デモ飛行旅客機、山中に残骸 インドネシア

August 19 [Wed], 2015, 14:39
8日、広島5―2DeNA) 広島の新人野村(明大)は2度目の先発で初勝利を挙げ、「しっかり試合をつくれたのがうれしいです」. 新人離れした制球力で相手打線を黙らせた. 2回1死一、二塁は外角低めを厳しく突いて連続三振. 連勝中のマウンドに「流れを止めたくなかった. 絶対にゼロでと思っていた」. 8回を無四球でぴしゃり. 頼もしい22歳の新戦力だ. インドネシアの国家救難救助庁によると、9日午後2時(日本時間同4時)ごろ、ジャカルタのハリム空港を離陸したロシア製の民間旅客機「スホイ・スーパージェット100」が、数十分後に消息を絶った. 10日にジャワ島西部のサラク山で遺体や残骸が見つかったが、乗員・乗客45人のうち生存者はいない模様だという. スーパージェット100は戦闘機で知られるスホイ社が開発した短・中距離用の初の旅客機. アジア市場への売り込みで行ったデモ飛行で、乗員やスホイ社社員のロシア人8人とフランスのエンジンメーカー社員1人、同機を購入する可能性があるインドネシアの航空会社の社員や内外メディアの記者らが乗っていた. 乗客に日本人はいなかった. (ジャカルタ=郷富佐子).