本気でさ 

2005年04月02日(土) 23時36分
気持ち悪い
すっげ気持ち悪い

モヤモヤして考えが定まらなくて
理解していることさえも
モヤモヤし始めて
すでに

全部の事柄に対して文句というか
理屈というか屁理屈というか
叫びたくてたまらない

ナヤミ 

2005年02月14日(月) 18時26分
愛してる

僕も愛してるよ


睦言を囁くように言ったときも
皆の前で宣言するように言ったときも

必ず返ってくる返事


愛してる






最近、思うことがある
僕がこんなにも好きなのに、愛しているのに

僕は光だけなのに

なんで光は僕だけじゃないんだろう



「好き」
「大好き」
「愛してる」

光はよくこういう言葉を口にする
誰に言うときも同じように口にする
そう
僕に言うときも
そうでないときも

ミンナ同ジ


ねぇ、光

僕は光の何なの‥?


01.はじまり 

2005年02月01日(火) 0時07分
いつからだっけ
僕がこの想いに気づいたのは
あー……殿に初めて会ったときから‥かな?
あん時の殿ってばまるで


王子様みたいだったっけ(笑)

初めて書いた双子話(駄目すぎでゴメンナサイ) 

2005年02月01日(火) 0時07分
最近、ちょっとムカつくことがある
そう…ほんのちょっとなんだけど……ムカつくことが‥




「ハールヒ。何してんだよ、そんなとこで」
「何って……明日の小テストの勉強だけど‥」
「小テスト?そんなんあったっけ?」
「………」
「馨‥?」

光が不思議そうにこっちを窺ってくる
…え、なに
いまの僕に聞いてたワケ?

「ごめんごめん。ちょっと考え事しててさー
で、なんだっけ?小テストだっけ?
そんなのあるなんて僕も知らなかったな〜」

何でもないように言えば、光は安心したようにハルヒに向かい直る
……ってゆーか、いまの僕に聞いてた?
メチャメチャ二人だけの会話って感じがしたんだけど‥
や、今もしてるんだけどさ

なんか最近、いっつもこんな感じ
ハルヒのことばっか気にかけて、僕のことは二の次状態になっている
………なんかムカつく

自分ばっかハルヒと仲良くして
僕がハルヒと話したりしてると怒るくせに‥
そんなにハルヒを一人占めしたいのかな…

はぁっ

殿じゃないけど、なんかアンニュイな感じだ
……って何言ってるんだか‥

「どうした?らしくないぞ、溜め息なんかついて」
「殿…
なんか……今ならものすごく殿の気持ちが判る気がする‥」
「っ……母さーん!お兄ちゃんが、お兄ちゃんが!」

……殿‥?
いま僕のこと馬鹿にしてない?しかも、ものすごく
あーぁ…殿に馬鹿にされるようじゃあ僕もお終いだな

「……………………………………………………………長男がどうかしたか?」
「変なんだ!いつものお兄ちゃんらしからぬ言動を!!」
「へー。僕が変だって?
じゃあいつもの僕らしい言動ってなに?」
「か、馨っ!」

いや、そんな驚かないでよ

「鏡夜先輩………」

先輩のほうを見やれば判ってくれたみたいで

「お母さん!お父さんが虐めるー!!」
「‥駄目だなぁ、お父さんは
お兄ちゃんを虐めるなんて」

僕が泣きついたフリをして鏡夜先輩に抱きつくと、先輩は有無を言わさない笑顔で殿を撤退(部屋の隅で体育座りだけど)させてくれた

「‥鏡夜先輩、ドーモです」
「いや、俺も鬱陶しかったからな」

先輩はさらりと酷いことを言って、書類整理を再開する
…でもこの人、結構殿のこと好きだよなぁ…
絶対僕の勘はあってるよな…なんて思いながら殿から視線を外して巡らせれば、まだ光とハルヒが仲良さそうに話しているのが目に入る
…なに話してるんだろ‥あんな楽しそうに笑っちゃってさ

「つ...
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pandemonium
読者になる
Yapme!一覧
読者になる