【カスタマイズ】 初心者向けブログ・カスタマイズの決定版!(ヤプログ専用) ⇒ 復活! (裏)くぅたん日誌。。。
 【実務向けExcel】 どうすればエクセルの表をきれいに見せることができるか、教本等では教えてくれないような実務向け方法を紹介!

Power Excelを検索 ヤプログ全体から検索 ウェブ全体から検索
ここで紹介の内容は、執筆者の趣味であり、非営利を目的としています。
執筆者紹介

Excel講義 目次
 1. はじめに
 2. 予備説明
 3. きれいな見せ方
 4. セルをリストにする
 5. カレンダーの作成方法
 6. 最大-最小グラフの作り方
 7. データ・ベースからの検索
 8. 推移&積上棒グラフの作成
 9. まだまだ続きます!(工事中)
   9.1 作成中
   9.2 作成中
ヤプログ・カスタマイズ方法 目次
残りは後日~(=^‥^)ノ☆オヤスミニャ
Yapme!一覧
読者になる
(裏)くぅたん日誌 & Hyper☆Excel / 2005年08月01日(月)
((8-(*'-'*)ノWelcome!ヽ(*'-'*)-8))

(裏)くぅたん日誌
 ヤプログ専用 超初心者向けカスタマイズ方法

Hyper☆Excel
 実務に使えるエクセル勉強

メニューは、左側をみてください!
それぞれに目次があるので、
ゆっくりとのぞいていってくださいませ。
(*- -)(*_ _)ペコリ



あと、こっそり
アフィリエイトなんてもんに手をだしてみました。。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

格安旅行を取り揃えておりますよん。
こちら

最近、株が流行ってるので、証券会社を調べてみました。
こちら

 
 その他 / この記事のURL
ご挨拶 / 2005年09月20日(火)
〜 慣れてきた方にさらなる一歩!〜

本ブログでは、教本等ではあまり詳しく教えてくれないようなより実務的な内容を説明していきたいと考えています。

最初の簡単なところから順次説明していきますので、気長に読んでください。

やさしい内容にするつもりですが、最終的には簡単なマクロやユーザー・フォームの作成を皆様ができるようになれば、と思います。

なお、コメントの投稿は可能です。
要望や感想を投稿していただけると嬉しいですし、やりがいもでてきます。(笑


 
 その他 / この記事のURL
商標等について / 2005年09月23日(金)
・Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

・記載されているマイクロソフト製品は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

・記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

 
 その他 / この記事のURL
注意事項 / 2005年09月23日(金)
ブログの性質上、リンクはフリーとします。
ただし、誹謗中傷を目的とした場合や
執筆者が不快に思うようなリンクは禁止します。
(リンクする際は、ご一報いただけると嬉しいです。)

記事欄およびコメント欄の全ての画像、文章の転用(転送・転載・引用・印刷配布等)の一切を禁止します。
ただし、本ブログ内のコメント欄で転用(引用)はこの限りではありません。

本ブログの内容の趣旨から大きく外れたコメントの投稿またはトラックバックについては、極力残すように配慮しますが、執筆者の独断と偏見で削除する場合があります。

本ブログで学んだことは、是非皆様のお仕事でご活用ください。
会社内でのご紹介は歓迎致します。

 
 その他 / この記事のURL
免責事項 / 2005年09月23日(金)
本ブログの内容は、誤った内容が記載されている可能性もあり、リンク先を含め全ての内容の正当性を保証致しません。

本ブログを利用した事によりいかなる不利益、損害が発生しましても当方は一切の責任を負わないものとします。 全て個人の責任において行って下さい。
本ブログに掲載されているリンク先についても、そのリンクを利用することによって生じたいかなる不利益、損害についても当方は一切の責任を負わないものとします。

本ブログの内容につきましては随時追加、更新、修正していきますが、その際事前、事後の予告、通知は一切せず、また当方の独断により行います。 また、それはこの注意事項・免責事項の内容を含めた本ブログ内全ての内容について適用されます。

 
 その他 / この記事のURL
用語について / 2005年09月24日(土)
ここでは、今後説明をしていくにあたって、よく使用するいくつかの用語を
定義しておきたいと思います。



図中の[1]をメニューと呼びます。
説明文中では、[ファイル]や[書式]といったようにメニューの名前を[  ]で
括ることでそのメニューを示します。
また、メニューをクリックすると表示されるサブ・メニューについても同様に[  ]
で括って記載します。
そして、[ファイル]-[新規作成]や[データ]-[並べ替え]のように記述します。
上記の例の場合、
メニューのファイルをクリックして表示されるサブ・メニューの中から新規作成をクリックする
という意味で[ファイル]-[新規作成]と記述します。

さて、次に、[2]をコマンドと呼びます。
エクセルを操作していく上で、コマンドを使用すると非常に便利です。
次章で説明しますが、コマンドは、自分で使い勝手が良くなるように配置することが可能です。

その他、数式バーやステータス・バーなどがありますが、本ブログの趣旨で説明する内容では、多分でてくることはないと思いますので、現時点では省略します。
(必要がでてきたら、更新します。)

また、画面上の話ではなく、パソコンのキーボードについても定義しておきます。
キーボード上のボタンは、[ ]、括って表示します。
[C]、[Alt]、[F5]、[Ctrl+X]
上記の例では、[C]はCボタンを意味します。
[Ctrl+X]は、Ctrlボタンを押しながらXボタンを押す操作のことを意味します。

エクセルを仕事で使う際には、美しくつくるだけではなく、より早く作業する必要があると思います。
このために避けては通れないのがショート・カット機能です。
最低限覚えてほしいショート・カット機能については、後ほどの節で説明します。

 
 予備説明 / この記事のURL
コマンドとは / 2005年10月02日(日)
コマンドとは、エクセルを使用する上で非常に有用な機能です。
ツールバーに設置されたコマンド・ボタンをクリックすると簡便にいろいろな設定をすることができます。

--------------------------------------------------
例)
マウスをドラッグし、連続する複数のセルを選択します。
その状態で、次のコマンド・ボタンをクリックします。

 [セルの結合]

この操作で、選択したセルが結合され、ひとつのセルになります。

もし、上記の操作をコマンドを使用せずに行うためには、次の手順を踏む必要があります。

@[書式]-[セル] を選択する。
A[配置]タブを選択する。
B表示されたタブ・フレーム内の[セルを結合する]にチェックをいれる。
COKをクリックする。
--------------------------------------------------

例のように、複数の手順を踏む必要がある編集を、コマンドを使用することによって1手順で編集できるため、非常に効率的に作業を行えることがわかると思います。

コマンドは、初期状態(Excelをはじめて起動したときの状態)から用意されているものとは別に、複数のコマンド・ボタンが用意されています。

次の節では、見えていないコマンドをどのようにして設定するかの説明と、実務を行う上で有用なコマンドの紹介をします。

 
 予備説明 / この記事のURL
コマンドの追加・配置編集 / 2005年10月02日(日)
コマンドの追加および配置の編集(削除も含むが削除については、次章で説明)について説明します。
コマンドの追加および配置の編集をするには、メニューより[ツール]-[ユーザー設定]を選択します。

次の画面が表示されます。


[ツールバー]、[コマンド]、[オプション]の3つのタブから、[コマンド]タブを選択します。
--------------------------------------------
▼コマンド・ボタンの配置を編集する。

コマンド・ボタンの配置を自分の好きな位置に移動することができます。
実際に使用する際に自分の使いやすい位置(よく使うボタンは左端に寄せるなど。)に移動することをお勧めします。

移動するための手順を次に示します。

@移動したいコマンド・ボタンをクリックする。

図 グラフ・ウィザード・ボタンをクリックした場合

A移動した位置へドラックする。
(但し、コマンド・ボタンを設置できるエリア内での移動に限ります。)

--------------------------------------------
▼コマンド・ボタンを追加する。

はじめてExcelを起動した状態では、コマンド・ボタンはそれほど使える状態にはなっていません。
コマンド・ボタンの中には、非常に便利なものがありますので、是非、ご自分の業務に必要なコマンド・ボタンを追加してください。

追加するための手順を次に示します。

@分類を選択し、コマンドの欄に表示されるコマンドより、追加したいコマンドを選択します。

図 分類[書式] - コマンド[セルの結合]を選択した場合

A移動した位置へドラックする。
(但し、コマンド・ボタンを設置できるエリア内での移動に限ります。)
--------------------------------------------
▼便利なコマンド

私が実務に使用しているコマンド・ボタンを紹介しておきたいと思います。

その他、図形の作成用にグループ化関係のボタンを用意しています。

図中のボタンが、どの分類にあるかは是非ご自分のPCで調べてみだください。
なぜ、面倒を押し付けるかというと、一度どのようなコマンドが用意されているのか全てを確認してほしいからです。ご担当の業務によっては、別のコマンド・ボタンを用意した方がよい場合もあります。是非、この機会にチェックしてください。

 
 予備説明 / この記事のURL
コマンドの削除 / 2005年10月08日(土)
さて、前節で実務に有用なコマンドを追加していったと思います。
でも、これだけじゃ追加した分だけコマンドのエリアが混雑してしまい
使いにくいと思われる方もいるかもしれません。
実務に不要なコマンド・ボタンは削除したいですよね。

ここでは、以下にコマンドの削除方法を示します。

@メニューより[ツール]-[ユーザー設定]を選択する。
  ユーザ設定のウィンドウが表示されますので、コマンド・タブを選択してください。

A削除したいコマンド・ボタンをクリックする。

Bユーザ設定のウィンドウにある[選択したボタンの編集(M)]をクリックし、
  [削除]を選択する。


A〜Bの操作を繰り返して不要なコマンド・ボタンをすべて削除してください。

すっきりしましたか?



 
 予備説明 / この記事のURL
ショート・カット・キー / 2005年10月08日(土)
ここでは、便利なショート・カット・キーについて紹介します。

実務で、書類の作成や実験のまとめを行う際に、いかに効率良く作業を行えるかはリードタイム削減に大きく貢献します。
さらに、経験から言うと書類の作成が素早いと上司からのウケはとても良く、評価も高くなる傾向があるようです。
是非、マスターしてください。

前節のコマンド・ボタンと同様、次に紹介するショート・カット・キーについては、是非マスターしてください。

-------------------------------
代表的なショート・カット・キー(他にも多数あります。)

[Ctrl + Tab] : Excel Book の表示画面の切り替え
[Ctrl + マウスのホイール] : 表示画面の拡大縮小
 (マウスにホイールがついている場合のみ有効)
[Ctrl + C] : コピー
[Ctrl + X] : 切り取り
[Ctrl + V] : 貼り付け
[Ctrl + Z] : 元に戻す
[Ctrl + A] : 全範囲選択
[Ctrl + N] : 新規ファイル作成
[Ctrl + S] : 保存
[Ctrl + P] : 印刷
[Ctrl + F] : 検索
[Ctrl + 矢印] : 次の入力セルへジャンプ
[F1] : ヘルプ・ウィンドウ起動
[F2] : セルをアクティブにする
[F8] : セルの連続選択(ESCで終了)
[Shift + F3] : 関数入力
[Shift + F8] : セルの断続選択(ESCで終了)
[Alt + Enter] : セル内での改行
[Alt + Tab] : ウィンドウの切り替え
[Alt + F4] : 終了
-------------------------------
これらのショート・カット・キーの実用的な使用手順の例を以下に紹介します。


例 : 別ファイルのシートをそのまま新しいファイルにコピーする場合。

@[Ctrl + Tab] でコピー元のファイルを表示させる。
Aコピーするシートを選択する。
B[Ctrl + A] でコピーしたいシートを
C[Ctrl + C] でコピーする。
D[Ctrl + Tab] でコピー先のファイルを表示させる。
Eコピーした情報を貼り付けるシート選択し、セル[A1]を選択する。
  (新規状態ならセル[A1]は選択されているので、この操作は省略)
F[Ctrl + V] でコピーした情報を貼り付ける。

慣れれば上記の例の一連の作業を瞬時に完了することができます。


 
 予備説明 / この記事のURL

  | 前へ
GMO MadiaHoldings, Inc.

P R