しのとリノア

September 23 [Fri], 2016, 3:57
「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?医師や看護師によるレーザーを使用した脱毛を医療脱毛といい、永久脱毛することができます。それと比べ、脱毛サロンでは医療脱毛で使用する様な照射の光が強力な脱毛機器は使用不可です。


脱毛サロンは医療脱毛と比較したとき効果が勝ることはないですが光が弱い分、痛みと肌への負担が軽減されるのであえて、選択として脱毛サロンの方にする方もいるでしょう。脱毛エステをしたとき、場合によると火傷してしまうこともあるらしいとのことです。

脱毛エステでよく使われている光脱毛は、黒い色素に反応がはたらくため、日焼けが目たつところや濃いシミのあるところは火傷になる場合があるのです。


日焼けが目たつところや濃いシミのあるところは控えておこないますが、日焼けをしないよう心がけましょう。
足の脱毛を目的として脱毛エステに行くときには料金のプランが明瞭なところを選ぶといいですよ。

それに、施術完了まで何回通えばいいのか、予定の回数が終了しても満足いかなかったときにはどのような対応になるのかも、契約するまえには確認することが重要です。

足の脱毛では6回くらいのプランが多く作られていますが、施術をしおわった人の一部は肌の状態に満足いかないこともあります。脱毛エステの効果の現れ方は、脱毛エステによって異なってきますし、体質によっても影響が変わるでしょう。


丈夫な毛をおもちの方の場合は、脱毛エステなどでは目立った効果が現れているのか分からないこともあるので、医療機関での脱毛が適している可能性があるのです。嬉しい効果を実感できなかった場合のことも、契約前のカウンセリングの場においてしっかりと質問しておくといいでしょう。どんな業種についても言える事かもしれませんが、脱毛エステも大手のお店の方が不満を感じることが少ないようです。いわゆる大手ではない、多少こじんまりした感じのお店などでは、大手と比べるとエステティシャンの技術そのものが、それほど良いとは思えなかったり、接客の仕方が良くない、というようなこともあります。大手のお店の方がはるかにスタッフの教育がされていて技術も接客態度も高いレベルにあるのですし、万が一起こるかもしれないトラブルへの対応も信頼できるものだと考えられます。脱毛エステで施術に使われる脱毛用の機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりもとっても強めの光を照射することが可能です。


それにくわえて照射範囲が広いため、より短い時間で処理を完了指せる事ができるのです。


ただ、医療系の脱毛クリニックで使用される機器と比べるとパワーが弱いために、残念ながら永久脱毛はできないのです。

ですが、大部分の人にとって痛みはとっても弱く感じられ、肌へのダメージが軽減されるという利点も見逃せません。脱毛サロンにより施術が実行できない場合もあります。



例えば生理中は施術できない可能性があるのです。
肌が敏感になりやすいのが生理中であり、施術による肌トラブルを防ぐためです。
生理等で、身体のコンディションが悪くても施術を行なえるサロンがあるのですが、肌を十分に思いやったアフターケアを怠らずにしっかりとして下さい。当然のことながら、VIOの施術は行なえません。施術をうける毎に支払いができる都度払いOKの脱毛サロンも出てきました。事前に払い込んだり、ローンを組んで月々払い込むという重さがないですし、サロン通いが続かなければお金の心配なしに辞められるので都合の良い方法です。しかしながら都度払いについては料金が高めに設定されていることが多いです。

脱毛費用を抑えたいと考えるなら都度払いは避けるべきかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼空
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p9inapeeksygrl/index1_0.rdf