鶴岡と矢吹俊郎

February 02 [Thu], 2017, 18:53
針を体に刺す…。,

ペットなどから感染する場合もある急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですがウイルス性の感染による腸炎の場合は、強い腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱も出るのが違いです。

針を体に刺す、という無数の刺激が、神経細胞の働きを盛んにさせて、神経インパルスと呼ばれている、言うなれば電気信号の化学伝達を誘発すると言われています。
よく「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「除去すべきもの」と思われがちですが、実際は、人類は多少のストレスを抱えるからこそ、生活し続けることに耐えることができるのです。
人間の耳の内部構造は
、ざっと「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分けることができますが、この中耳の辺りに鼻の奥からバイ菌やウィルス等が感染し、痛みや腫れが起きたり、膿が溜まる症状が中耳炎なのです。

日本人の3大死因の1つである狭心症の外科的な施術としては、ほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」、「大動脈冠動脈バイパス手術」の2つの術式が標準的に活用されています。

HMSの研究によると、1日当たり2カップ以上のデカフェのコーヒーを飲用する人は、すごいことに直腸ガン発生リスクを5割も和らげられるということが明らかになった。
快食快眠、暴飲暴食の抑止、続けられるスポーツなど、使い古されたように言いつくされてきた健康への慈しみがお肌を含めたアンチエイジングにも大きく影響するということです。

日本人の3大死因の1つである狭心症の外科治療としては、大多数の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈バイパス移植術」という2つの治療方法がしきりに扱われています。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンについては、それまでの膨大な研究の結果、予防接種の効果が現れるのは、ワクチン接種日の14日後から5〜6ヶ月程だろうと想定されているようです。
くしゃみや鼻水、目のかゆみ、喉の奥に何かが詰まっているような異物感があるなどの花粉症の諸症状は、スギやヒノキなどの花粉の飛び散る量によって症状が重くなってしまう特徴があると聞いています。

昨今、若い世代で日本の重大な感染症のひとつである結核に打ち勝つ免疫(抵抗力)を保有していない人々の割合が高くなったことや、自己判断のせいで診断が遅れることが主因の集団感染・院内感染が毎年増えています。
基礎代謝量というのは、人間が横たわっている状態で生命を維持していく(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持等)のに大切な必要最小限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
抗酸菌のひとつである結核菌は、肺結核を患っている人が「せき」をすることによって一緒に空気中に散り、空気中で浮いているところを違う人が空気と一緒に吸い込んでしまい空気感染するのです。
植物に含まれる化学物質であるフィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の解毒酵素の円滑な産出活動を支えているかもしれないということが見えてきました。
明治の初期、日本人に多発した脚気(beriberi)の症状は、大抵は手や脚がマヒしたり、ふくらはぎのむくみなどが目立ち、症状が進行すると、酷い時は生活習慣病である心不全を起こす症例があるのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオリ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/palmvrirzerbe0/index1_0.rdf