9月の写真、など 

October 31 [Sat], 2009, 7:34
9月の写真ですが、

http://thegreatestfamilyonearth.shutterfly.com/

↑こちらをクリック頂いて、パスワードを入力していただければ
ご覧いただけます。

パスワードを知りたい方はメールでお知らせください。
面倒なことで、本当に、すいません。

いくつか写真アルバムを載せてありますが
9月分は「Aug-Sept」のアルバムです。

上記のサイトは、写真がメインなのですが、日記も書けるので
ちょっとしばらくそちらで家族ニュースなど書いて
様子を見てみようと思っています。

パスワード付きなので、もうちょっと、ざっくばらーん、とした
内容になるかもしれません。

と、いうことで、ここで日記を書くことは、もしかしたら
これで最後になるかもしれません。

これまで遊びに来て頂いてありがとうございました!

9月(19ヶ月)の様子 

October 14 [Wed], 2009, 8:34
話す

「(ストローラーを)押す」
「(風呂などから)出う(る)」
「(三輪車などに)乗う(る)」
「読む」
「遊ぶ」
「開けう(る)」
「閉めう(る)」
「(フタなどを)取って」...など、

動詞が増える。

「(ウ)サギ、ねんね」
「でんしゃ、描く」
「うんち、でた」
「あっち(い[行])こ」...など、

二語文で話すこともある。

何かものが欲しいときに「どーぞ(どうぞ)」と言ったり
相手にものを渡すときに「ちょうだい」と言ったり
逆さまに使う。

同じく
「どうも」と「あーと(ありがとう)」も
逆さまに使うこと多し。

主張する

こちらの話していることもよくわかってきたようで
なんと、言い聞かせると泣きやむ、ということができるようになり
これはありがたい! これから楽になるなぁ!

、、、と、思っていたのであったが、一週間後には

「やだ!」「いやなん!(関西弁)」

と、自己主張が激しくなったのであった...。

まぁ、これまでは、ただ泣いて主張していた、のが変化したのであるから
成長、成長! 喜ばしい!... ... ...

フレンドリー

ママ友、パパ友が大好きで、手をつないだり、抱っこしてもらったり
相手の子どもがジェラシーで泣くこと、しばしば。

そこで、実のパパ&ママが、こっちにおいで、と言うと
「いやなん!」と拒否。パパ&ママ、ショーック...。

友だちやものを叩くことがなくなり
なでなで〜したり、「どーぞ」をしたり
なんだか、ちょっぴりだけど、やさしい態度も取れるようになる。

ままごと

お気に入りのぬいぐるみ「きりんさぁ(きりんさん)」に話しかけたり
抱っこしたり、お出かけに連れて行ったり、一緒によく遊ぶ。

歌う

ABCの歌がお気に入りでよく歌っている。
1/3くらいは正しく歌える。

音程も、あ、この歌を歌っているな、
というのがわかるくらいになってきた。

お絵描き

描いてほしいものナンバーワンは、
最初は、にゃんにゃん、ちょうちょ、Bee(ハチ)など、であったが
このところは、もっぱら、電車!
ママの電車の絵、上達してきたよ。

キャラクター

本やDVDに出てくるキャラクターのなかでも、好きなのは、

Bertie(バーティ)(機関車トーマスに出てくるバス)...

とか、なーんか、地味キャラ。

バーティは、お絵描きでも要求され、何を言っているのか、と
??? な顔をしていると、
「バス」(の)「Bertie」と、教えてくれる...。

読む

「ぐりとぐら」や「Bad Kitty」(Nick Bruel)、「Olivia」など
少し長い話も、最後まで聞けるようになる。

「The First Thousand Words」や Richard Scarry の本など
情報量の多い絵を、じっくり、見るようになる。



写真は、また後日。

夏休み(日本)の写真(8月、18ヶ月) 

September 10 [Thu], 2009, 11:55
阿蘇の雄大な〜景色よりも何よりも〜
布団やら、階段やら、が気になる〜、みうちゃんの写真は
Read More...をクリック。

夏休み(メリーランド)の写真(7月後半、17ヶ月) 

September 10 [Thu], 2009, 11:49
今週は失業中なので、立て続けに更新しています。

さてさて、
シェナンドア国立公園の〜
雄大な景色よりもシカよりもフクロウよりも
七面鳥よりもスカンクよりもクマよりも
小石やらたんすやらが気になる〜、みうちゃんの写真は、
Read More...をクリック。

7月(17ヶ月)の写真 

September 10 [Thu], 2009, 11:39

7/6

出産を控えた
友人Tさんのために
ベビーシャワー、という
こちらではごく一般的な、
赤ちゃんを迎えるための
パーティをしました。

ダイパー・ケーキ(写真)なるもの
も作りました。
なんと、オムツで作ったケーキです。
食べませんけどねー。


みうは、Tさんの大きなお腹を見ては
「ベイビー、ベイビー!」と言い、

自分のお腹を指差しては
「ベイビー、ベイビー!」 
(たしかに、ぽっこり、ね)

ママの胸を見ても
「ベイビー、ベイビー!」
(たしかに、まるい、よね)

さらにママのお腹を見ては
「ベイビー、ベイビー!」
(... ... ...ぅぅ〜ん、ね!)


その他、みうの写真はRead More...をクリック。

6月(16ヶ月)の写真 

September 10 [Thu], 2009, 5:24
6/28

ダイニングの窓から
ハチドリ観察が
できるようになりました〜。

砂糖水を
飲みに来るのであります。

じ、じつは、
この容器、
い、一年も前に購入してたんですけどね、、、

みうは、朝晩、
ごはんを食べながら
鳥のサインをしたり
「こっこ、こっこ(鳥の総称)」
と言ったりして
バードウォッチングを
楽しんでいるみたいですよ。

その他、みうの写真はをRead More...をクリック。

自分のこと、あれこれ 

September 09 [Wed], 2009, 6:51
「ジョギング」

7月下旬に友人二人と走り始める。
表向きの目標は、
11月にサンフランシスコで開かれるマーメイド・ラン参加(5キロ)。
裏の目標は、、、シェイプ・アーップ!

走り始めたころは、ゆーーーっくりのペースで、たった5分、走っただけで
息が上がるよりもまず、足の疲れが来ていたのであったが、、、
夏休み中も、なんちゃってジョギングを続け、旅から帰って走ってみたら
遅ーいペースであるものの、5キロ走り続けられた!
な、なんか、う、うれしい。表の目標は達成できそうだぞ。

「出産、産後支援」

7月中旬に出産を迎えた友人Tさんのサポートをする。
友人4人を集め「Tさんを支える会」を発足し、

出産後の病院での通訳支援(本当は出産時も手伝いたかったのであるが...)
産後一か月の食事支援(5人でローテンションを組んで)
沐浴支援(看護士経験者による)を行った。

そして、このような出産・産後支援がビジネスにならないかなぁ
と、しばらく妄想していたのであるが、夏休みボケで妄想休止中。
(子育てしてると、翻訳やってる方が楽だしね。)

英語での出産は不安という人は多いであろうし、
日本から遠く離れ、家族や友人のサポートを受けられない
という人も多いであろうし、
また、自分の経験から、出産は必ずしも幸せなことだけではない
ということもあるし、、、

こういう不安を解消できるような支援ができたらなぁ、、、
と思っているのである。

こちらではドゥーラという、まさに出産/産後をサポートする職業が
かなり一般的なので、まずは、ハウツー本を読むところからですかね。

まぁ、いつものように妄想だけで終わる可能性大だが、
ベイエリアだったらかなり見込みがあるのではないかなぁ。
二人目出産だったらベビーシッター・サービスもつけたりしてね。

まぁでも、本当は、ビジネスじゃなくて、今回みたいに、
知り合い同士で助け合い、というのが一番ではあるのだけどね。

夏休み(7月後半から8月後半)の様子(みう、18ヶ月) 

September 04 [Fri], 2009, 2:24
7月24日から8月2日までは、メリーランド、
8月2日から24日までは、日本で、暑い!夏を満喫する。
(パパは、8月2日から学会のため、8日に日本で合流。)

メリーランドでは、家族三人でシェナンドア国立公園に一泊で出かけたり
パパとママは、みうをグランマに預けて「ハリーポッター」を観に行ったりする。
(出産後、夫婦初めてのデートか、と思いきや、、、
グランパと義理のグランマも一緒なのであった...。)

心配していた東海岸から日本への母子二人っきりの長時間フライトは
案外と、スムーズに終わる。といっても、まぁ、当然、歌をうたったり、
歩き回ったり、お絵描きしたり、本を読んだり、、、
ママが常にエンターテイナーに徹した結果ではある...。

そうそう、車やら電車やら飛行機やら乗り物が大好きなみう、
今回の旅では、飛行機や電車に乗る機会が多く、
かなり、興奮していた(ま、最初だけだけどね...)。
自分が飛行機で空を飛んでいる、ということも理解したみたい。
雲、という言葉もこれで覚えた。

日本では、じーちゃん、あーちゃん(ばーちゃん)の田舎で
川遊びや湖水浴(奥琵琶湖)をしたり
みうは、いとこのこうちゃん(3歳)とふとんの上で一緒に飛び跳ねて
「人生で一番楽しい日」を過ごしたりする。

ママは、みうをじーちゃん、あーちゃんに預けて、
翻訳仲間の勉強会&昼食会に参加した。翻訳って孤独な仕事なので
こういう仲間がいるというのはありがたい。

広報をやっていた時の同僚Aさんにも4、5年ぶりに再会。
産まれたばかりの二人目の愛娘Yちゃんを抱っこさせてもらう。
か、かわいかったー。
Aさんは、仕事もがんばっていて充実しているみたいでよかった。

友人家族を訪ねて九州(博多と阿蘇)にも足をのばした。
阿蘇は、なかなか雄大、であった。
しかし、みうは、雄大な景色よりもなによりも、
散策路の階段を上り下りするのが一番楽しかったみたい...。

友人夫妻の愛息子、たっくん(17ヶ月)と遊んだり
ふれあい動物園で犬や猫を追っかけ回したり
海水浴をしたり、そして美味しいものを、たらふく、食べたり
あー、楽しかった! ゆ&博&たっくん、ありがとう!

親子三人、1ヶ月もの間、グランバ、グランマ、じーちゃん、あーちゃん、
友人たちに、思いきり甘やかされて過ごし、三人きりになったらどうなるやら...
と思っていたが、案外と、何とかなっている。まだ時差ぼけひどいけどね。


みうの変化は、

お絵描きにはまる。

つま先立ちができるようになる。

小走り(左右にぐらんぐらん揺れながら...、だが)ができる。

言葉の数も増えたし[1]、
また、これまで、三つの音の単語(スイカ、とか)を単体でしか
言えなかったのが、旅行から帰ってきてからは
「こんばんは」のように、三つ以上の音の単語を言ったり、
「ここ座る」のように、自分で二つの単語をつなげて使ったりするようになる。
旅行は刺激が大きかったね、きっと。

写真はまた後日...。



[1] みう辞典、今月の新語。
(野球とか、日本の夏らしい言葉も増える、が、これはきっとすぐ忘れるだろうね。)

あしゃ: 電車の意。後半は、「でんしゃ」と言えるようになる。)
だいじ: 大事。人を叩いたあとに、ママに叱られると、なでなでしながら言う。
かわ: 川
かえる: カエル
きりん: キリン
きらきら: 「きらきら星」の歌を歌うときに。
あめ: 雨
かさ: 傘
まう: 丸
かい: ハエ
けい: 時計
にゅうにゅう: 牛乳
すりっぱ: スリッパ
そと: 外(遊びしたい)
じゅーす: ジュース(じーちゃん、あーちゃんの梅ジュースにはまる。)
ちーす: チーズ
のむ: 飲む
おりう: 下りる
ここ: ここ(here)
いこ: 行こう
じーちゃん: おじいちゃん
あーちゃん: おばあちゃん
はよ: おはよう
すいか: スイカ
あなな: バナナ
しっこ: おしっこ
じょうず: 上手
せうぃ: セミ
じょーろ: じょうろ
さかか: 魚
だいだい: 橙色
も: 雲
あちゃ: お茶
け: 毛
てぃしゅ: ティッシュ
やく: 野球
わに: ワニ
かうぃ: 紙
さぎ: ウサギ
こんばんは: こんばんは
かばー: かばん
いす: 椅子
でーわ: 電話

あと、語尾につける「〜ね」をよく言う。(日本にいた時は、これが「〜な」と関西弁になった。)

どうやらアルファベットや数字も覚えようとしている。
絵本の文字にも少しだけ興味が出てきたみたい。

7月(17ヶ月)の様子 

August 13 [Thu], 2009, 5:22
ものにはすべて名がある、
ということに気づいたらしく、本を読み聞かせていると
何でもかんでも指を差して名前を聞く。

「ブルーベリー」の粒がたくさん描かれているページにくると
次々と違う粒を指しては「これは?」と聞くので
「ブルーベリー」「ブルーベリー」「ブルーベリー!」...と、十数回...。

ことばを覚えたり、言ったりするのは楽しいようで
朝起きるとすぐ、「あしー!」と練習している。寝る前も同じく「あしー!」とくる。

しかし、何でもかんでも「あし」と発音することについては
どうやら自分でも混乱するらしく、例えば、

ごはんの時、ママが「おいしいね」と語りかけると、みうちゃんは手で頭を押さえ
「あーし!」
...って、それは「帽子」...。

あるいは、「おちち(乳)」と教えてあげると、ママの胸にむかって
「フーフー」...。
それは「あちち」...。

ことば以外の変化は、

叱られると、笑顔で「バイバイー」と言ったり、「あしー!」と言ったり(ここでもか)
話題を変えようとしたり、ごまかそうとしたりする...。

そして、他の子どもに好きなおもちゃを取られないようにしたり、うばったりする。

さらに、自分の思い通りにならなかったり、叱られたりすると、人やものを叩く!

ここでさらに叱ると、さらに叩く、ので
「いい子、いい子して」と、「なでなで」するよう仕向けるのだが...、
どうするのが効果的なんでしょうかね。

あとは、

低い段差(歩道の縁石)を一人で上り下りできる。

独立記念日に、野外コンサート(最後に花火が上がる)に出かけたが
音楽も楽しんだようだし(というか、人ウォッチングが楽しかったのかな)
初めての花火にも「ハピピ!」と言って大興奮。


17ヶ月の「みう辞典」(パパの実家に里帰りしたので英単語が増える。)
(発音は、第一音に強勢)

て:手
あり:蟻
ベイビー:妊婦さんの大きいお腹を指して。
 (ママのお腹や胸を指しても言うけど、ど、どういうことなのかなぁ。)
かりだん:階段
き:木
あぱ:泡。転じて丸いものの総称。
あし:石
あし:星
ぺーぱー:(トイレット)ペーパー
かい:鍵
アック:トラック
うま:馬
シャー:サイ(動物)
しーしー:「しゅっしゅっぽっぽ」という電車の音。
しっぽ:尻尾
あか:赤
あお:青
しお:白
きいお:黄色
みおい:緑
もも:桃。転じて果物全般を表す。
ハピピ:花火
turtle: 最後の le は発音せず。
acorn: エイコーンとならず、アーコーン。
cat: 「カ」に近い発音。
bee
cow
key
Abner: グランマの飼い猫の名前(追いかけ回して3回もひっかかれ、大泣き)。
Jake: グランマの飼い猫の名前。ジェイクとならず、ジェイ。
 (追いかけ回したが、大目に見てもらう。)
blue
red
yellow
eye
ball: 英語らしく発音したり、「ボーウ」と日本語らしく発音することもある。
grandma: ほとんど「ママ」という発音。
Mat: パパの幼なじみの名前。最後のTは発音せず「マ」。
higher: 「高い、高い」から転じて「ブランコ」の意。
 Hを発音せず、「アイヤー」。(同音異義語である「タイヤ」や
 「太陽」との聞き分けに注意。)
See you.
yeah
oh, oh.

写真は後日。

6月(16ヶ月)の様子 

August 12 [Wed], 2009, 8:26
もう1ヶ月以上前のことですが...、

6月(16ヶ月)の一番大きな変化は、ことばの発達[注1]。

ただし、HやLなど、子音の発音はむずかしいようで、例えば、

「歯」が「あ」になったり、「星」が「あし」になったり。
でも、「葉(は)っぱ」は発音できることもあるし、
「ほ」だけ練習すると言えるが、「ほし」になると、どうしても「あし」になったり。

みうちゃんが「あし」と言うと、
「足」「帽子」「虫」「星」「美味しい」「石」「梨」のいずれか。ややこしっ!
(↑8月12日現在のことばリストから)

「石」が「あし」になるなど、母音も「い」と「え」はむずかしいみたいね。

それに、日本語と英語の両方を習ったときは、当然ながら簡単な方を選ぶみたい。

言葉以外では、

ままごと、らしきことを始める。例えば、

ぬいぐるみのくまちゃんに「んーまっ!」(ママがみうちゃんに
キスするときに発する音)と言いながら、抱きしめてキスしたり、

くまちゃんにオムツをつけようとしたり、

ダッキー(ゴム製のお風呂用おもちゃ)の歯を磨いたり、

かばんを腕にかけて歩いたり。

その他、

手遊び歌の手の動かし方が上手になる(The Itsy Bitsy Spiderとか)。

滑り台を一人で滑る(もちろん、下でパパかママが受ける)。

「ダーっ!」と言いながら、ジャンプしようとする(でも結局、屈伸運動)。

車やトラック、電車のおもちゃ、それに関する本
(「Toot Toot Beep Beep」など)が大好き。機関車トーマスのビデオが大好き!

どんな質問をしても、たいてい、「ノー」と首を振る。すでに2歳児的な「ノー」っぷり。

そうそう! 

大嫌いで「ぎゃーぎゃー」言って抵抗していたオムツ替えと歯磨き、
涙ぐましい(大げさか)努力により、楽しい「遊び」に変わる。

まず、くまちゃんにオムツをつけ始め
「くまちゃんは、上手にオムツがつけられるなぁ、いい子いい子ー!」と
褒めまくり、2週間ほど続けた頃、どうやら自分も褒められたいと思ったのか
おとなしーくコローンと転がってくれるようになる。

歯磨きは、いつもパパがしてくれるのだが、
みうちゃんにパパの歯を磨かせ、パパがみうちゃんの歯を磨く、
というようにし始めた途端、どうやら歯磨きが楽しくなったみたい。


[注1]16ヶ月の『みう辞典』(出てくる単語は、つねに第一音を強く発音すべし。)
みう:自分の名前
あし:足
め:目
あな:鼻の意(確かに穴もあるね...)
くち:口
みみ:耳
あそ:へそ
アイオン:ライオン
ちょちょ:ちょうちょ
にゃーにゃー:猫
いんご:りんご
チー、またはチース:チーズ
あーし:帽子
ほー:本
アイヤ:タイヤ
アイヨー:太陽
カッ:アヒルの「クワッ」という鳴き声、転じて鳥の総称。
アッキー:ダッキー(ゴム製のお風呂のおもちゃ)
あしゃ:電車
シャー:シャワー
ピザ:ピザ
あっち:あっち
あちち:熱い、暑い。必ず「フーフー」しながら発する。
シー:必ず、口に人差し指をあてて発する。
あしゃ:「よいしょ」の意。(最初は適当にママの真似をしていただけだったが、
 階段を上り下りするときや、座るときなど、おばちゃんママ的にも適切な時に
 発するようになる。)
アップ:階段を上りながら(下がりながらでも...)、あるいは歌詞に合わせて。
ここ:ここ
あーし:美味しい
いーこ、いーこ:いい子、いい子
ないない:いないいない(ばぁ)
アーワー:ハイファイブ
あちん:ごちん(赤ん坊の頭を天井にぶつける、というパパの実家の
 伝統儀式をするときに発する。)
おちた:落ちた(自らわざと物を落としたときにも使う。)
ug: hugの意。
hole: Lはほとんど発音されず、「ホウ」という感じ。
knee: やっぱり、「ヒザ(膝)」より言いやすいわな。
car: 最初はRの発音が弱く「カー」だったが、次第にRも強くなってきた。
その他、「〜を持ってきて」と言うと持ってくる。「くるくる」と言うとその場でくるくる回り始める。

新たなベビーサインは、「本」「どこ」「鳥」「食べる」「リス(「痛い」と同じになっちゃっているが)」「おしまい」「飲む」。

公園で、「あそこに鳥がいるよ」(指を指して「鳥」のサイン)と教えてくれたときには、ママ、静かに感動。)

写真は、また後日。