中国の募集定員文部省奇禍誘致中国生徒が参加して留学体験

May 05 [Sat], 2012, 15:41
中新ネット9月22日(水曜日)、日本の新华侨报ネットによるとを吸収するためには东日本の大地震の発生后日本へ留学する外国人留学生を大幅に削減する現象は、日本の文部科学省は9月21日の決断を稼動して外国人学生たちが無料で日本を2週間「留学体験」の項目が含まれている。留学コピーブランド
生たちは研修を通じて知っていて、日本の防災および復興の過程とは別に、被災地を訪問し、現地の群衆の交流活動を展開する。文部科学省の期待これら留学生帰国後を発挥することができる日本の現状についての役割を解消して、日本への留学の近づきつつある。

事業名称は「日本に留学した計画」で、内容は無料招待150人はここ1、2年間計画を日本へ来に留学する外国学生だった。文部省は現在、暫定的に限定する活動範囲を、中国、韓国、欧州、中東などと日本の大学には交换留学生協定の学校在校生も、旅行費用文部科学省が負担しなければならない。文部省一見見込みで、この「体験留学」活動は経費1億円、文部省計画はこの部分に経費を本年度第3次補正予算案を検討している。

中国での留学を体験することが予定されていた。学生時代、2012年1 ~ 2月だった。研修第一歩は、東京で開催中の研修は、留学生は日本の学生と一绪に勉强して日本の防災対策,再生計画だ。講師、大学教員、被災地の地方政府関係者や一般市民が受け持つことになった。さらに,「留学生たちと接触してきた日本の文化活动をしている。文部省担当関連業務の関係者によると、何かをして希望が留学する外国人の参加を体験することができる日本の现状をまともに反映しない『が勝手に夸张して、そのままは前に何を言っている」と明らかにした。

留学体験生還はなどに配置された訪問は、「3・11大地震」で被害が深刻な津波よせる宮城、岩手など各地を観覧し、現地の大学、地方政府や農協の漁協や非営利組織(npo)に、現地復興作業に力を注いできた人々を交流しています。文部科学省のプロジェクトの担当者は、「防災、人と人とのきずなの重要性などで、これらのものは地震后の日本の才能を味わうことに深くが活用できるよう体験機会を再認識日本への留学の意味が込められている」と明らかにした。

文部科学省によると、11年まで4月1日、留学生の多い43校の大学に入学する外国人留学生数は約1割の児童である600人は14日、日本留学計画を取り消した。日本大学・大学院や各言語学校の募集単位別で見ると、2012年以降で入学した外国人留学生たちは減少した可能性があることを激安ブランド
切に願うを推进して、これは国際化に転換するという日本の大学は重々しく打撃を受けている。(温庭竹)



http://yaplog.jp/brandyiisin/archive/22
http://yaplog.jp/brandyiisin/archive/23
http://yaplog.jp/brandyiisin/archive/24
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pandenkm/index1_0.rdf