漫画とクラシックと休日〜前編 

2007年02月10日(土) 15時29分
今日は休日。
家が本屋(その本屋に売ってるものは、本類、文房具たくさん、CDなど)
の隣なので、ひまつぶしにいってきました。

そこで、なんかちょっとおもしろいことにあっちゃったので、
お話します










まず始めに、漫画をみにいったときのこと。
漫画って広く言っても、
ちょっとねらいめっていうか、『』って感じの漫画もありますよね。
ぎりぎりな表紙とか。






基本自分は少年漫画派なので、少年漫画のところにいたんですが
まぁそういういかがわしい漫画も近くにあって。
少年漫画みながら、
どうしよう、これ、かおうかなぁぁぁー…とかまよってたら、
なんかパンチパーマかかったような頭のおじさんが現れて
かなりきょろきょろしながら
『年上の彼女』てきな名前のちょいエロっぽい漫画を手にとり
表紙から裏表紙までなめまわすように見てるんですよ。
気持ち悪…とおもってたら、うちのしせんにきずいたのか
おじさん向こうへ歩き出しました。
そのときの足音の様子です。↓
カッカッカッカッカッカッカッカカッカッカカッカッカカッカッカッカカッカッカカカッピタ…





おっさんもどってきたーーーー!!

そしてまた同じ漫画をつかむ!
見る!
かうか?!かうのか?!

まんがおいていったーーー!

もどってきたいみねぇぇーーー!!!w

いい年して、なにやってんだろうねぇ

続きは後編で!!
Yapme!一覧
読者になる