百戦錬磨のつわものども

January 24 [Thu], 2013, 14:18
クラシックギターを習おうと思うのだけれど、中々、理屈めいた話につていいけない。
楽器は理屈ではないと強く思う人だ。
しかし、ここ最近、自分のギターが余りにも下手だと周りから指摘され、納得してしまう。コード弾きなら、まだ簡単なのだろうが、このジャンルにあった曲という考え方が出来ないでいる。
とあるコンサートに参加予定なのだが、アコースティックでクラシックをある。色々弊害はあるのだが、なんせ、ギター自体が壊れているので、一体何をしにいくのかという。
おそらくコンサート自体には百戦錬磨のつわものどもが、楽器をじゃかじゃか弾き鳴らし、歌い始めるであろう。なんせデモ音源を送ってから、僕だけ、出演時間が10分なのだから。
五千円払って10分。周りの人が芸人っぽいのばかりで、恐らく僕の演奏を聴いた人は、お笑い芸人だと思ったに違いない。それも全て知人にい言わせると自己流癖がいけないようだ。
なんでもその道を教えてくれる人に、習った方が確かに上達は早い。教える側もプレイヤーとしての天才という人はいるが、先生はその人に応じて、必要なモチベーションだったり、技術を教えるのだろう。
その昔、グランジが流行った頃、ギターはチューニングなどしなくてもいい、何か面白いパフォーマンスをやればいいのだと思っていたが、全くの間違いだと気が付く。当たり前なのだけれど、なんせ我流とはよくないものだ。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あなたの
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pajama52/index1_0.rdf