新しい車 

2007年02月04日(日) 16時41分
 車を購入。
理由現在、DEMIOに乗っているが犬4匹を乗せての遠出は手狭になってしまったから。

つまり、犬の為に、セカンドカーを購入したのです(犬バカ夫婦

買った車はフォードのフリーダという車。
私は、あまり詳しくないが、ボンゴフレンディーのフォード判らしい・・


上が、テントになっている車。
これで、ワン子連れの旅行に行けるでしょう

 私がパートを始めたことにより『2台持ちでもやっていけるだろう』と昨年末くらいから夫婦で話が盛り上がり、知り合いの車屋さんに声をかけておいたところ、意外と早く見つけてくれたこの車。

 かなり安く売ってくれたし、夫いわく、エンジンも調子が良いとのことで、良い物を手にしたと言える1台ではある。
 ただ、ひとつを除いて・・・・
それは、前オーナーさんがかなりのヘビースモーカーだったらしく、物凄いタバコ臭が・・・・

気合を入れて掃除を開始したところ・・・・
 手動カーテンがついているので、カーテンを付け置き洗い・・・水、真っ黒ドロドロ・・・
 マジックリンを使って雑巾がけを・・・雑巾即真っ黒・・・・
 ゴールド色のカーテンレールを拭いたところ・・・・シルバー色だったのね・・・

と、たばこを吸わない私(と、気にならないらしいが夫も・・)にすると、信じられないヤニ汚れ・・・・・

 前オーナーさんの体は大丈夫なのだろうか・・・

この車で、これからどんどん旅に出たいので、何とか臭いは取れてくれないと困るな〜

シートもファブリースをシュッシュしたけどまだ臭う。
初めが臭い100%だったとしたら、30%くらいにはなってきたけど、まだするんだよなぁ・・・

時間と共に消えていくのだろうか・・・

恐るべし、タバコ・・・・・・

かすみの手術 

2007年01月27日(土) 18時33分

 初めてのトリミング。
私は、顔の毛を短く切ってもらうのが好みなので今回も4匹ともそのようにカット。
耳は夫が『毛先の黒いところが可愛いので残した方がいい』と初めてカットについての希望を述べたので、子犬ちゃんたちは長くしてもらった。
 うん。かわいい

 改めて、2匹とも『パンジー+マロン÷2』な顔をしているなと思うこの頃・・
性格はそれぞれに違うのにね

 そして、ここのところ急激にタルト君の男としての成長が進んでいるようなので、悩んだ挙句、まず、かすみの避妊手術をすることに。
 いろいろなサイトでみたところ、初ヒートが来る前に手術したほうが、病気になる確率が本当に減るらしいので・・・・
 それと、11月にパンジーの去勢も済んでいるので、かすみの手術をして、タルトは将来を架けて残しておこうということに。

26日(金)の夕方に手術をしてその日は入院。そして今日の昼過ぎに迎えに行って来た。
とても元気そうで、痛みもそんなにひどくないないのか今はスヤスヤ眠りの中。
一匹だけで過ごすこと自体が初めてなのに、手術、入院と物凄く怖い思いをしただろうな・・・
でも、迎えに行ったときは尻尾をブンブン振ってくれた。
けなげすぎて、胸が痛くなる・・

絶対、幸せにするからねっ

気がつくと・・・ 

2007年01月13日(土) 22時49分
 ヤバイ、ヤバイ・・・
もう、しばらく手付かずで・・年まで明けてしまった
実は、私が11月からパートを始めて、ブログまで書く余裕が無くなってしまっていて・・こんな有様デス・・・

すこしずつ、余裕が出てきたので、また時間ができたときボチボチ書こうと思います

20日に子犬ちゃんたちの初トリミングの予定なので、可愛くなった姿を載せようかな

初★旅行 

2006年10月17日(火) 11時34分
 年に1回以上は必ず行く、超お気に入りの場所、道東の屈斜路湖、和琴半島キャンプ場へ仔犬を連れて初キャンプへ行った
 連れて歩くにはまだ早いだろう・・と思いながらも今年の夏は全然遊べなかったので我慢できずに行くことにした
 マロンの手術も抜糸が済み傷口もすっかりキレイになったし、子犬の予防注射も済んで(通っている病院が3回打つところで10月でようやく終了)足枷が取れたような気分になり、遊びに行きたくてムズムズ、ムズムズ・・・・思い起こすと、今年は犬の育児で身動きがとれずバイクもゴールデンウイークに和琴に行ったきり乗っていない。7〜8月にはちょっと犬育児ノイローゼかしらってほど落ち込んでいた時期もあるし・・。
 紅葉も抜群のタイミングのようなので、土日で行ってきました

 私って、寒いのが苦手・・・。生まれも育ちも北海道な私だか、年々北海道の寒さに体がついて行かなくなっているような気がする・・手先、足先の感覚がなくなるのはもちろん、指先が真っ白になり、最後は青色に変わっていく・・まるで死人のような手になっていくのだ
年のせいまだ一応20代半ばなのですが・・・

 10月中旬の道東は寒い。
いつもはきちんと万全の用意をしていくのだが最後の旅は春に行ったきりだし、急遽行くことを決めたので、これでも大丈夫だろう位の準備しか出来なくて、行きはウキウキでテンションも高めだったが、日が暮れて気温の低下とともにテンションも

 結局、仔犬たちの世話は全部、夫まかせに・・
夜のテントの中では結構大変だったようだ。右手にタルト、左手にかすみ。捕まえておかないとテントの中で運動会が始まってしまうから
そんなんで、ほとんど寝れなかったらしい。スミマセン。

 でも、楽しかったのは本当です
ただ、やはり仔犬のトイレトレーニングはきちんと終わって、外でも出来るようになってからじゃないと旅行は難しいかもしれないですね・・。

 帰ってきた次の日は夜の間におしっこをかけられた洗濯物を洗うのに忙しかった私。

初★散歩 

2006年10月11日(水) 1時55分
 仔犬、初めての散歩
この3連休は北海道にすごい低気圧が来ていて雨、風が吹き荒れていたが9日の体育の日はようやく回復し、晴れだしたので仔犬を連れて近所へ遊びに行った

 初めてリードを着けて外で歩いたので、走り回るというよりは地面の感覚や草の匂いを確認しているっといった感じ。少し遊んだだけで疲れてしまったのか、かすみは「もう歩きたくない」としゃがみこんでしまった・・。

 日差しが暑かったのか、日陰を求めて良い場所探しを始めたタルト。
そして見つけた所はマイカーの下・・
すっかりお気に入りになったようで呼んでも出てこない
 危ないから、そんなところを気に入るのは止めてね・・・


 

避妊手術 

2006年10月05日(木) 12時08分
 仔犬が産まれて、男の子を残すことになった時からマロンの避妊手術をする事を決めていた。
そしてとうとう10月3日に手術をした。健康な体にメスを入れることはやはり抵抗があったが、これによって病気の予防になり長生きしてくれると信じて人間の勝手を許して欲しい・・・ごめんね、マロン
 来年早々にはかすみも手術をしようと思っている。

 病院の先生には手術をして2〜3日は食欲が落ちるかもしれないと言われていたが、マロンは当日から今までと変わらない食欲があり、子供達が残したも隙あらばと狙っている
でも、食欲があるのは体調がよいということと思いとても安心もしている

 パンジーがマロンの姿を見て『次は俺か』と何か危機感を感じているのか一昨日からとても良い子になっている・・・・・。ごめんね、怖いよね・・?パン君は手術しないよ。でも、このまま良い子でいてくれたらうれしいな

名前って難しい・・・ 

2006年09月27日(水) 16時07分
マロンの毛色は白い。
血統書はゴールデン&ホワイトなのだが、現在はゴールデンの部分が薄くなってしまって白っぽくみえている。
シーズーは「毛色が著しくかわる」と何かの本に書いてあった記憶があるが、実際その通りだと思う。

 マロンも子供の時は耳や目の周りなど栗色だったのでマロンと名づけられたのだ。
 ただ、今は白っぽく見えていて、いつも一緒に行動する夫犬パンジーは栗色なのだ。

 近所の人や、トリミングの人、そして動物病院でもどちらがパンジーでどちらがマロンか分かってくれるのに結構時間がかかる。
 初めの頃は、パンジーという名前が女の子っぽいので分かりづらいのだな〜と、思っていたがある日ボッーと二匹を見ていて、パンジーが栗色でマロンが白色・・・初めて見る人は分からんよな〜
ようやく気づいたのでした・・

 仔犬達に名付ける時、今度は、こんなことが無いようにと、男の子らしい名前と女の子らしい名前をつけるべく、かなり悩んで、タルトとかすみとつけた。
 でも、私の母はこの前連れて帰ったとき、何回も私に「どっちがどっちだっけ」と聞いてきたので、私には名付けのセンスが無いらしい・・・・・・

これは仔犬のしつけ?? 

2006年09月26日(火) 15時30分
 犬のトイレのしつけってどうやってしたのだっけ???
親犬のしつけをしたのは、もう何年も前の話だし、当時は私も犬を飼うことが初めてだったので、本を読みながらそれ通りに実行していたのだったかな・・

 最近の私はすっかり大人になったのか、あまりガミガミ怒りたくないので、なるべくトイレで出来たときに褒めるようにしてしつけをしているのだが、分かっているのか、いないのか・・
まぁ、まだ生まれて3ヶ月を過ぎたところなのでまだまだこれから覚えていくのだろう
 
 トイレより深刻な問題は人がいないところでペットシーツやを食べてしまうこと。
「コラッ」 と怒ると止めるのでだめなこととは分かっているようなのだが、ちょっと目を離すとまた悪さをしている・・。
えさの量が少なくてお腹を空かせているのかと、増やしてみても直らなかったので、そうでもなくただ面白いからだと思われる。

 2日程前に仔犬たちに犬用ガムをあげたところ、初めての味と歯ごたえにになったようで一日中カジカジ。
それから今のところペットシーツやを食べなくなったので作戦成功。
これには結構困っていたので・・・・取り敢えずよかった・・

パパシーズーの目 

2006年09月12日(火) 15時25分
 パンジーは左目が見えない。

普段生活をしている際には見えていないとはまったく感じられないし、彼は5歳まで私の実家で暮らしていたが、私の親も全然気づかなかったとのこと・・・。

パンジーはちょっと分離不安気味な性格の持ち主で自分が心を許した人にしか懐かないし、最近では私にビッタリくっついている。本当に甘えられる人間は私、私の母親、私の妹。仔犬時代に触れ合った女性のみ・・・
特に男性には身の危険を感じると精一杯威嚇してかじる

そんなんで、異変に気づくのが遅くなることもシバシバ・・

私が目が見えていないのではないか と気がついたのは散歩のときだった。
電柱にぶつかったのです・・ ナゼッ はじめはそれがパンジーがドンくさいのだと思って笑っていたが、改めて見ていると左側の電柱にばかりぶつかっている・・
これはおかしいと、お菓子を左側において「待て!」をしてみた。パンジーが嬉しそうに待ったあと「よし!」っと号令をかけると目の前にあるはずのお菓子を見つけられなかった・・・
やっぱり見えていなかった・・

病院に連れて行ったが、そこの病院の設備ではなぜ見えなくなったかまでは診察できなく、大学病院へいくともっと詳しく診てもらえると言われたが、それで見えるようになるわけでもなく、今、パンジーの目はとても良い状態なので、見えない目よりも見えている右目を大切することの方が重要ではないかと判断し、なぜ左目が見えなくなったかは、調べていない・・
将来、右目にも異変が出たときにはすぐ調べてもらおうと思っている

とにかく遊びたいらしい 

2006年09月08日(金) 11時26分

 仔犬たちは今、とにかく遊びたい盛り
私が近づくと目をキラキラさせて「何して遊んでくれるの」と訴えてくる。
父犬パンジーにもしっぽをぶんぶんさせて寄っていく・・・が、パンジーは仔犬たちが本当にイヤなようで吠えて威嚇する。ただ絶対、怪我をさせるような威嚇はしないのでそれには感心してしまう。
仔犬たちは吠えられると少し距離をおき尻尾はぶんぶんさせたまま 伏せ をする。
そうなると、パンジーは自分から逃げていく
母犬マロンは仔犬がこれ以上パンジーに近づかないよう、必死に止めに入る。

こうゆうのはペットショップで売っている仔犬たちは経験しないよな〜
兄弟で遊んだり、大人犬に吠えられたり・・

この子達がどういう成長を遂げるのか、本当に楽しみ
★★シーズー 一家★★
☆家族構成☆komachi(主婦)
         夫         パンジー♂(父シーズー)         マロン♀(母シーズー)         タルト♂(子シーズー)         かすみ♀(子シーズー)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:komachi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉-地区限定でちょっとだけ詳しい。
    ・バイク-voltyです。
    ・旅行-やっぱりワン達と行くのが楽しい!
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像komachi
» これは仔犬のしつけ?? (2006年09月27日)
アイコン画像M★Rock
» これは仔犬のしつけ?? (2006年09月26日)
Yapme!一覧
読者になる