シエナ・ミラーが、ゴー小松佐衣ルデングローブ賞に

August 07 [Sun], 2016, 7:56
コレクションサーキットの最終舞台となる 2013年春夏パリコレクション が、9月25日(現地時間)に開幕した. 25日には、元「キャシャレル」のクリエイティブ・ディレクター、セドリック・シャルリエが手がける「 セドリック・シャルリエ 」や久々の復帰となる「 ヴェロニク・ブランキーノ 」、そして「 アンソニー・バカレロ 」が最新作を発表した. 9月26日(現地時間)は「ドリス ヴァン ノッテン」「ロシャス」「ガレス・ピュー」、そして初のバッグラインをお披露目予定の「ミュグレー」にファッションリーダーが集結する模様だ. 9月27日(現地時間)は、ニコラ・ゲスキエール率いる「バレンシアガ」、ギョーム・アンリ率いる「カルヴェン」の若々しくフェミニンなプレッピースタイル、「バルマン」のロックンロールでセクシーなワードローブ、「リック・オウエンス」のグランジシック、「ランバン」や「ニナリッチ」の美しいドレスの数々などに脚光が集まりそうだ. 9月28日(現地時間)のハイライトは、間違いなくラフ・シモンズによる「クリスチャン ディオール」のプレタポルテのデビューコレクションだ. ラフは同ブランドでのデビューを飾った2012-13年秋冬オートクチュールコレクションでファッショニスタを虜にしたので、今回も期待が高まる. 彼がメゾンのクリーンなクチュールラインをどのようにプレタポルテに表現するかが注目だ. そのほか、「イザベル・マラン」「ローラン・ムレ」「チャラヤン」「ヨウジヤマモト」「メゾン マルタン マルジェラ」も披露する. 第70回ゴールデングローブ賞のノミネーションが、12月14日(現地時間)発表され、女優のシエナ・ミラーが『The Girl(原題)』のティッピ・へドレン役で、ミニシリーズ/テレビ映画部門の主演女優賞に初ノミネートされたことが明らかになった. 同賞には、シエナのほかに、ジュリアン・ムーア、ニコール・キッドマン、ジェシカ・ラング、シガニー・ウィーバーの4人のベテラン女優がノミネートされている. 今回のノミネートを受けて、シエナの姉サヴァンナ・ミラーは自身のツイッターに、「シエナがゴールデングローブ賞にノミネートされました! 彼女は賞を受賞するに値しますし、とても誇りに思います」と投稿した. 第70回ゴールデングローブ賞の授賞式は、2013年1月13日(現地時間)に米・LAにて開催される予定だ. 空間と服の間、そしてその関係に現れてくる色や柄に注目したというTHEATREPRODUCTS(シアタープロダクツ). 二つの部屋が並んだ大掛かりなセットから、モデルたちが登場するという趣向で、鳥カゴやバスケットなどが並んだ空間が「生活風景のカモフラージュ」、また壁紙以外何もない空間が「シアタープロダクツのカモフラージュ」と名付けられた. 彼らにとっての「カモフラージュ」とは、周囲と混ざり合って溶けこむようなもの. そんなテクスチャーを用いることによって2つの違った「空間を着る」ことを表現したのが今回のコレクションだという. シルキーなワンピースにプリントされたノスタルジックな柄は、フランスの画家エドゥアール・ヴュイヤールの絵画にインスパイアされたもの. そこへ合わせた、鍵編みの手袋や、ダズル・カモフラージュのバッグが、シアタープロダクツらしいディテールだ. ヨーロッパのバカンスを思わせるようなゆったりとした雰囲気と、親密さを感じさせるドレスたち. また、たっぷりとしたチュールを使ったドレスなどは、「なるべくシンプルに分量感を出したかった」とデザイナーの武内昭が語るとおり、中世の貴婦人のようなシルエットを描いた. まさに絵画の風景に溶けこむかのような、かわいらしさと不思議な軽やかさを持ち合わせたショウだった. 公式サイト http://www.theatreproducts.co.jp.