マッハ225 パニック・プロフィッター 〜“投資家の恐怖”を売れ!〜“直近4年で1939万円稼いだシグナルサインツール”今だけ無料プレゼント中! グリーンハーベスト

February 17 [Thu], 2011, 14:55
マッハ225 パニック・プロフィッター 〜“投資家の恐怖”を売れ!〜“直近4年で1939万円稼いだシグナルサインツール”今だけ無料プレゼント中!

マッハ225 パニック・プロフィッター 〜“投資家の恐怖”を売れ!〜“直近4年で1939万円稼いだシグナルサインツール”今だけ無料プレゼント中!


下記のサイトで購入すると最大6500円引きになります!
マッハ225 パニック・プロフィッター 〜“投資家の恐怖”を売れ!〜“直近4年で1939万円稼いだシグナルサインツール”今だけ無料プレゼント中!



通常「人」は、“恐怖”を察知した時点で、その場から逃げようとする習性があります。

危険から己を回避させないと、
その危険の度合いによっては、時に命をも落とすことすらあるワケで、
つまり「逃げる」という行為は、もはや動物の本能とも言えます。

マッハ225 パニック・プロフィッター

では次に「相場の世界」でのお話ですが、
通常、人は“恐怖”を感じたら手持ちのポジションを売ります。

理由は、
急落によって大きな損失を被るのは誰だって「ゴメンだ!」と
感じるからに他なりません。
Reduce−FX
危険から己を回避させないと、
その危険の度合いによっては時に命をも落とすレベルの損失を
こうむる可能性があるワケで、
つまり「恐怖から逃げる(売る)」という行為は、
もはや投資家の本能的行動とも言えるのです。
3クリックFX
そして“その恐怖”が巨大であればある程、市場は暴落します。

「投げ売り」は「次なる投げ売り」を呼び、
暴落時は、それこそ巨大怪獣が街を破壊しながら歩く中を、
右往左往と逃げ惑う市民(個人投資家)のあげた悲鳴に包まれる、
まさに“パニック状態”となります。

背中に冷や汗をかき、吐き気をもよおしながら、
ロスカットの注文ボタンを押す者や、
完全に逃げ遅れてしまい、強制決済で一気に資産を全滅させられる者・・・
スキャルピング FX プロ
そう、そこはまさに死屍累々、
多くの投資家たちの絶望に包まれた修羅場と化すのです。

W2C-Clipper
そんな中、

貴方がもし、市民(個人投資家)が恐怖を感じる少し前、例えば前日等に、
その前兆を知る事が出来たらどうしますか?

そう、“暴落前夜”に翌日以降の暴落を事前に知る事が出来たらどうするでしょうか?

「投資」を少しでもカジったことのある人ならば、
そのとき点で“売り仕掛け”をするのは明白かと思います。

翌日から下がると本当に分かるのであれば、
売りを仕掛けないほうがどうかしているとさえ言えますよね。
メタトレMAX
今からわたしは貴方に向けて、
“そのようなことが現実に出来る投資法”をお伝えして行きます。

「人間の感情」が反映され、それを先取り出来る投資ロジック。

それは貴方にとって、きっと未知なるモノに違い御座いません。

「そんなバカな・・・」

今はまだ、そう思っててもらって結構です。

しかし、わたしがこれからお話する事に、
十分疑いながらで構いませんので、少しだけ耳を傾けていて下さい。

“全て”が終わるころ、きっと貴方は気づくはずです。

「これは投資業界における、まぎれもない事件」だと言う事を。

ちなみに、相場の傾向としては、
上昇時より下落時のほうが急激に動くことが多いのは貴方もご存知かと思います。
FX-plus 2.0 essential
そのため、「売り」でエントリーをするこの手法は、
買いでエントリーする手法よりも、
そもそも一回あたりの利益がどうしたって大きく成り易いという特徴が伴うのです。

つまりこれから貴方にお伝えする投資手法とは、
構造的に「損小利大」(損失が小さく利益が大きい)な取引結果を
もたらすものだと言う事。

それはすなわち、貴方の資産増殖への道を、
今まで以上に、そして十分に加速させることが出来るシロモノだと言う事を、
まずはアタマに入れておいて欲しいと思います。

FXスキャルマスター

世の中には何時でもどこにでも「ウラ」があります。

例えば過去に、世界のどこかで経済や政治的事件が勃発した際、
日本の株式市場が大きな暴落に見舞われたことって数多くありましたよね?

そんな時テレビのニュース番組では、
バカのひとつ覚えのように、街中の証券会社の株価ボードを茫然と眺めては、
ため息交じりにインタビューに答える人々の映像を決まってタレ流すばかりです。

「暴落=損失」

このようなイメージのほうが視聴者には伝わりやすいですし、
また、投資をやらない、或いはしたくても出来ない制作者側の、
「ほれ、見たことか。人間マジメにコツコツ働くのが一番なんだよ!」
このようなメッセージも心なしか透けて見えるような気もしています。

けれども実際にはその一方で、このようなテレビニュースの映像を、
それこそ笑いをこらえながら観ている人も数多くいるのです。

そう、それは「売り」のポジションを持っている投資家に他なりません。