東京駅ホーム突き落とし 2審も実刑(産経新聞)

April 28 [Wed], 2010, 3:52
 JR東京駅で昨年3月、女性が線路に突き落とされ軽傷を負った事件で、殺人未遂罪などに問われた無職、太田周作被告(25)の控訴審判決公判が26日、東京高裁で開かれた。矢村宏裁判長は「一般人と比べて責任能力が相当程度低下していたとはいえない」として、懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した1審東京地裁判決を支持、太田被告側の控訴を棄却した。

 太田被告は捜査段階の精神鑑定で軽度の広汎(こうはん)性発達障害と診断されており、弁護側は「犯行当時は、障害の影響で責任能力が低下していた」として控訴していた。

 矢村裁判長は「障害の程度は軽度で、犯行当時の記憶も保たれており、被告の責任能力が欠けていたり、著しく障害された状態ではなかった」として、弁護側の主張を退けた。

【関連記事】
大手町駅で突き落とし 殺人未遂容疑で男逮捕
上野駅で線路に会社員突き落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
心神喪失で不起訴 京大病院に不審物の男 京都地検
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
高裁が弁護側の精神鑑定申請却下 広島の女児殺害控訴審

JR北海道でも無賃乗車=関連会社6人を諭旨解雇(時事通信)
口座詐取で道職員逮捕=「ヤミ金に譲渡」−北海道(時事通信)
再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致−解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)
首相はつらいよ!? 山田監督が激励(産経新聞)
「開国博の補助金違法」住民提訴へ=中田前市長に78億円請求−横浜(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p9uy2998/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。