レピュブリック広場に、野外ステージ登場
2013.07.06 [Sat] 14:40





リノベーションされ、すっかり綺麗に舗装されたパリのレピュブリック広場。ここで早速と言わんばかりに、大きな野外ステージが設置されていました。

今年はどうやら、フランスとドイツの"歴史的和解"エリゼ条約締結からちょうど50周年とのことで、各地で関連イヴェントが行なわれているそうです。この大きな野外ステージも、その為のもの。

7月6日のイヴェント当日は広場は大変な数の人たちが集まり、野外コンサートや交流会を楽しんでいました。ドイツにも住んでいた私にとっては、とても親しみのわくイヴェントでした!
 

おうどん、第二弾
2013.07.01 [Mon] 15:12



おうどん、第二弾!

今日はちょっとお疲れ気味…ということで、先日に続きお昼ご飯をおうどんにしました。本日は、私バージョンです。

パリには中華食材スーパーもたくさんあるので、うどんや万能ネギ 、白菜などの食材を手に入れやすく、助かっています。
 

お天気の良い日に、バーベキュー。
2013.06.30 [Sun] 14:39



今週の日曜日は、友人の御宅のバーベキューパーティーにお誘いいただきました。幸いに素晴らしいお天気! こちらではサービスは男性陣が担当してくれるので、お庭でのんびさせていただきながら、シャンパン片手にバーベキューの焼き上がりを待っていればOK。幸せじゃー。



最後のお片づけは、ちゃんとお手伝いして帰りました。ありがとうございました!
 

魔法のおうどん
2013.06.29 [Sat] 00:47



一日中ちゃんと食事もとれなくて、仕事から帰って疲れてぐったり横になっていたら、その少し後で、外で食事して帰ってきた同居人さんが、ささっ!!と魔法のようにおうどんを作ってくれました。なんて優しい!!

もう、嘘かと思うくらい、馬鹿みたいに美味しかったです。出来る同居人に恵まれて、幸せです。ありがとーう!
 

パリの中華お惣菜レストラン
2013.06.28 [Fri] 16:28



カウンターには色とりどりの中華お惣菜。フランスでは、こうした中華レストランが其処彼処に沢山あります。

ビストロやカフェと違って営業中は何時でも飲食可能なこうしたお店は、小腹がすいた時の駆け込み寺にピッタリ。テイクアウトも店内飲食も、どちらも可能なのがありがたいです。私も、レッスンや会合で走り回る合間に何度もお世話になっています。

さてさて、皆様今日も素敵な一日を。
 

フランス、年度末の発表会
2013.06.03 [Mon] 22:54



9月に年度が始まり、6月末が学期末のフランスでは、今がまさに年度末のシーズン。子供や学生たちは、年度末試験やクラスのイヴェントに大忙しです。私もつい先日、音楽生徒さんたちの発表会を行いました。

発表会準備はいつも大変ですが、それを目標に生徒さんも頑張ることができるし、何よりも親御さんたちに成長の成果を見ていただき、ゆっくりお話もできる機会なので大切です。特に、普段子供のレッスンに同席できない日中お仕事の親御さんたちに子供たちの演奏をお披露目できるのは、わたしにとってもとても嬉しいことです。

演奏会後は、お母さんたちから「先生いつもありがとう!」とプレゼントをいただきました。嬉しいー!とっても香りのよいバラの花束と、マリアージュフレールの紅茶詰め合わせ。大好きなマルコポーロも入っていて、嬉しさ倍増です。(リンク先にも、マルコポーロありますよー)バラの花束を楽しみながらゆっくり紅茶を淹れるのが、今からとても楽しみです。ありがとうございました!

発表会が終わって、今年もひと段落。生徒さんたちと一緒に、また少しずつ頑張っていきたいです。


人気ブログランキングへ


 

美術ギャラリーをお手伝い。
2013.05.28 [Tue] 02:12



実は最近、美術ギャラリーの責任者としてもお仕事させていただいています。

現在の展覧会は、「vide grenier」と題して画廊内にフリーマーケットを再現しています。作家の内面に触れながら、美術品を購入できる、という実験的しかけです。どれも素敵なものばかりで、お仕事していてもいつも発見があります。


人気ブログランキングへ
 

パリで、−8℃を初体験する。
2009.01.07 [Wed] 02:15



 仏蘭西は巴里、睦月のある夕刻。時折駄文を寄稿させていただいていた仏蘭西情報誌編集長の、「げ」という呟きを耳にしたので、すはと駆けつければ、はやなんと、本日の気温は零下八度を記録したとのこと。え!?−8℃!?

 びっくりあわててインターネットで気象情報を見てみると、確かに−8℃との表示が。体感温度にいたっては、−11℃!わたくし、気温−8℃なぞという数字の世界は、物心ついて以来初めての経験です。道理でやたらと寒いはずじゃ。外を歩いていると、急に冷たいアイスを食べたときみたいに、寒さで頭がきーんって、なります。すごいな、−8℃か。

 週間天気予報によると、今週は軒並み氷点下。−7℃だの、−8℃だのと、私にとってはなかなかにダイナミックな数字が並んでいます。こんな数字を自分が体験するなんて、想像すらしたことありませんでした。ぶるぶる。この寒さに外出を控える人も多いのか、表はいつもより人通りも少ない様子。今日は珍しく、道をまっすぐに歩くことが出来ました。普段は人が多すぎて、それが出来ないのです。それも、なんだか面白い体験。

 例えばドイツだと、ハンブルクは−5℃。ケルンだと、−12℃!?欧州にお住まいの皆さん、寒さ対策を心いたしましょう!

 さて、件の編集長は、もうすぐ編集長じゃなくなって、この春からは京都の大学の先生にジョブチェンジ。「ポピュラー音楽研究」という、日本では(でも?)まだ馴染みの薄い分野で、学び舎にのりこみます。素晴らしい!でも、パリがまたさびしくなっちゃいますねー。

「文化とは如何にして動くのだろうか?」


人気ブログランキングへ
 

フランス全土、暴風雨に見舞われる。
2008.08.08 [Fri] 02:22



 昨夜のパリは、ひどい雷雨。8月6日水曜から8月7日木曜の夜半にかけて、フランス気象台は、フランス40県 (département)で暴風雨を警戒し、「オレンジ」警報を発令しました。「yahoo!France」のトップニュースによると、暴風のため木の枝が当たって12歳の女の子が亡くなったり、重傷者が出たりと、被害も出ている模様。木曜になってからも、12県ではいまだに「オレンジ」警報が発令中です。

 フランス気象台は、その警戒度を4つの色であらわします。もっとも警戒が必要な場合は「赤」。そして、「オレンジ」、「黄色」、とくに心配が無い場合の「緑」、と続きます。

 今日のお写真は、8月6日木曜日の19時ごろに家の窓から撮ったもの。空に虹が出ていて、一見晴れているようにも見えますが、写真に写っていないだけで、このときは激しい雨が降り、雷鳴がとどろいていました。不思議なお天気…。もうひとつのお写真は、その時の「Yahoo! Meteo」のものです。

 私は、お部屋でじっと雨や雷鳴の音を聴くのが大好き。窓を開け、より雨音を聴きたい!しかし、部屋に雨が吹き込む!というジレンマと戦いつつ、昨日今日と過ごしています。


人気blogランキングへ
 

フランスで、我が家に幽閉される。
2006.07.11 [Tue] 12:09


 鍵付きの扉は、鍵がかけてある場合、鍵が無くては開かない。これは、日本でもフランスでも一般的なこと。しかし!フランスには、「鍵がかかっているかどうか関係なく、鍵が無くては開けられない扉」も多く存在します。

 この「鍵がかかっているかどうか関係なく、鍵が無くては開けられない扉」には、いわゆる「ドアノブ」が無いのが特徴です。握ってひねれば最後の仕掛けが外れ、扉を開けることが出来る、というのがこのドアノブの仕組みですが、フランスの扉では、このドアノブの役目を鍵が果たしていることが多いのです。つまり、「鍵」であると同時に、「携帯式ドアノブ」でもあるわけです。

 それでは、この「カギ兼携帯式ドアノブ」を紛失してしまうと、どの様な恐ろしい自体が起こるのか、その一例をご紹介いたします。

 ある昼下がり、お買い物から帰宅したPanna氏は、いつものように鍵を取り出し、ドアを開けました。荷物の多かった彼女は、早く荷物を降ろしたい一心で部屋の中へ。すると、「ばたん」と耳慣れた音が聞こえました。振り返ってみると、扉が閉まっています。ええ、鍵は扉の外側に差し込んだままに…。
「うひぇええええ」

 こうなってしまうと、もう内側から扉を開けることは出来ません。切ないま眼差しで鍵の差込口を見つめるも、鍵は無し。つまり、自らを我が家に幽閉してしまうという、なんともしょっぱい状態になってしまったのです。窓から顔を出して助けを呼ぼうと試みるものの、お昼時の中庭には人影も無し。平日なので、住人の出入りもはありません。ど、どうしましょー!!

 近所の友人に電話をしてみたところ、幸運にも急ぎ救出に向かってくれるとのこと。友人が事件現場に到着するまでの間、P氏はドアに張り付き、怪しい人物が来て鍵を持っていきはしないかと、おろおろしながら待っていたのです。 

 失敗に気が付いた時の衝撃は、なかなか忘れられるものではありませぬ。
 また徒歩15分、階段4階ぶんという長い道のりと困難を乗り越え懸命なる救助に当たってくれた勇気ある友人には、最大の賛辞をお送りしたい。いや、もう、ありがとうございました!

*写真は、我が家のドアの内側と外側の写真です。


人気blogランキングへ