隙間

November 22 [Sun], 2009, 23:43
埋めても埋めても
埋まらない

いくつもの

November 12 [Thu], 2009, 10:13
いくつもの
もしもを孕んで過ぎ行く毎日

私はいくつもの可能性を見ては
過大な妄想に飲まれていく

何が幸せかなんて
そんなんわかったもんじゃない

幸せは自分が決めるなんていうけど
目の前に並べられた輝く幸福たちを
選ぶというこの状況がすでに幸から離れて


だから迷わないように
幸せの道を教えてほしい

手を離さずに
固くにぎりしめていて

きっとふたりなら
迷ったとしても幸せだから


疾風のように
ほんのすこし強引にさらっていって

もう
迷わなくていいように

知らなくていいこと

October 06 [Tue], 2009, 12:59
愛とか 恋とか
知らなければよかったのか

そうしたら
苦しむことも 苦しめることも
しなくって済んだのに

どうして人は
誰かを愛さずにいられないのか
独りで生きていけないのか

こんな気持ち
知りたくなかったよ と
あなたは嘆くでしょうか


私は......

October 06 [Tue], 2009, 1:28
今日も窓の外は雨


もう あの日から 私は外に出られない


雨がひどくて 出られないのです


雷鳴止まず 集中豪雨


もうなにもかもに疲れたならば
いっそ雨のせいにして
もう何処にも行かなきゃいいよ


遡及すれば止まらない
過去を振り返ってもどうにもならないなら
立ち尽くして泣けばいいわ


もう泣くことも疲れたから
全ての感情を流しましょう


雨は流してくれる
全てを無に返してくれるでしょう


全てを忘れれば 楽になれるの?


答えは 返ってこないけれど

落下する言葉

October 01 [Thu], 2009, 13:26
わからない

信じるものなんか


でも

見えないなにかを私は信じたい


正しい答えなど あるのですか?

世界

September 30 [Wed], 2009, 23:24
たとえ それが遠回りだったとしても

本当に正しいことならば

いつかは 辿り着ける

本当の未来に

だって 世界は

そういうふうに 出来ている

September 29 [Tue], 2009, 6:27
どうして

もう

September 29 [Tue], 2009, 6:17
もう 大声を出して泣くことも出来ないのです

大声を出して泣く場所もないのです


私はもう泣かないと決めたのだから

要らない そんな場所は


そう 思っていたのに


だから 私は誰にも見つからない場所で

瞳の水は捨ててこよう


大きな声をあげたいのは

自分が壊れてしまいそうだから


繋ぎ合わせる 精一杯の抵抗は

小さな強がりしか ないんです


本当の私は ありのままの私は

死ぬほどだめな人間なのです


偽って生きることは 辛く苦しいものです

痛みはいつ傷となり癒えるのか


かさぶたを作るには 時間がかかるのです


そうして きっといつかは傷が

癒えて傷のことさえ忘れ行くのでしょう


それがあなたの幸せならば

私はそうするしか ないのです

最低

September 26 [Sat], 2009, 12:52
私は最低なことをした。

絶えない

September 25 [Fri], 2009, 17:53
ひとつ欲しくて
手に入れて

満足すりゃいいのに
できなくて


ひとつじゃ満足できないのです
すべてが 欲しくなるのです


でも 怖くて
その実を求める私のこころが
あんまりにも 汚いから

常に恐怖と隣り合わせ
この欲望は 正しいのですか?
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ウリ仔
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
読者になる
日常考えていることをつらつらと書いてみる。
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/palettes/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE