【 更新情報 】

スポンサードリンク

ムンクの歴史を学ぶ

ムンクの歴史は19世紀にまでさかのぼります。ムンクはノルウェー出身であることから、ノルウェーでは国民的な画家としてもよく知られています。その象徴として、ノルウェーの紙幣にムンクの肖像が使われています。

ムンクの作品には「歴史」と題されたものもあります。1914年に制作されたものです。岩の上に座っている老人が少年に歴史を語っているところを描写したもので、背景にムンク生誕のノルウェーを象徴するフィヨルドがあらわされています。

また、ムンクの「叫び」と「マドンナ」というムンクの代表的な作品が、所蔵されている美術館から盗み出されたこともあるほど、ムンクの作品は多くの方に愛されていると言えます。

ムンクの作品は人間の悪い面なども表現しており、他の画家とは異なった形で表現していることでも特徴的です。

ムンクの「叫び」とフェイシャルヨガ

ムンクの名画は、ムンクの歴史を辿っていく上で知ることができます。ムンクが1890年代に制作したと言われている「叫び」から始まり、「吸血鬼」や「接吻」、「灰」などが名画として知られている作品に挙げられます。また、ムンクの作品の共通テーマとしては「死」や「愛」などです。

ムンクというと、有名な「叫び」という作品の表情を真似する方が多く、「ムンク顔」と称してフェイシャルヨガに取り入れている方も居るそうです。高津文美子さんが推奨する「ムンク顔」を作ることで、表情筋がよく動き、顔が引き締まるそうです。実際に、昔の写真とムンク顔を実践した後の高津文美子さんの写真を比べてみると、ムンク顔を実践した後の写真の方が、頬の部分が引き締まっていることが分かります。

ムンク顔は「メレンゲの気持ち」や「おネエmans」などのテレビ番組でも紹介されたことがあり、ネット上でも話題です。

ムンク顔の作り方は簡単です。ムンクの「叫び」に出てくる顔のように口を縦に大きく開け、鼻の下を伸ばします。目線は上に向けます。そして、目をつぶることで、まぶたの下の筋肉が鍛えられるそうです。

ムンク展

ムンクの作品は、各地の美術館で「ムンク展」と題して個展が開かれることがあります。ムンク展によって、ムンクの歴史を絵画から読み取ることができます。ムンク展では、ムンクの名画と呼ばれる作品が、多数、展示され、ムンクの名画の中には、絵画や油絵に興味の無い方には知られていないような作品もたくさんあります。ムンク展で展示されたムンクの作品には、代表的な「不安」や「生命のダンス」などがあったそうです。

ムンク展が開催された美術館の一つである「兵庫県立美術館」では、第一章から第七章の構成で「フリーズ」と呼ばれるムンクの特徴的な形態を存分に表現したものとなったため、有名な「叫び」は展示されなかったそうです。しかし、ムンクらしいタッチの絵ばかりが飾られ、ムンクの世界観を楽しんだ方も多かったと言われています。

それから、東京上野の「国立西洋美術館」でもムンク展が開かれたことがあります。兵庫県立美術館と同じように、ムンクの「叫び」は印刷されたものが展示されていたそうです。最終日は混雑したようで、館内に入るまで20分待ちということもあったと言われています。ムンクの作品のポストカードなども販売されていたそうです。
P R
カテゴリアーカイブ