あやめで鶴

September 14 [Wed], 2016, 19:36
他の歯科治療同様、インプラント治療で大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでもすべては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言ったことを理解してちょーだい。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。
しかし、難点もあると言ったことに気を付けてちょーだい。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があるのです。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優ると言ったべきでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になると言った辛さもあるのです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で捜して、問い合わせてみましょう。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を創る歯科技工士の高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療と言ったことです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p9dtlihet2raio/index1_0.rdf