ゲーム紹介2

March 21 [Mon], 2011, 3:18
もちろん、試練に打ち勝ち、王となるだけではただのシュミレーションゲーム。

プリンセスシュミレーションであるパレドゥレーヌでは、プリンセスとして着せかえを楽しんだり、恋を楽しむことができます。

見目麗しい騎士達をはじめ、領主たち、宰相、執政官、侍女、協会という謎の組織の者…モブ以外のあらゆるキャラとのEDを迎えられるのです。

そのためには、各地の領主に働きかけて自分の支持をするように戦略を練りながら、攻略したい相手を落とさなくてはいけません。

〜週目までに〜しないと〜なキャラもいたり、思うとおりのEDを迎えるには頭を使うこともありますが、そこは親切設計です。

戦略部分は執政官に完全に任せることが出来るし、メインの騎士7人は通常難易度であれば自動的に攻略できます。
執政官は特定の騎士さえ雇えば自動的に攻略できるし、侍女は何をしなくても最初から落ちています。

ただし、このゲームが難しいのはそこからで、メイン以外の騎士、領主、その他キャラは自分で攻略しなくてはいけないのです。

複数股掛け可能で、やりようによっては同時に沢山のキャラを攻略できますが、そのためには頭を使います。
また、自力で戦略パートも攻略していた場合。
恋にばかり力を注いでいると、宰相に負けてしまいますので、領主への働きかけをおろそかにすることはできません。

ここに苦労しますが、それがやりがいがある点でもあります。


王女が勝った場合、負けた場合で各キャラとのEDが変わります。
それ以外で大半のキャラを暗殺した場合、禁断の手を用いた場合…など、数多くのEDが存在しています。

また、各地では毎週起こる出来事が変わります。
暴動が起きれば鎮圧しなくてはいけない、領地が外敵に襲われて危険に晒されたら助けなくてはいけません。

騎士は一駒ずつしか進めませんし、敵対領地を越えて移動することができません。
そこでどこで誰に何をさせるか、それは次の週にも繋がるのでよく考えなくてはいけません。


そのため、何周やってもマンネリ化することがなく、常に新鮮で真剣に頭を捻りながらプレイすることになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモ
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-乙女ゲー(パレドゥレーヌ、薄桜鬼、ネオロマンス、VitaminX・Z)、RPG(空の軌跡、ドラクエ、ポポロクロイス、Mother、プリンセスクラウン)ほか、アトリエシリーズ等が好きです。
    ・動物の世話-たくさんの動物と暮らす動物好き
    ・音楽-合唱、声楽等に興味があります。
    クラシックが好き。
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/palaisdereine/index1_0.rdf