そういえば

November 15 [Sun], 2015, 10:49
七五三の日ではないか。

上の子はまだ二歳になってすぐに数え年で三つのお祝いをした。

イヤイヤ期は脱していたし、我も今ほど強くなかったので、あまり世話がなかった。ちゃんと被布を着て、大きすぎる千歳飴を引き摺って、ニコニコ歩いていた上の子だった。

小さい子の被布姿は可愛いので、丁度いい時期にお祝い出来てよかったなぁと思ったのだが、家族以外の人達からの評判は思いの外悪かったのである。

「自分の子供の歳すらまともに数えられないの?」

という嘲笑から、

「今時古臭い風習に囚われてる」

とか、

「髪の毛がアップ出来ないうちにやるのは可哀想」

とか。

今は、満年齢で小さい子でも振り袖やドレス等を着付けてやるのが普通だというので、おかしいと言われてしまったのだ。

写真も人気スタジオで撮らなかったからという事で、将来結婚披露宴にどんな写真出さす気なのか!子供に愛情はないのか!と、こんこんと説教されてしまった。

正直、腑に落ちないものを感じるが。

じゃあ今時のこの地方では七つのお祝いはどうしているのだろうと、仲のよい園ママさんの一人に聞いたら、


小学校一年生でやるのが普通かなぁ、との事。


小学校じゃあ、子供も友達同士でかなり情報交換するし、皆がやってる時期に一人だけしてないと、「可哀想な子」「おかしい子」と言われて悲しい思いをするだろうか?

写真屋さんのブランドまでわかる様になっていたりして。

けれどもその頃になれば祖父母・曾祖父母も老齢でいつ何があるかわからないし、たった一年だが遅らたら上の子の晴れ姿を見せられなくて、とても後悔することになるのでは?


悩ましいのである。


これも人に言えば「子供より年寄りの都合を優先するなんてとんだ毒親だ!」みたいに言われるんだろうなぁと思いつつ、試しにある人にいってみたら、本当にそう言われた。


ちなみに、私自身は子供の頃に七つのお祝いは数え年でしてもらったが、丁度よかったと思っている。私の頃は数え年でするか満年齢でするかは、子供の発育を見て柔軟対応な感じだったので、それで仲間外れなどはなかったのである。

私は小学校に上がった途端に急にむくむくと太だし、容貌がおばさん臭くなって子供時代のかわいさが見る影もなくなったので、まだ幼少時の雰囲気が残っているうちに晴れ着姿の写真を撮って貰えて良かった。

大きな女の子を持つママさんに聞いたところ、やっぱり小学校入学前後で女の子は劇的にかわるものらしい。

(ま、劇的に変わるから「節目」とされているのだろうけど)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぱぃぱぃ
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ぱぃぱぃ
» ちっさい巨人 (2015年09月07日)
アイコン画像百目鬼カノヱ
» ちっさい巨人 (2015年09月06日)
アイコン画像ぱぃぱぃ
» 上の子の何で何で攻撃 (2015年08月05日)
アイコン画像百目鬼カノヱ
» 上の子の何で何で攻撃 (2015年08月05日)
アイコン画像ぱぃぱぃ
» 上の子の何で何で攻撃 (2015年08月05日)
アイコン画像百目鬼カノヱ
» 上の子の何で何で攻撃 (2015年08月05日)
アイコン画像ぱぃぱぃ
» 甚平 (2015年08月04日)
アイコン画像百目鬼カノヱ
» 甚平 (2015年08月02日)
ヤプミー!一覧
読者になる