<点滴事件>母親「特別視が心地よかった」 被告人質問(毎日新聞)

May 14 [Fri], 2010, 23:20
 入院中の幼い娘3人の点滴に水を混入したとして傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)への被告人質問が14日、京都地裁であった。高木被告は「子供は私の一部。医師らから特別な子供、特別な母親と見られて居心地よかった」と動機を語った。

 高木被告は、献身的な母親を演じるために子供を傷付ける代理ミュンヒハウゼン症候群と診断されており、精神鑑定の際「(自分が同症候群に)当てはまる部分があると思った」と供述。注入当時の心情については「罪の意識はとても小さかった。(注射器が子供に見えないよう手で隠していたのは)子供からも良い母親に見られたかったから」とはっきりした口調で述べた。

 また、起訴前に精神鑑定医から混入が四女の死につながったと聞いた時の心情について、「ショックで食べることも笑うこともどうすることも許されない。生きることも自殺することも許されないと思った」と声を震わせた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?
裁判員裁判:点滴混入事件 京都地裁、裁判員6割の辞退許可 9日間の審理が影響?
裁判員裁判:点滴事件、尋問の応酬続く 争点巡り検察、弁護側 /京都
裁判員裁判:点滴混入傷害致死 「辛うじて助かった」 五女の主治医証言 /京都

ホリエモンの有料メルマガ 読者急増で1億円ゲット間近(J-CASTニュース)
6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)
パロマ湯沸かし器事故 19万5000台未確認のまま 消費者庁「教訓生かす」(産経新聞)
にっぽんの色 咲き誇る桜 駆け足で見ごろ…秋田(毎日新聞)
もんじゅ、運転再開=ナトリウム漏れ事故から14年−核燃料サイクルの中核(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p9xty37m/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。