又吉のたけし

August 10 [Wed], 2016, 14:36
前に、炭水化物を少なくするやり方でダイエットした経験があります。

しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれどやっかいだったです。生粋の日本人ですから、時には、ガツンと白いごはんを欲します。

ですから、最近は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。減量したいなら筋トレで、筋肉を増やして基礎代謝量をつけていく事が重要です。

実際、痩せる為にはどんな筋トレがなくてはならないのでしょうか?有酸素運動が効力がありますが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。



大した程度でない有酸素運動の以後に筋力トレーニングに取り組み、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効き目が出やすいようです。ダイエットは一日二日で結果が出るものではないのではないでしょうか。

とても厳しく体重を制限することは免疫力の低下につながりますので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを引き続き行い、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、少なくとも3ケ月は続けましょう。ダイエットをしようと思う人は運動で減量するのは結構、普通だと思われますが、時間を決めて行っていますか?なるだけ毎日、朝なら朝に、夜なら夜と決まっている時間に運動を行っていくほうが痩せやすくなる体を作ることが出来るでしょう。

一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。
これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。中年と呼ばれる年代に差し掛かるとだんだんと体型が変化し太りやすくなるのはこういう理由があったのです。
ダイエットなどのために基礎代謝をあげるには有酸素運動が効果的といわれています。有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングだといわれています。もちろん、のんびりと散歩のように歩くだけでは基礎代謝を上げることは難しいです。
たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果的なウォーキングができます。
痩せるのに有効な運動といえば、有酸素運動と言えるでしょう。
ダイエットを貫徹させるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが重要なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動がいいと思います。併せて、体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋トレもおすすめします。呼吸を意識して腹部からするだけでも、私たちは痩せるそうです。

体が締るストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが良いのだとお聞きしました。

肩こりにも効くのですが、両腕を空高くまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向いたままキープし、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。

この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/padepr5rsa5hed/index1_0.rdf