お気に入りカフェで一休み。
2013.06.26 [Wed] 14:13



カフェで過ごす、つかの間の静かな時間。ノワゼット(ミルクをちょっとだけいれたエスプレッソ)を飲みながらなら、ゆっくりスケジュールの整理をしたり、もしくは仕事の電話をしたりしていても、家や事務所で過ごすのとはまた違う、ちょっと特別感があるのが嬉しい。

さて、もうひと頑張りしますかー。

Caf? sal?
66 rue de Clichy
75009 Paris
Tel:09 81 34 99 22
www.cafesaleparis.fr
 

またもや、フォアグラを堪能する。
2008.07.18 [Fri] 10:12



 先日ご紹介させていただいた、フランスの高級食材フォアグラ。この珍味を、またまたご馳走していただくという僥倖に恵まれました。

 今回のお店は、1894年創業の老舗「コントワール・ド・ラ・ガストロノミー(comptoir de la gastronomie)」。フォアグラに限らず、キャビア、トリュフ、ワイン、高級キノコなど、「食道楽のカウンター」という店名にふさわしい高級食材を扱っています。店舗にはブティックとレストランが併設されているので、食事を楽しんだ後お土産を買って帰る、なんてことも可能です。

 さて、お写真の手前に移っているのは、フォアグラのパテ。
 絶妙の加減で火を通したフォアグラを、こんがりと香ばしく焼けたトーストと一緒にいただきます。独特の香り、濃厚でありながらしつこくない脂の甘さと舌触り!フォアグラは、フォアグラだけでこんなにも美味しい!そして、お皿に添えられていたものにも驚かされました。なんと、甘すぎない味付けのガリ、つまり、生姜の薄切りをマリネしたものが添えられていたのです。これが驚いたことに、お口直しにぴったり。フォアグラの後味を邪魔することなく、口の中をさわやかにリセットしてくれます。こんなところでガリと出会うとは、面白い発見でした。 

 奥のお皿は、フォアグラのカルパッチョ。
 うす〜くスライスしたフォアグラにバルサミコソースとハチミツがかかっている、不思議な一品です。フォアグラにハチミツなんて合うのかな、と思っていたのですが、これが以外にも、う・ま・いー!フォアグラの脂の甘さと塩分に、ハチミツのまろやかな甘さが絶妙にマッチ!バルサミコソースは全く悪目立ちすることなく、全体を引き締めています。これまた、うまうま!先日訪れたフォアグラ専門店「Valette」では、ソーテルヌと呼ばれる極甘口のとろみのあるワインとフォアグラをセットで販売していたのが不思議だったのですが、この一皿で納得がいきました。

 上記の二品は、いずれも16ユーロ(約2700円)。濃厚なフォアグラをフランスパンやトーストとともにいただくので、一皿でお腹もしっかり満足です。こちらのレストランは他にも、南仏の伝統料理カスレ(cassoulet)や天然物のサーモンなど、充実のメニューブックです。

 連日フォアグラをご馳走になっちゃうなんて、今年の運はもう使い果たしてしまったのかと、小心者の私はちょっと心配です…。


「コントワール・ド・ラ・ガストロノミー(comptoir de la gastronomie)」
34, rue montmartre
75001 Paris
tel:01-4233-3132
http://www.comptoir-gastronomie.com/
最寄り駅:地下鉄les Halles または Etienne Marcel


人気blogランキングへ
 

フランス・フォアグラ専門店を訪れる。
2008.07.16 [Wed] 07:27


 キャビア、トリュフに並び、世界三大珍味と称される、フォアグラ(Foie gras)。フランス料理の中でも、最も高級な食材のひとつとなっています。

 同じ世界三大珍味といっても、フォアグラはちょっと不思議な食べ物。チョウザメの卵であるキャビアやキノコであるトリュフと違って、フォアグラは人の手が加わって初めて生み出されます。フランス語で「フォア(foie)」は「肝臓、肝」を、「グラ(gras)」は「脂身、肥大した、太った」という意味。つまり「フォアグラ」とは「脂肪肝」。ガチョウやカモなどに強制的に大量の餌を与え脂肪肝を人工的に作り出したものが、フォアグラなのです。人間とは、色んな食べ物を考え付くものです。

 さて、先日お世話になっている方に、フォアグラをご馳走になりました。
 
 訪れたのは、専門店「Valette」です。
 こちらでは、フォアグラの主産地フランス南西部ぺリゴール地方直送のフォアグラを扱っています。お勧めは、なんと言ってもフォアグラのサンドイッチ!注文をすると、店員さんが目の前で美しいクリーム色のフォアグラを厚切りにして、フランスパンに挟み込んでくれるのです。
バターもサラダも入っていない、フォアグラとフランスパンだけのシンプルなサンドイッチ。これが、お・い・し・い!フォアグラの脂肪分の濃厚な甘さと香りを、フランスパンがこれでもか!と引き立ててくれています。しかも、フランスパンのおかげで、舌に残る脂のしつこさがまったくありません。すばらしい!

 厚切りフォアグラをしっかりと堪能できて、お値段は5ユーロ少々(約850円)。一般的なレストランで同じ量のフォアグラを注文すると15ユーロは覚悟しなくてはならないことを考えれば、破格に安いと言えるでしょう。瓶詰め、缶詰等お土産用のフォアグラも、手ごろな価格で買い求めることができます。フォアグラ好きには、オススメです!

 ところでこのフォアグラ、動物愛護の観点から強制飼育は動物虐待に当たるとし、アメリカや欧州各国をはじめ、多くの国と地域で生産や販売を禁止されています。現在では、ほぼフランス一国で生産しているに近いという状況。日本では「捕鯨禁止か、食文化か」という問題がしばしば注目されますが、動物愛護と食文化、なかなかに難しい問題のようです。


フォアグラ専門店「Valette」
112,Boulevard Haussmann
75008 Paris
tel:01-4522-5404
最寄り駅:地下鉄Saint augustin
(地下鉄2番出口を出てすぐ。お隣はスターバックス・コーヒーです)


人気blogランキングへ
 

フランス・一足早い春。
2006.03.02 [Thu] 10:49


 フランス・パリは「晴れ、時々ところにより雪」の不思議なお天気。マドレーヌ寺院脇に止められた車もうっすらと雪化粧です。

 昨日も一日、晴れ、雨、あられ、雪、とめまぐるしい変化をみせていたお天気模様ですが、3月に入った今日も、びっくりするような寒さです。ひえ〜、とにかく寒い!

 私のフルートの先生のお住まいは、マドレーヌ寺院のすぐ近く。今日はご自宅でのレッスンだったので、帰りに以前にもご紹介した源吉兆庵に寄り道しました。和菓子・源吉兆庵パリ支店は、マドレーヌ寺院のすぐ脇。同じ門下の友人の話によると、もう桜餅が店頭に並んでいるとのこと。最初は桜餅を購入するという彼女にくっついていくだけのつもりでしたが、1つ約370円と手が届く贅沢であることが分かったので、私も購入することにしました。

 あまりの寒さに心の中で悲鳴をあげつつも、うきうき持ち帰ってみると、ささやかな我が宮殿内は一気に春!春風が吹いております!日本の和菓子って、やっぱり素敵です!

 フランスにだって、王様のガレット(galette des rois 1月)やブッシュ・ド・ノエル(buche de Noel 12月)といった季節のお菓子はありますが、和菓子とはやはり全く趣きが違います。桜の季節、端午の節句、夏の花火や、お月見、雪景色…。春夏秋冬の様々な情景を小さなお菓子という表現方法で繊細に写し取ってゆく和菓子の文化は、日本人独特の柔軟な細やかさを感じさせる世界です。 

 久しぶりに味わう桜餅は、塩漬けされた桜の葉と上品な餡が絶妙なバランス!おいしーい!こういうとき、お供は緑茶に限ります。最近ちょっと疲れ気味だったのですが、緑茶と和菓子ならではの上品な美味しさに、すっかり元気回復。勇気百倍!です。むふふ。単純な私。

Minamoto Kichoan
17, Place de la Madeleine
75008 Paris
tel: 01 40 06 91 28
地下鉄マドレーヌ駅(Madeleine)下車。
マドレーヌ寺院の周りを歩けば、すぐ見つかります。
両隣は、フォアグラとキャビアの専門店!


人気blogランキングへ
 

フランスでベトナムのフォーを。
2006.02.28 [Tue] 12:13


 フランス・パリの13区といえば、大中華街。街には漢字の看板があふています。普通のスーパーでは扱ってない野菜だけでなく、一般的な食品も比較的安価で手に入ることから、中華街への買出しは私にとって重要行事。先日、買出しついでに友人とフォー(Pho)を食べてきました。中華街には、ヴェトナムのお店も目白押し。かつてフランスの植民地だったこともあり、仏国内にはヴェトナム系移民もたくさんいるのだそうです。

 フォーとは、お米の麺の「ヴェトナムうどん」。具は牛肉や鶏肉など様々ですが、その上にオニオンスライスやもやし、パクチーなどの香草をのせ、お好みでレモン、お味噌などを加えていただきます。熱々のスープの上にちぎった香草をのせていくと独特の香りが漂い、食欲をそそります。お米の麺はお腹にも優しく、疲れません。

 お気に入りのお店は、地下鉄トルビアック駅(Tolbiac)下車してすぐのPho Banh Cuon 14、通称フォー・キャトーズ。席待ちのお客さんで、店内はいつも混雑しています。

 今回、デザートにも初挑戦。「米粉の練り物ココナッツミルクがけ」(pate de riz au lait de coco)とでも訳すのでしょうか?薄緑色の不思議な練り物の上にココナッツミルクがかかったその一品は、こってりとした甘さを想像させますが…。さっぱり!すっきり!つるんとした食感がとてもさわやかです。冷たいココナッツミルクが不思議に後をひきます。わーい、美味しい!

 今回私が注文したのはフォー・スペシャル(小)6ユーロと、上記のデザート(小)2,5ユーロ。これでお腹いっぱいです。合計で約1300円。フォーは大盛りを注文しても、小とは約70円ほどしか変わりません。

 このお店は超パリ通!さなえさんに教えていただきました。ありがとうございます!

Pho Banh Cuon 14
129, avenue de Choisy, 75013 Paris
Tel:01-45-83-61-15
地下鉄トルビアック(Tolbiac)下車。


人気blogランキングへ
 

フランス・お気に入りカフェ再び。
2006.02.24 [Fri] 14:03


 カフェ大国フランス。タバコ屋さんを併設した昔ながらのカフェから、スタイリッシュなデザインのカフェまで、様々なカフェを楽しむことが出来ます。スターバックスコーヒーも1年ほど前からフランス市場に参入し、話題になりましたが、パリ市内での店舗数を着実に増やしています。

 先日は、久しぶりにお気に入りのカフェ「Coffee&Friends」に行ってきました。嬉しい!フランスのカフェには珍しく2階席もあり、ゆったりと時間を過ごすことが出来ます。店内にはなぜかノートパソコンを持ち込むお客さんも多く、なにやらそれぞれの仕事に没頭しています。

 軽食も用意されていて、特にお昼時にオススメなのは日替わりスープランチ。身体に優しい野菜のスープがパンと一緒に提供され、疲れているときもお腹がほっと休まります。マフィンやサンドイッチ類も美味しくて、私はここのパウンドケーキが大好きです。

 行くとなぜか話題にしてしまいたくなる、お気に入りのこのカフェは、バスティーユ駅から徒歩2分。広場の周りにはスターバックスコーヒーを含めたくさんカフェがあり、それぞれに個性を楽しめますが、普通の街カフェにはないコーヒーを楽しみつつ一人で静かにのんびりと過ごしたいときにはここがオススメです。

Coffee&Friends
23,Bd Beaumarchais-75004 Paris
Tel:01 42 71 07 77
毎日10:00〜19:00営業
(週末は20:00まで)
www.coffee-and-friends.com
*ホームページはなぜか表示されないようです。残念…。


人気blogランキングへ
 

パリ・ファラフェルを食べる。
2005.10.24 [Mon] 22:36


 フランス・パリの地下鉄サンポール駅周辺、マレ地区。古くからの歴史を持つこの地区は、現在たくさんのお店が立ち並ぶお洒落な場所。そして、ユダヤ人街というもうひとつの顔も持っています。

 ユダヤ人たちのための教会や、独特な味わいのお菓子やケーキを買うことの出来るパン屋さん、面白い形の燭台や手のひらの形のお守り・ハムサを扱っているお店…。表通りとは一味違ったお店が立ち並ぶ細い道を通るときに、ついよってしまうお店。それが、ファラフェル屋さんです。

 フランスに来てから初めて知った、このイスラエルのサンドイッチ・ファラフェル。しっかりと焼かれたピタパンの中には、ムラサキキャベツや揚げたおナス、ひよこ豆の揚げ団子がぎっしりとつまっています。可愛い見た目とは裏腹にボリュームたっぷり。あまり大食しない私には、ちょうど良い大きさです。挽き肉の揚げ団子のようなどっしりしっかりした味わいのお団子もひよこ豆で出来ている、ベジタリアンメニューでもあります。

 一度食べると、病み付きになる美味しさ。パリのガイドブックには、よく「l'as du Fallafel」(ファラフェルのエース)というお店が紹介されていますが、ここ以外のお店のファラフェルも、それぞれ個性があって甲乙付けがたい美味しさ。さっぱりした味のものがいいときはあそこ、ゆっくり座りたいときはこっち…と、私はその日の気分でお店を選んでいます。

 様々な国籍のお料理を身近に楽しめるのは、パリの特徴のひとつですね。

・ユダヤ人街は、地下鉄St Paul駅下車 rue des Roisiers 周辺です。

人気blogランキングへ
 

フランスで、オーストラリアビールを。
2005.10.13 [Thu] 17:09


 ここ何日間か、パリは今までの寒さがうその様な陽気に恵まれています。

 秋・冬の間は太陽が恋しくて仕方の無いフランス人たち、お天気の日には、それ!とばかりに外カフェに陣取り束の間の太陽を楽しみます。私もこの陽気に誘われて、ちょっとお散歩。友人と一緒に昼下がりのカフェテラスを楽しみました。

 友人がこの日注文したのは、Foster's という、オーストラリアのビール。友人曰く、「さらっと軽いのみ口で、ドイツビールに比べれば水みたい。よく冷やして飲めば美味しいよね。」とのこと。確かに、日本のビールに近い感じです。

 オーストラリア大陸の形のコースターが可愛かったので写真に収めました。聞けば、ビール愛好家の中にはラベルだけではなく、各社の提供しているこのコースター蒐集家もいるとのこと。インターネットオークションの世界などで、様々なコースターが出回っているというから驚きです。色んな蒐集家がいるものです!

 様々な種類のアルコールをカフェで気軽に楽しめるのは、大人にとって魅力的なことですよね。

 
人気blogランキングへ
 

フランスの日本人パティシエ。
2005.09.22 [Thu] 08:40

 フランス・パリで活躍する日本人パティシエ、「Sadaharu AOKI」!以前から憧れていたこちらのお菓子を今日!購入しちゃいました。わーい。

 今回試してみたのは、2種類のエクレア。the vert(日本茶味)とsesame noir(黒ゴマ味)の2つのフレーバーが扱われていました。それぞれを1つずつ購入。お値段は、1つ3.5ユーロ(約455円)でした。以前、友人が「ここのエクレアは、違う!」と話しているのを聞いて、まず最初に食べるならエクレアを、と思っていたのです。わくわく。

 通常のエクレアでは見ることのない、しっかりとした歯ごたえのある、それでいて軽い口当たりの生地の中を使って作られています。

 the vert(日本茶味)のほうは、絶妙なバランスの甘さであり、なおかつ全くしつこいところの無い不思議なさっぱり感のあるクリーム。ひょええ〜、美味しい!

 sesame noir(黒ゴマ味)のほうは、豊かな黒ゴマの風味がびっくりするほど口に広がったあと、かなり控えめな、それでいて妙にあとをひく甘さが残ります。うひょー、美味し〜い。

 私はあまり甘いものを食べないのですが、こちらのエクレアは食べても全く疲れない!上品な味の構成にびっくりしました。上手だなー。

 パリにはお店が2店。このほかパリの百貨店Galeries Lafayette内にも出店しています。

「Sadaharu AOKI」
・ヴォージラール店
35, rue de Vaugirard 75006
Tel : 33(国番号)-1-45-44-48-90r
メトロ12番線Rennes下車徒歩3分
11:00-19:00 定休日(日)

・ポールロワイヤル店
56, Boulvard Port Royal 75005
Tel : 33(国番号)-1-45-35-36-80
メトロ5番線Goblins
RER B線Port Royal
8:00-19:30 定休日(日)




人気blogランキングへ



 

フランス・高級和菓子サロン体験。
2005.05.21 [Sat] 07:28


 パリでも、和菓子といえばやはり特別で高級なイメージ。普段はなかなか口にする機会がありません。

 岡山から出店の和菓子・源吉兆庵パリ店の位置する場所は、パリの中でも高級ブティックの集まるマドレーヌ寺院のすぐお向かい。両隣はなんと!キャビア専門店に、トリュフの専門店!マドレーヌ界隈は、本当に高級感あふれる場所なのです。

 いつもは憧れの眼差しを向けつつも入れないでいたこの源吉兆庵のsalon de the (サロン・ド・テ 喫茶店)に、先日ついに足を踏み入れました。わーい!

 商品は日本からの空輸という、こちらの和菓子。シーズンごとに桜餅、柏餅…とお菓子も商品ディスプレイも入れ替わっていき、店内装飾は日本独特の季節感あふれる懐かしい色合いでまとめられています。桜餅にちゃんと本物の桜の塩漬けが飾られているのを見つけたときには、日本を思い出して本当に温かい懐かしい気持ちになりました。

 今回オーダーしたのは、抹茶・オ・レ(630円くらい)。お抹茶を温かいミルクで点ててあり、ミルクはカプチーノのようなふわふわの泡状になっています。私にはちょっとした贅沢でしたが、抹茶のほのかな苦味と温かいミルクの甘さ、それに懐かしい日本の香りに、すっかり元気になりました。

 店内も、ここがパリであることを忘れさせるほどに、日本!の装いなのです。落ち着いた深い色合いの立派な木材で出来たテーブルセットに、焼き物の器、塗りのスプーン、窓には障子。お手洗いのドアが引き戸になっていたのには、思わず感動してしまいました。皆さん日本です、日本!

 こちらのパリ店では、例えば草餅ですと1つ2.8ユーロから購入することが出来ます。ホームシックや日本に帰りたいよう病の緊急治療にも、お勧めいたします。

Minamoto Kichoan France
17, Place de la Madeleine
75008 Paris
tel: 01 40 06 91 28


人気blogランキングへ