大空よりも 

2006年05月25日(木) 19時05分

 永遠の想いなど
 この世に存在しやしないと
 ずっと思ってた

 だからまたこの恋も
 すぐに終わって新しい恋が待ってると
 思って簡単に君を見た

 時が経てば大きくなった想い
 それも今は伝えることもできない


 君に出会わなければ

 永遠の想いなど信じなかった
 きっと今 こんなふうにならなかった
 後悔の反面

 君と出会わなければ

 そう想う

 伝わらない想い今 この大空よりも大きい

                  @大空よりも@ 春空

涙のワケ 

2006年05月25日(木) 16時18分

 止めどなくあふれる涙
 理由なんてわからない
 ただ苦しくて止まらない

 きっと 気が付いてしまったのかもしれない
 君のいない悲しさに


 46時中 頭の中にいる君の存在
 忘れることは出来なくて
 それでも君は今も新しい道を進んでいる


 とめどなく流れる空白の時間
 どんなものだって彩っていたこの道も
 今ではシルバーに染まる

 きっと 気づいてしまったんだ
 もう君にこの思いを伝えられないことに

 
 46時中 心の中にいる君
 ただ思うだけで君に届けばいいのに
 一分一秒だけでもいいからあの頃に戻りたい


 君を失った苦しさがこみ上げて
 声も出なくて
 本当に君のことがすきなのに
 伝えられなくて

 止めどなく流れる涙に 君への思い
 全て流れてしまえばいいのに
 
 
            @涙のワケ@ 春空

相合傘 

2006年05月25日(木) 16時17分

 夕焼けに染まる教室の黒板
 ずっと片隅に
 
 僕と君の名前

 素直になれない自分が今ここにいて
 黒板に本当の気持ち

 そんなもの書いたって
 君に届くわけないのに 君が振り向くわけないのに

 夕焼けに染まる教室の黒板
 ずっと片隅には

 君の名前と違う人の名前

            @相合傘@ 春空

並んだ影を 

2006年05月24日(水) 19時43分

 二人 並んだ影見つめながら
 ぎこちない会話交わしていたあの日
 照れながら楽しそうな笑顔を魅せる君が
 今もまだ目に焼きついている

 時間の大切さと 君といられた幸せに
 失ってから気づいても
 それは遅すぎて
 君はすでに他の人と新しい扉開いていた

 季節が過ぎ行いて
 君と過ごした季節がまためぐる
 勝手に動き出す 足
 君と過ごしたあの場所へ


 一人 君と見た景色見つめる
 夕陽に照らされできる影はもう一人ぼっち
 ただもう一度だけでいいから
 君と並んだ影を見ていたい

 もう一度だけでいいから
 心から愛を感じられる君の笑顔を

 二人並んだ影を君とまたもう一度だけ

              @並んだ影を@ 春空

矛盾 

2006年05月24日(水) 19時40分

 少し大人になった気分で
 世の中わかったふり

 それでも馬鹿みたいに笑う
 矛盾だらけの僕に優しく愛を与えてくれた君
 
 どこか心は壁も消えて
 気が付けばこの瞳には君が映る
 
 

 だけどいつでも隣にいてくれた君は もういなくて
 この場所からいくら叫んでも
 もう君の耳には届きはしないんだ

 
 矛盾だらけの僕に君がいる
 それで何かが成立しているような気がして
 何も考えず笑って過ごしてきた

 だけどもう君は
 矛盾だらけの僕の隣に君がいなくて
 気持ちまでも矛盾に変えていく

              @矛盾@ 春空

強がりDays 

2006年05月23日(火) 20時48分

 見上げた空 
 なぜだか今日は異常に涙そそる
 ただそれを目に汗がはいったと
 誰もいないところで言い訳

 あの日と同じ風
 もう二度とふくことないと
 わかっていても恋しく思って
 いつまでここで待っているんだろうね


 たった一つの存在失くして
 一変する瞳に映る色彩たち

 泣きたいくせに涙隠して
 誰にも気づかれないように愛想笑い
 大丈夫 きっと忘れられるからって

 そう言っていくつも季節過ぎていく

 嗚呼 ただの強がりだと
 誰かちゃんと教えて
 じゃないといつまでもこのまま涙隠す

 嗚呼 本当の気持ちを
 どこかに吐き出したい
 そしてどこかで涙を流してしまいたい


 
 たった一つの存在にむきになる
 一変する色彩たちに気づかないふり

 嗚呼 誰か言い聞かせて
 現実は思うほど甘くなんかないと

 
 君のこと忘れたと
 いなくても平気だと 言う
 この偽りを装った心を誰か切り裂いて

 中から見えてくる
 本当の思い

 君がいなくきゃ本当の笑顔もわからない
 ただの強がりDays

                @強がりDays@ 春空

「またね」 

2006年05月23日(火) 20時25分

 「またね」って言う君の笑顔
 最後になった 優しい言葉

 またね なんてもう僕等にはなくて
 いつまでこの場所に待っていたら
 君は来てくれるの

 飾りつけた言葉で君を突き放す
 そんな日々が僕に後悔をお土産に
 悲しい顔して微笑んでいた君を
 知らないうちにまぶたの裏に焼き付けた


 「またね」って言う君の声
 最後の約束 
 果たされることのないまま季節はめぐる

 またこの場所にきたら君に会えるような気がして
 そんな甘い考えで また矛盾した気持ち持つ

 誰もいない二人の場所
 夕焼けに照らされる二人の幻見て

 本当の別れに気づいた
 だから一言つぶやいて走り去った

 「またね」

            @「またね」@春空
 

物足りない 

2006年05月22日(月) 19時35分

 振り向きもしない君
 悲しく見つめても気づいてくれないね

 お願いだから振り向いて笑ってよ
 もう耐え切れないよ

 君のいない毎日が苦しいよ

 どうしてこんなふうになったんだろう
 ただ二人は純粋に恋をしていただけなのに
 それだけなのに なんでこんなにもすれ違うの


 笑っても泣いても
 君はそばにいなくて 振り向いてくれなくて
 あの秒針が進んでいくほど
 君の中での存在が霞んでいくのが怖いよ

 どうして振り向いてくれない
 もう一度だけ瞳を見て 微笑んでよ

 耐え切れないよ 君のいない毎日は

             @物足りない@ 春空

この声を 

2006年05月22日(月) 19時26分

 あなたは聞こえますか
 この声をまだ覚えていますか

 あなたと友達に戻って
 いくつ季節は過ぎたのだろう
 いくつかの風が過ぎていけばあなたは
 少し大人びて 違う人との道を歩く

 それがどれだけ悲しかったんだろう
 現実をそのまま受け入れることは
 少し苦しくて 寂しくて

 今すぐにでもあなたのもとへと
 本当の気持ち 伝えてしまいたいのに
 そんなことさえも許されないなんて


 あなたは聞こえますか
 本当の気持ちを知っていますか

 涙あふれるほどの思いを
 いつか彼方に伝えられる日は来るだろうか

 幾つ季節過ぎ行いても
 揺るぐことの無いこの思いを いつか

 だけどあなたは他の人と
 幸せの日々を創り上げているから
 

 だから 


         @この声を@ 張る空

呼吸混乱 

2006年05月22日(月) 19時25分

 君を見ると息ができなくなる
 それほど切なくて愛しい

 触れることも 言葉を交わすことも
 できないのはどんなことよりも苦しいんだ
 
 だから二人で描いた思い出を消したくなって
 だけどそれでも愛を全て消すことは出来なくて

 時が経てば経つほど
 思いは傷つくことも知らずに
 どんどん膨らんでいく


 二人で描いた愛を
 もう君は忘れてしまったのだろうか
 思い出へと変えてしまったのだろうか


 探さなくても見つかる君の姿
 息もする余裕なくて
 愛しさで胸が苦しくなる

 どうしたら忘れられる
 どうしたら思い出に変えられる
 君以外の人に恋なんてできないのに

            @呼吸混乱@ 春空
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:painful-time
読者になる
Yapme!一覧
読者になる