続・ワトソもあるけば〇〇に当たる 

2009年02月16日(月) 22時00分
前回の続きです。




ロフト出てですね、まだまだ時間があったので本屋巡りをしました。





ボクは本屋に行くと話題の新刊→映画関係→手品関係の順番で見ます。





手品関係の本というのは少ないんですけどね。





ジュンク堂や紀伊国屋のような大きな本屋でも少ししかないです。





数年前にあったマジックブームの時はたくさん置いてありましたけどね。





ブームが去った今はね・・・。





ところが天王寺の駅裏の本屋で結構置いている店を見つけたのです。





ボクは嬉しくなって時間もあるので少し立ち読みしていました。





少し見ては本棚に戻して次の本を取り、また戻しては次の本を取るというのを繰り返しました。





そんな事をしていると1冊の本が視界を通りすぎました。











ん!?





見間違いか!?





今凄い本を見つけた気がしたが・・・





しかし、まさかあるハズないし・・・





もう1回見てみよう・・・


















・・・・・。





ボクの心臓と時間は一瞬止まった。





これは・・・





 
The Expert at The Card Table
S.W.アードネス著






の全訳本





プロが明かす
カードマジック・テクニッック






あのダイ・ヴァーノンにバイブルとまで言わせ初版の1902年以来100年以上経った今も世界中のカーディシャンに愛される名著が何故こんなところに・・・。





凄いお宝本を見つけましたよ。





え?ピンとこない?





そもそもダイ・ヴァーノンが誰か分からない?





OKOK





説明しましょう





ダイ・ヴァーノンとはマジック界の・・・
















です。





神の若かりし頃のお姿です。








こんな表現では逆に分かり難いですか?





それならば別の言い方をして





マジック界のアインシュタインではどうですか?





どれだけ多くの才能が生まれようとも決して誰も超えることができないであろう頭脳と感性を持った存在。





数え切れないほどの輝くトリックと伝説を残した人物。





例えば誰もが1度は見た事があるであろうカードマジックトライアンフを産み出したのは彼です。







例えば定番の人気カードマジックアンビシャスカード(真ん中に入れたカードが1番上に上がってくるマジック)を現在の形にしたのも彼です。

補足
アンビシャスのプロット自体はヴァーノンのオリジナルではなく昔からあった物です。
しかしティルトという技法を考案しルーティンに組み込み多くのマジシャンや観客を魅了するマジックに進化させたのは彼です。


さらに例えば





ヴァーノンがプロマジシャン達にレクチャーを行った際に驚きのあまり声も出なかった事があるそうです。





もちろん彼らはトリックを知っていたのですがヴァーノンの起こした消失現象が完璧過ぎた為にプロマジシャンが見ても本当に消えたように見えたと言うのです。





ヴァーノン自身が「もしかして失敗したから拍手がないのかな?」と困惑してしまうほど驚いたと。





ダイ・ヴァーノン・・・





まさにです。











その神をしてバイブルとまでとまで言わせたのが






The Expert at The Card Tableなのです。





この本の全訳本は1989年に出版されていますが、この頃ボクはカードなど全く興味がなかったので存在すら知りませんでした。





後にカード好きになりThe Expert at The Card Tableの存在を知った時は欲しくて探しまわりましたが既に絶版になっていました。





「それだけの名著なのに絶版なの?」と思うかも知れませんが本当にね





この手の本はマーケットが狭いんですよ。





日本は欧米と違ってカード文化が乏しいでしょ。





友達とブラックジャックとかポーカーとかブリッジとか徹夜でするよって人どれだけいます?





麻雀ならいるでしょうけどカードゲームはほとんどいないでしょ。





公営のギャンブルにしてもカジノはないでしょ。





すると欲しがる人はマジシャンとかカードフリークに絞られる訳ですよ。





ところがマジック関係の書籍のマーケット自体が狭いからThe Expert at The Card Tableが名著でも厳しいものがあるんですよ。





まぁ、それでもボクのように欲しがる人もいるワケで





そんな人達のために復刻してくれるところもあるんですけどね。











300票集まると復刻してくれるみたいです。





この300票すら厳しくて中々集まらなかったりするんですけどね。





現在141票なので数年かかるかもですね。





前回300票集まったのは2006年だったと思うのですが、この時ボクは入手する事ができず次回こそはと意気込んでいたのですが今回入手したのが前回の復刻分のようです。





ふぅ・・・





クククッ










「笑いが止まらないw」とはまさにこの事です。







ワトソも歩けば〇〇に当たる 

2009年02月09日(月) 22時00分
さてさて皆様お久しぶりです。

気が付けば2月。

1月は1回も更新しないまま約40日ぶりの更新です。

本当に今さらですが

あけましておめでとうございます

と言わせて下さい。






先日ですね、人と待ち合わせをしてました。



場所は天王寺という所なんですけどね、ボク早く着いちゃいましてね。



普段から早めに行って待つタイプなんですけどね、この時は本当に早く着いてしまった。



諸事情でね。



数時間早く。



困りました。



時間潰そうにも天王寺ってよく知らないんですよ。



まぁ、仕方がないのでブラブラ歩いてみました。



ボクの興味を引くような店とかもないんですけどロフトがあったので立ち寄ってみました。



このロフトってのは面白い雑貨がたくさん置いてあって楽しいんですが、ゲームやパズルの売り場にはカードもあるんですよ。



いつも必ず立ち寄るんですけどね。



そこでね



見つけちゃいましたよ。



コレを。




Bicycle Limited Edition Series



これは完全限定生産のBICYCLEの新シリーズ。



すでにネット上のマジックショップでも売り切れていると聞いていたのだが・・・。



ロフトってスゲェ!



それとも限定とは名ばかりで普通に大量生産されてたりするんかな?



それならそれでいいんですけどね。



だってデザインが凄くイイ。







カラーリングも特徴的。



画用紙にエンピツでデッサンしたものを完成品としたような印象。



フェイスのデザインは通常のものと同じようですがジョーカーだけ違うみたいです。



そしてケースとジョーカーにはシリーズ1を証明する1がデザインされています。



全部で10シリーズになるそうですが、それぞれにシリーズが分かるように数字がデザインがされるみたいです。



とりあえずテンションが上がって







3つお買い上げ〜♪



時間潰しのためにブラブラしてたのに、こんなお宝に巡りあうとは。


進化した吉牛 

2008年12月31日(水) 21時00分
先日ですね、昼飯に吉牛を食べました。

ただ牛丼が食べたくて入っただけなのですが驚きました。

外観は至って普通の吉牛で、店に入っても最初は気づきませんでした。

その店舗はですね、テーブル席が結構多くて、テーブル席に座りました。

注文しようかと思ったら『おしながき』と書かれたメニューが置いてありました。

この初めての経験に驚いていたら店員さんが「ご注文が決まりましたらベルでお呼びください」と。

見るとファミレスで見慣れたアレが置いてあったワケです。

そして注文して商品が運ばれてきた際には伝票も置いていかれました。

店内を見るとレジは1台のみで伝票を持って行って支払うシステムです。

これはですね、もうボクの知っている吉牛ではないです。

でも進化しています。

だって、また来たいと思いましたから。

従来の吉牛の良さとファミレスなどの良さがミックスされたような印象です。

ただ「ごゆっくりどうぞ」とは言われませんでしたけど。

まぁ「ごゆっくり」されたら回転率が落ちますから当然ですかね。

もし禁煙でなければスモーカーなボクは「ごゆっくり」してやったのに残念です。



それでは皆様 良いお年をお迎え下さい。

来年もボチボチ更新して参りますので宜しくお願い致します。

メリー・クリスマス 

2008年12月27日(土) 22時00分
も終わり2008年も残り僅かになりました。





寒さも厳しくなってきましたが高い所に登ってみました。





地上170mはビル風も強く寒い。











その夜景は美しい











だけどもだけども、ボクは高い所が苦手なのです。





例えガラスが厚くて安全だと分かっていても、後ろから押されたりしたら手が汗ばんでしまうのです。





しかし怖いのは真下を見るから。





遠くの夜景を見れば、その美しさ以外の全てを忘れます。





寒さも高さも忘れて、光輝く夜景に酔ってしまうのです。





裁判員制度 

2008年12月07日(日) 22時10分
運用開始まで半年を切りましたね。

裁判員候補者には最高裁判所から通知されCMも行われています。

候補者は約30万人で「ふ〜ん」と思いましたが、全有権者の350人に1人の割合だと聞くと身近なものだと思いました。

ボクの周りで候補者になった人はいないみたいですが。



いかなる制度でも完璧なものはなく賛否両論あるものですが、この裁判員制度は特に未知数な部分が多いように思います。

ボクは裁判員制度に対して疑問を感じます。

裁判を早く終わらせたい陪審員達は十分な審議をせず少年を有罪にしようとします。

ヘンリー・フォンダ扮する8番が真実を追究しようとして熱い議論がなされ少年は無罪になります。

名作「12人の怒れる男」です。

エドワード・ノートンが巧みに誘導して陪審員の判断を二転三転させ「判決売ります」のメモを弁護士に送りつけます。

映画「ニューオリンズ・トライアル」です。

仕事を休んでまで裁判員をやりたい人などほとんどいないでしょう。

実際、最高裁への問い合わせの半数は辞退に関するものだったそうです。

そんな中で十分な議論がなされない事はないのでしょうか?

同じ模擬裁判の判決で有罪と無罪(8回と7回?)が綺麗に分かれたようですが、この判決の不安定さでいいのか?

重大な刑事事件の一審においてのみ裁判員制度が運用されるとの事ですが、そんな中で世論やメディアの影響を受けずに判断が下せますか?

テレビや新聞を通じて認知している被告を非難するのとは違います。

身近で生身の人間として認知している被告の人生を左右する判断を迫られるのです。

時には命を奪う判断をも。

間違いは許されません。

やりたくないと思うのは当然でしょう。

裁判員制度は前途多難に思えてなりません。

生きてます 

2008年11月29日(土) 8時00分
御無沙汰です。

平穏無事に生活していますが何やら知らぬ間滝壺落ちて行方不明にされています。

人の噂とは恐ろしいものです。

おそらく世界の超常現象未確認生物はこのようにして作られたのでしょう。

声を大にして言います。



滝壺には落ちていませんから!


ちょっとサボってただけですから!



そんあ訳で長らく更新を休んでしまいましたがボチボチ再開しようかと思います。

これからも宜しくお願い致します。

TAKI 

2008年10月18日(土) 22時00分
マイナスイオンを浴びるために行ってきました。



落差46mを誇り糸状に流れ落ちるのがポイント○○の滝です。



空いてたし良かった良かった。

というか観光スポットとは思えないほど過疎っている上に未整備

土産物屋はおろかトイレもない。

勝手に見て勝手に帰ってぇ〜的なノリでした。

なんか4台ぐらいしか駐車できない駐車場もあったけど、「あれは公民館(?)の駐車場でしょう」とツッコミたいぐらいです。

穴場度は素晴らしいかもしれんが・・・。



そんな間借りしているかのような駐車場から45度以上あると思われる急な徒歩で数分。

やっと到着したポイントから撮ったのが1枚目の写真です。

さらに2枚目3枚目の写真を撮るために奥の細い道へと足を踏み入れたのですが・・・

なんと蜘蛛の巣に捕獲される!!!

入り口付近蜘蛛の巣があるとかどんだけ人が来てないんや・・・。

奥の細い道と表現しましたが正確には奥の獣道でした。

安全のためのロープとかがあるワケでもなく足を滑らせたら滝にダイビングできる感じでした。

地味に



そして獣道の終点がココ。

ここから撮影したのが2枚目と3枚目の写真です。

観光スポットとしては条件を全く満たしていない場所でしたがマイナスイオンだけはモリモリあって癒されました(・・・ような気がする)

ちなみに写真に写っているのはボク(=ワトソ)です。



しゅ〜かぁ〜いぃ 

2008年10月16日(木) 22時00分
突然で申し訳ない(とは思っていない)のですが明日集会をしたいのです。

17日 金曜日 23:45 フリマ10ー5集合

でおいします

ん〜〜〜、すぎて無理かな?

と言うか、みんな毎日ブログ見てくれてるんかな?

元々毎日更新ではない上に時々更新滞るからな。

となると集会までに記事読まれるかどうかも怪しいなぁ。

でも前回の記事コメントは早かったしな。

まっ来れる人は来てください。

バナナとタイタニックと日本人 

2008年10月14日(火) 23時59分
お久しぶりです。

突然ですが・・・バナナ食べてますか?

何やら巷ではバナナ売り切れだそうで。

理由はバナナダイエットなるものが流行っているからだそうで。

なんでも有名人もやっているとかやっていないとか。

ん〜〜〜、別にイイんですけど国民性を表すかのような現象だと思いました。

(流行に疎いのですが、昔紅茶ダイエットなるモノもあったような気がします。)

この国民性を表す面白い小咄を耳にしました。

沈没寸前のタイタニック号から救命ボートで脱出を試みる人々。

船長は女性と子供を優先するように指示する。

しかし色々な国の人がいるため船長は国民性に合わせた説明をするという。


イギリス人に対して
「女性と子供を救えば貴方はジェントルマンになれる」


アメリカ人に対して
「これで君もヒーローになれる」


ドイツ人に対して
「そういう決まりになっております」


日本人に対して
「皆さんそうしていらっしゃいます」


さて如何でしょう?

皆さんどう言われたいですか?

メイプルの孤島 

2008年09月27日(土) 23時00分
メイプルには期間限定MAPというものがある。

期間が終了すれば行く事ができなくなるMAPなのだがパッチ前に脱出しなければ当該MAPに閉じ込められて出てこれなくなると聞いた事がある。

「ふ〜ん、気つけよ〜」ぐらいである。

だが先日、興味深い拡声器を見た。



どうやら孤島に取り残された人の悲痛な叫びのようだが、これを見た瞬間その閉鎖空間に行ってみたくなった。

どんなところなのだろう?

普通に狩りはできるのだろうか?

他人と出会う事はあるのだろうか?

閉じ込められた人は多くはないだろうし、閉じ込められたキャラでINする人は少ないだろう。

想像すればするほど不思議な空間だ。

そんな空間が出会った人間はどんな会話をするのだろう?

興味が尽きない。



本人はそれどころでは無いようだ。

おkおk、一緒に方法を考えてやるか。

誰かが叫んだ。



確かにこれは可能性がある。

そもそも閉鎖MAPに閉じ込められたキャラはINすらできないと思っていたが、INはできるし拡声器で叫ぶ事もできる。

システム的な事は分からないが、これは閉鎖MAPとワールドがどこかで繋がっているという事だろう。

それに拡声器を使ったと言う事はSHOPも利用できるという事だ。

(元々所持していた可能性もあるが。)

しかし単なる可能性に過ぎなかったようだ。

その後しばらく待ってみたが、彼の「生還できた♪」と言う拡声器は流れなかった。

それどころか彼の拡声器自体が流れなかった。

漂流者よ、安らかに眠れw

2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» 続・ワトソもあるけば〇〇に当たる (2009年06月16日)
アイコン画像わとそ
» 続・ワトソもあるけば〇〇に当たる (2009年02月24日)
アイコン画像んじゃっ
» 続・ワトソもあるけば〇〇に当たる (2009年02月24日)
アイコン画像ぽぽ
» 続・ワトソもあるけば〇〇に当たる (2009年02月18日)
アイコン画像でみでみ
» 進化した吉牛 (2009年02月01日)
アイコン画像わとそ
» 進化した吉牛 (2009年01月04日)
アイコン画像はなこでみ
» 進化した吉牛 (2009年01月04日)
アイコン画像ぽぽ
» 進化した吉牛 (2009年01月02日)
アイコン画像しげ
» 進化した吉牛 (2009年01月01日)
アイコン画像わとそ
» メリー・クリスマス (2008年12月31日)