ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集

September 22 [Thu], 2016, 16:57
バンダイナムコゲームスから2013年3月14日に発売されるPSP『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』. その情報を毎週紹介する特集企画"ソードアート・トゥデイ"の第9回をお届けする. 本作は、川原礫先生が手がける小説『ソードアート・オンライン』と、そのTVアニメをモチーフにしたPSP用ゲーム. 原作では、100層もある巨大なダンジョン・浮遊城 を75層でクリアしたが、ゲームでは76層からさらに上の階層を目指していくという、ゲームオリジナルの展開とマルチエンディングが待ち受けている. 今回は、シリカ役の日高里菜さんとリズベット役の高垣彩陽さんのインタビューをお届け! なお、第8回ではリーファ役・竹達彩奈さんとユイ役・伊藤かな恵さんのインタビューを掲載しているので、まだ見ていない人はこのインタビューとあわせてぜひチェックしてもらいたい. 日高里菜さん. 日高さんが演じるシリカ. †妹キャラではなく、女の子としてキリトに... † ――アニメやゲームの収録を終えての感想をきかせてください. 日高さん: シリカはオーディションで受かった役で、イベントにも出させていただいたんですけど、第1話と第4話、そして最終話にしか登場しない役なんです. でも、第4話から1クール以上空いて最終回でシリカをもう一度演じられたのは、久々でとてもうれしかったです. それとゲームでは、シリカの新たな一面やキリトくんとのからみなど、アニメでは描かれていない部分をいっぱい演じさせてもらって、とても思い入れのあるキャラクターになりました. ――アニメではメインとなる話が第4話のみでしたが、人気もかなり高いですよね. 日高さん: そうなんですよ! 『SAO』のオンエア後に毎週「シリカに出番を」というメッセージをたくさんいただきました. でも、それは私に言うよりも監督に言ってくださいと(笑). けれど、そういうメッセージをいただけるのは、ほんとうにうれしかったです. ――もしシリカにメッセージを贈るとしたら、どんな言葉を言ってあげたいですか? 日高さん: アニメでもゲームでも、妹キャラとしてキリトのことを「お兄ちゃん」と呼んでいるんですけど、キリトくんにはちゃんとした妹がいるわけですし、妹キャラはリーファちゃんにゆずってあげてねと. シリカもキリトくんのことが好きなわけですし、妹キャラを捨てて、女の子としてキリトくんにグイグイいっちゃえ! って言いたいです(笑). ――もし自分が の世界にログインしてしまったら、どうやって過ごすと思いますか? 日高さん: 平和な感じが好きなので、攻略はできないんじゃないかなと. 商売をしたり釣りをしたりしながら、のほほ~んと暮らしていると思います(笑). ――シリカ以外のキャラクターを演じるとしたら、どのキャラクターを演じてみたいですか? 日高さん: オーディションではシリカとユイのどちらを受けるか悩んだので、リアルに考えるならユイです. でも、第3話に登場したサチも演じてみたいです. キャラクターもそうなんですけど、サチを演じられた早見沙織さんも大好きなので(笑). ――これまでにMMORPGをプレイしたことはありますか? 日高さん: プレイしたことはないんですけど、終わりがないゲームだとは聞いています. 好きな人はずっとプレイされるんでしょうけど、私なら「ゴールはいつなんだ~!?」と叫んじゃうかもしれません(笑). でもオンラインゲームの魅力のひとつって、いろんな人と一緒に戦ったりできることですよね. そういうのは一度体験してみたいです. ――もし日高さんがプレイするとしたら、男と女のキャラクターのどっちを選ぶと思いますか? 日高さん: 女の子キャラクターのほうが優しくしてもらえると聞いたので、女の子かな(笑). ――ゲームで印象的なシーンはありましたか? 日高さん: ゲームだとシリカが嫉妬するなど、結構積極的なところがあるんです. それと戦闘じゃなくて、気持ちを伝えたりするようなキュンキュンするセリフが盛りだくさんで、シリカがとっても女の子らしいなって. それと、いろんな人を巻き込んでユイがおままごとをするイベントがあるんですけど、それがとってもおもしろいので、ぜひ体験してほしいです! ――本作はキリトとパートナーが一緒に冒険できるゲームですが、日高さんがプレイするとしたら、どのキャラクターをパートナーにしてみたいですか? 日高さん: わたしはシリカを演じているので、"キリトくんをパートナーにしたい"という感じではあるのですが... 、もしも自分がキリトの立場だとしたら、アスナもいいですね. 女子から見てもアスナってカッコイイし、でもカッコよすぎるわけでもなく、男性からも好かれていて、男女問わず人気の高いキャラクターですよね. アスナみたいなカッコイイ女性に私もなってみたいなと思います. ――それでは最後に、ゲームを楽しみにしているユーザーにメッセージをお願いします. 日高さん: アニメ本編ではなかなか出られなかったシリカですけど、ゲームではいっぱいしゃべっているので楽しみにしてください. →高垣さんがリズベットに贈る言葉とは? (2ページ目へ). セガは、9月28日に開催される"横浜・三国志フェス2013"において、TCG『三国志大戦 トレーディングカードゲーム』の出展を発表した. ※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. 株式会社セガは、2013年9月28日(土)に横浜産貿ホール マリネリアにて開催されるイベント「三国志フェス2013」(三国志フェス実行委員会 主催)にて、対戦型トレーディングカードゲーム『三国志大戦トレーディングカードゲーム(以下、三国志大戦TCG)』を出展いたします. 本イベントは、三国志ファンがあつまり三国志に関連した出展が楽しめる、三国志のイベントでは関東最大級の一日限定体験型イベントです. 会場内は「イベントステージ」と「ブーススペース」の2つで構成されており、『三国志大戦TCG』はブーススペースへの出展が決定しています. 『三国志大戦TCG』ブースでは、TCG初心者でも参加できる体験会、プレイヤー同士で対戦が楽しめるミニ大会、『三国志大戦TCG』のグッズが購入できる物販コーナをー展開しますので、会場にお越しの方はぜひお立ち寄りください. ―三国志フェス2013 開催概要― 2013年9月28日(土)10: 30 開場、10: 50 開会/18: 00 閉会 横浜産貿ホール マリネリア 1F (横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル内) 前売り券: 一般 1,000円(特典「神速入場」付) 当日券: 一般 1,000円/特別券(※)500円/高校生以下 無料 ※神奈川県横浜市に在住、在勤、在学の方が対象. ◇同日の18: 30からは、yokohama 7th AVENUEにて「夜の三国志フェス2013」も開催されます. 「夜の三国志フェス2013」へのご参加には、「三国志フェス2013」とは別のチケットが必要です. ◇『三国志大戦TCG』の出展は、10: 30からの「三国志フェス2013」のみとなります. 4月10日にKADOKAWA/アスキー・メディアワークスから発売された『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』. 今回はその発売を受け、本書の総まとめ記事をお届けする. 本書でしか見られない幻の設定画や『DOD1』の異伝となる小説『DOD1.3』など、独自コンテンツの詳細を解説しているので、まだ本を購入するかどうか迷っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてほしい. 設定資料集パート: "Record of Flower ―特異点による世界分岐(シフト)現象の記録報告―" ♯1: 絵師たちが描くウタウタイと使徒 "Record of Flower"と題し、その身に"花"を宿したゼロが巻き起こした一連の戦いを、6つの章に分けて記録・考察していく本書の設定資料集パート. "♯1: 絵師たちが描くウタウタイと使徒"では、ゲームのキャラクターデザインを務める藤坂公彦氏が描くイメージイラストや雑誌の表紙イラストなど、公式イラストを完全収録! 横尾有希子さんが手掛けて話題となったTwitterアイコン用のチビキャラのイラストや、藤坂さんや高木正文さんが参加した『ロード オブ ヴァーミリオンIII』とのコラボイラストなども、バッチリ網羅している. また、豪華イラストレーター陣による『DOD3』コラボレーションイラストも収録! 制服を着たウタウタイたちが共演する『学園DOD3』的なイラストなど、コラボ企画ならではの趣向をこらしたイラストが多数掲載されている. 【コラボレーションイラストを執筆したイラストレーター陣】 ●文倉十 ●丹野忍 ●pako ●フカヒレ ●MAYA ●森井しづき ●八重樫南 >>"♯1: 絵師たちが描くウタウタイと使徒"の紹介記事はこちら ♯2: 特異点とその周辺人物の考察】 "#2: 特異点とその周辺人物の考察"は、『DOD3』に登場する主要人物たちの素顔にスポットを当てる人物紹介企画. ウタウタイの姉妹や使徒たちが、4つの多元世界それぞれでどのような役割をはたしたのかを振り返りつつ、彼女たちの行動にどのような意図があったのかを考察していく. 外見的な特徴や心理分析など、独自の考察も多数盛り込まれているので、読めば各人物をより多角的にとらえることができるだろう. また、アコールやワン(弟)、ミカエルといったサブキャラクターたちの情報も、本書が初公開となるイラスト付きで解説している. >>"#2: 特異点とその周辺人物の考察"の紹介記事はこちら #3: 多元世界論における分岐(シフト)の考察 "#3: 多元世界論における分岐(シフト)の考察"は、特異点であるゼロの行動によって分岐した多元世界の戦いを描く『DOD3』のストーリー、独自の考察を交えながら読み解いていくコーナー. 6本のDLCの物語や、2つのコミック『どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメファイブ』と『ドラッグ オン ドラグーン 死二至ル赤』についても、そのストーリーや登場人物を振り返るプレイバック企画を掲載している. >>"#3: 多元世界論における分岐(シフト)の考察"の紹介記事はこちら #4: 関連画像資料 "#4: 関連画像資料"では、さまざまな設定画やアートワークを掲載. ウタウタイたちや使徒、ミハイルといったメインキャラの設定画はもちろん、ゼロの前に立ちはだかるザコ敵やボス敵の設定画なども収録している. また、清楚なお嬢様のような表情をしたファイブ(服装はけしからん感じですが! )や銃や戦輪を持つデカートなど、キャラクターの初期設定ラフも多数掲載している. >>"#4: 関連画像資料"の紹介記事はこちら #5: 関連文書資料 "#5: 関連文書資料"は『DOD3』に関するさまざまな設定を詰め込んだコーナー. 『DOD3』の物語の流れがわかるイベントフローチャートや設定用語集、各国の文化を掘り下げるワールドガイド、ゼロが手にする武器のウェポンストーリーなどを収録している. 電撃オンラインで募集したファン参加企画の結果発表やイラスト募集企画も掲載. あなたの意見やイラストが誌面に載っているかも! >>"#5: 関連文書資料"の紹介記事はこちら #6: 発掘された文献記録 ある意味、本書のメインコンテンツの1つといえるのが"#6: 発掘された文献記録"のコーナー. 『DOD3』のクリエイティブ・ディレクターであるヨコオタロウさんと、テーマソング『クロイウタ』を歌い上げた藍井エイルさんの対談に加えて、『DOD3』から分岐するもう1つの『DOD1』の物語を小説とイラストで見せる独自企画『DOD1.3』を収録している. 『DOD1.3』は物語の時間軸や登場人物こそ『DOD1』とほぼ同じなものの、各人物の役割や物語の結末そのものはまったく異なるという、文字通りの"別分岐"となっている. ヨコオさんの原案を、映島巡さんや名取佐和子さんといった『DOD』シリーズに縁の深い作家陣が書き下ろしているので必見だ. なお、藤坂公彦氏による挿し絵イラストも掲載!! 【『DOD1.3』の小説を執筆した作家陣】 ●映島巡 ●名取佐和子 ●菊地はな ●松下彩季 ●白本奈緒 ●ヨコオタロウ >>"#6: 発掘された文献記録"の紹介記事はこちら 完全攻略本パート: ドラッグ オン ドラグーン3 ザ・コンプリートガイド 『DOD3』の全エンディングに至るための分岐条件をはじめ、武器やアイテムの全データも掲載している完全攻略本パート. システム攻略、ミッション攻略、データという3つのコーナーで構成されており、やり込み派のユーザーが知りたい全武器の入手条件の解説や、トロフィー獲得に関するデータなど、お役立ち情報が満載となっている. >>"ドラッグ オン ドラグーン3 ザ・コンプリートガイド"の紹介記事はこちら [CHECK]Twitter用パーツなど、『DOD3』特製ファンキットを無料配布中! 好評発売中の『ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド』の特集ページでは、本書の紹介用としてTwitter用パーツや特製バナーがセットになった『DOD3』特製ファンキットを無料配布中. 主要キャラクターのイラストを使ったTwitterアイコンやキャラクターバナーも用意しているので、ぜひ気軽にご利用ください! ⇒『DOD3』特製ファンキットを無料配布している特集ページはこちら Twitter用パーツや特製バナーを無料配布中.