が終わり、次はパリの番。この期間中にデモが行われれば、候補地としての印象が悪くなってしまうかもしれない、と心配する声も上がっているようです。オリンピック開催が決まれば自然に雇用も増えるので、労働組合にとっても好ましいことなのですが、デモの日程も今更変更できず…、労働組合も板ばさみの状態でお悩み中。デモ開催場所や時間を工夫するなどして、選考委員の迷惑にならないように配慮する予定だそうです。

 デモを行うのにも、色々と準備が大変なものなのですね。

人気blogランキングへ
 

フランス、雪です。
2005.02.23 [Wed] 06:34


 こちらはテレビの映像写真。フランス全土が、たいへんな大雪だそうです。

 南の街、ニースやビアリッツまで、道路の雪かきが必要なほどの降雪量だとか。「こんな雪、経験したこと無いよ。」って、インタビューでおじさんが話していました。パリ市内は積もっていませんが、郊外のほうは積雪もあったようです。どおりで寒いはずだ。ぶるぶる。

 一昨年の夏は猛暑で、今期の冬は大雪。フランスも他と同様、環境がおかしくなっているのかも知れません。

 寒いときはからだの温まるものを!ということで南仏伝統料理カスレをご紹介。白いんげん豆と鶏肉の脂肪のある部位、豚肉を白ワインと一緒に煮込めば、美味しく出来上がります。南仏とはいえ、冬は厳しい季節。保存の利く大豆という材料から、体の温まる料理が生まれたんですね。