サボリ気味 

2006年07月03日(月) 9時33分
最近、ブログをサボってゴメンナサイm(__)m

言い訳をさしていただけるなら、職場で現在より一つ上の役職に昇格しまして新しい仕事憶えるのに忙しかったのですm(__)m


もうしばらく休んでしまいますが御勘弁をm(__)m

解体で良いんじゃないか? 

2006年06月17日(土) 4時06分
ここ毎日、社保庁問題が報道されてます。

一連の発端は今年二月、京都の社会保険事務局の不正免除が明らかになり新聞、テレビにも一瞬取り上げられましたが時期が悪かったのか御存じの通り、この時期、ホリエモンや四点セットに追われ陰に追いやられすぐ話題から消えました。

そして今回の事の発端は以前紹介した
『ムーブ』
に寄せられた一件のメールから始まりました。


年金未納者の不正免除からはじまり私文書偽造、先日に到っては事務局職員の身内の未納期間のデータ削除まで明らかになりました。

社保庁の村瀬長官も国会で答弁してるのですが発言を聞いてると責任逃れと火消しに追われ訳のわからない回答ばかり…

ちなみに私文書偽造は
三年以上〜五年以下の懲役です。
今回の審議で見送られた『共謀罪』は四年以上の罪に適応なので事件以前に可決、施行されてれば社会保険事務局職員が何人、何百人、何千人捕まっていたことだろうか、全く呆れたものである。


親の社保庁に到っては事務局の『犯罪』に関与した事を全面否定。

…普通に考えて有り得ないだろ?
大阪だけならいざ知らず全国の半分以上の都道府県がやってるんだよ?社保庁が知らない訳が無い。むしろ指示を出したのが社保庁と思うのが普通。


てな訳で社保庁は解体して新たな庁、又は省を作るべきだと思う。

漫画界もそろそろネタ切れ? 

2006年06月06日(火) 4時07分
てな訳で最近、昔に連載されたマンガの続編物が多い事が気になって色んな雑誌を読んでチェックしてます。


……多すぎ!


例に挙げようと思ったけど数が多すぎて面倒なので省略します。


ただ気になるのが、雑誌社が変わってたり週刊から月刊へ移動したりと変わってるのが多く、色々あったんだろうなぁ…。
と、勝手な解釈をしている次第です。



久々なのに内容薄くて御免なさい★彡

本当に忙しいので平に御容赦を…

ムーブ 

2006年05月28日(日) 6時13分
ムーブ?と思った方も多いと思います。


私的に現在放送されている情報番組で一番信頼できる番組ではないだろうか。


毎週月〜金の昼過ぎから夕方に放送されていて(関西だけっぽい)、約二時間の番組です。


大阪市交通局問題を始め、関西の大きい政治関係の事件や最近では今話題になっている年金の納付率水増し事件も全てムーブの放送から発覚し、最近では国会でも『ムーブ』の名が出る程です。

番宣になりましたがABCテレビが映る地域の方は、一度視てみては如何でしょうか?

靖国番外編 

2006年05月22日(月) 2時45分
てな訳で小ネタです


以外と知られてない国家の首脳が公式に靖国参拝した国

アメリカ・アルゼンチン・イスラエル・イタリア・インド・インドネシア・エジプト・オーストラリア・カンボジア・シンガポール・スイス・スペイン・スリランカ・スロベキア・ソロモン諸島・タイ・台湾・チリ・ドイツ・トルコ・トンガ・パラオ・フィンランド・ブラジル・フランス・ベトナム・ペルー・ポーランド・リトアニア・ルーマニア・ロシア


長々と書きましたがこれだけの国の首脳が公式に参拝してます。



ローマ法王も尊敬する日本が世界に誇る天皇制度

現在世界最古の皇族は日本の天皇、二番目はヴァチカン(ローマ法王)、三番目はイギリス(エリザベス女王)。
しかし二番目のヴァチカンよりも日本の皇族は五十代以上も長く、世界の皇族、貴族は日本の皇族には頭があがらない。
ちなみに天皇の靖国参拝は世界的に(極東の一部を除き)認められている。

発表されました 

2006年05月16日(火) 5時34分
仕事が忙しく10日程間隔があきましたがご容赦下さい

毎度お馴染み内容変更になります


5/15(月)午後二時、W杯サッカー日本代表23人が発表されました!
二言程ジーコに言いたい!

まず一言目

久保を外したのには感心した!
世間的には当確とされていたが、私的には明らかに久保の調子は悪く、このまま行っても結果は出せないだろうと思っていたからだ。

そして二言目

ル・マンの松井が何故外れる?
正直ショックでした。確かに左に中村、右に小野、小笠原がいるけど流れを変えるには松井の存在は大きいはず。結果出してるのになぁ…。


興味ない方には「つまらない」話になってしまいましたが御了承下さい

東京裁判って? 

2006年05月06日(土) 3時52分
時間がすぎましたが東京裁判について簡単に書き込みたいと思います。


1946年戦勝国11ヵ国によって開かれた日本の責任を裁くための軍事裁判であり、当裁判によって裁かれた日本人は数千人に上ります(その内A級戦犯に起訴されたのは二十七、八人で認定されたのは十四人)。


当時の判決で11ヵ国中、10ヵ国が有罪判決を主張する中、インドのパール判事が唯一日本の無罪を主張(当然圧倒的多数により有罪が確定しましたが)。


参加した11ヵ国の判事の中、パール判事だけが唯一の国際司法の専門家であり、判決後からパール判事の主張が正しいと徐々に認識され、各国が東京裁判の判決は間違いであったと認識し、サンフランシスコ講和条約第11条

『戦犯の赦免や減刑は判決に加わった国の過半数により決定する』

を適用。決議を元に日本は各国と交渉し、『中国』を含む11ヵ国に了解を取り付け、日本は戦犯の赦免を済ませています。


更に有罪判決当時、日本も『受刑の代わりに後罪を問わない』と判決を受けとめ、各国も了承。


以上の事から靖国参拝を批判し中止を求める中韓は単なる内政干渉であり、日本は中韓に従って靖国参拝を止めるべきではない、と言うのが私の意見。


今回はここで終了。次は番外編(?)を少々書きます。

話変わってすいませんm(__)m 

2006年05月03日(水) 5時07分
東京裁判の話は持ち越し次回以降に持ち越します。(前回の最後に多分しますと書いたので、そこは御了承を)


今回は全く別の話
『日本が世界に誇るアニメ』について少々書きます。

アニメかよ!くだらん!と思われた方は飛ばして頂いて結構です。所詮、人は個人個人思考が違うので無理強いはしません。これから先、私が書き込んでいく文章も読まなくて結構。お引き取りください。お疲れ様でしたm(__)m




何故こんな挑発的な文章にしたかと言うと
アニメ、マンガ、声優、アニメ歌手…。これらの言葉を聞いて貴方はどう思いますか?
残念ながら、おそらく理解できる方はほんの一握りの方々でしょう。大半の方(大体の成人)が理解できず、二十歳すぎのファン(いわゆるオタク、マニアと言われる方々)に対して冷たい視線を送っているのが現状です。


前にも書きましたが私はオタクでありマニアでもあります。
以前某掲示板でジャンルの違うオタクの論争がありました。(私は参加してませんが)
こんな感じの文章でした。『野球やサッカーのスポーツオタクとアニメオタクを一緒にするな』『所詮アニメオタク』

要は〇〇オタクとアニメ関連のオタクは何かが違うらしい。二次元と三次元か?

『宮崎アニメやディズニーは別』

全くもって意味不明です。何が違うの?製作費か?


私の持論は『くだらん!世界中の人々は何らかのオタクでありマニアなのだ!』

はっきり言って、ここまでオタク、マニアに表現の壁があるのは日本位だろう。


私が何を言いたいのかと言うのは、先入観を一度捨て最初から学んだり知ろうよ。と言う事。全然アニメの話と関係ないだろ?と思われた方もう一度文章を読んでみて下さい。

この文章の意味や意図をわかって頂けたらありがたいです。

参拝の是非 

2006年05月01日(月) 22時05分
皆さんは日本国総理大臣の靖国参拝って『するべき』『しないべき』、どちらですか?

私の考えは『するべき』です。

皆さんは疑問に思った事がありますか?戦後靖国に歴代の総理が参拝しているのに(確か村山総理はしてないはず)、何故今になって中韓から非難を浴びせられなければいけないのかを。今書き込んでる現段階で百歩、いや千歩、中国には譲ってあげよう。しかし韓国に言われる憶えは何もない。何故?と思われた方は一度太平洋戦争や第二次世界大戦の資料を読んで見ては如何でしょうか。すぐ上記の意味がわかるかと思いますm(__)m

良く言われる『A級戦犯』、戦犯の分け方は以前説明しましたが実は日本にA級戦犯はいません。……?、靖国神社に祭ってあるからいる(いた)だろ?と思われた方もいるでしょう。そんな方に質問、『東京裁判(極東裁判)』ってご存じでしょうか?

戦後当時の東条首相(当時)を始め十数人が戦後、1946年、戦勝国が開いた東京裁判によって有罪が確定しました。これだけ聞いたら、じゃあやっぱりA級戦犯いるだろ?と思うでしょう。でもいないのです。


モヤモヤするかもしれませんが、本日はここまで。次回は東京裁判の話をしたいと思います。(多分します)

コラムニストの勝谷誠彦 

2006年04月30日(日) 2時07分
靖国の続きは?と思った方には申し訳ありませんが今回は先日読んだ勝谷誠彦さんの『ニュースバカ一代』が、あまりにも面白すぎたので予定を変更して書きますm(__)m



まず勝谷誠彦って誰?
1週間の半分以上のワイドショー関係(主に政治関係)のTVに出演してるので、顔見ればわかるかと思われます。評論家の宮崎哲哉さんとも良く同じ番組に出てます。(関西だけかも?)


内容は2002年八月〜2006年二月までの週間SPA!に連載された国内外の政治関連のニュースを『ぶった斬る!』と言う内容で非常に面白い内容です。立ち読みでも良いので一度読んでみては如何でしょうかm(__)m
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:panicrewsoul
読者になる
Yapme!一覧
読者になる