君は仕合わせに眠くなれ

September 23 [Sun], 2012, 4:08


きみの下手な言葉で紡がれたお話も、懐かしい愛しさで。
嘘だって分かった今でも、あの時すごく幸せだったなって思ってるよ

沢山の感情をありがとう

大好きでした。


全てを失くしてからは どうでもいいと思えた

September 15 [Sat], 2012, 22:49

他のバンドであろうとツアーの話は傷付くからしないで、とか言う程子供ではないけどやっぱり辛いし正直蜂のツアーの話は辞めて欲しい
わたしはあのこの笑顔をもっと脳裏に焼き付けておきたかったし沢山の場所を沢山の楽しさで思い出で埋め尽くしたかった
誰も責められないし全部全部エゴだけど彼のいるステージを見た事がある人で彼がいないのに楽しそうにしてる人だとか第二幕は第一幕を越えるだとか越えただとか思ってる人とは絶対に話したくない

第一幕だけは誰にも邪魔されない永遠の一瞬

手にタコ作って今日も吐く

September 14 [Fri], 2012, 10:35

内面から滲み出る云々とかそういう綺麗事に何の意味があるんだか
確かに人格は時の経過と共に顔に表れてくる、ただし素質の善し悪しはとても重要だ

私の顔になってもそんな事が言えるのか問いたい

努力で理想の姿に近付こうとする事の否定は本当に愚かしいと思う

最期はベッドで「ありがとう」って言って

September 14 [Fri], 2012, 10:13

架空の弟が死んだから喪中

紙の中の彼はあまりにも可哀想で

如何して?何故 哀しくなったの

September 13 [Thu], 2012, 21:24

誰もが知っている常識のような話をさも博識のように話す 無知の醜さは計り知れない

こんなにも私を辟易させるのは全てが受け売りであったりだとか、世間一般に美徳とされぬ事をかっこいいと思い込んで平気で周囲に吹聴したりだとか、信じられぬ程の愚鈍さだと思う
まぁ帰る場所が廓である事は隠しておくんなんし、というところか

償いの雨 祈りは麻薬

September 13 [Thu], 2012, 11:25

私は変わらずに日本人らしい慎ましさを持って生きてゆきたいと思いました
誰かの真似をして大声で主張を叫ぶような俗物と張り合ったって、ねぇ。

人の事を批判する暇があんなら大人しく波風立てずにその腫瘍は見えない所に置いて何が本当に俗に塗れているのかだとかそのしょっちゅう変わる自己主張についてでも追求していけばって感じ

興味の無い他人で変わるほど安い人間じゃないし、そんなに自信がおありなら自分の影響力の無さに立ち尽くせば良い

己の罪を問え

其処に何時もある絶対が無くなってしまう時 人は何て情けないモノだろう

September 08 [Sat], 2012, 22:34

寒さに震えながら道玄坂登ったり
汗だくで歌舞伎町走り回ったり
7階だか8階だかから階段で降りろって言われて最後の最後で大コケして酒ぶちまけたり
あのこへのクリスマスプレゼントで何週間か悩んだり
カップルだらけのクリスマスの神戸で何故か1人でショッピングモールに行ってしまったり
遅刻ギリギリでアホみたいなかっこで渋谷全力疾走したり
誕生日プレゼント半年以上前から考えたり
雪の日の仙台にロッキンホースで乗り込んで転びまくったり

もっと書ききれないぐらい色々あったな ずっと1人だったけど楽しくて輝いてた ステージにもわたしにも惰性なんて何処にもなくて 世界一幸せだった あのこもステージの上にいた時の事そんな風に思ってくれてたらいいな、ずっとずっと待ってます なんて、当たり前の事を何度も何度も言うのは 風に曝された傷でも膿んできてしまったのでしょうか

笑わせるな エトセトラの弁

September 08 [Sat], 2012, 22:08

楽しかったからワンマンのチケ買っちゃった、っていう言葉がこんなにもつらいのは仮面の宴の時のわたしとシンクロするから

あんなにいっぱい幸せを貰ったのに泣いてばっかりで駄目だなぁ

その胸の痛みから 離れられるようにと

September 08 [Sat], 2012, 1:07


君のいないステージを楽しいと思う人がいる事がくやしい

第一幕を知らない人なら仕方が無いけれど もっともっと楽しくて幸せな場所だったのに

ギターの音みたいに一本一本神経を抜いて無感情になりたいっておもうけど 君のいなくなった時の痛みはどんなにつらくても真空パックしておかなきゃ


誰より幸せになって下さい

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p_o/index1_0.rdf