妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いし BASENAME: post1

February 16 [Tue], 2016, 9:13
妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。

具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。





このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。







妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。



なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。妊活中の女性以外にも、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。







亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートしてくれるのです。



妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、定期的な摂取の結果、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、積極的に摂取した方が良いでしょう。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿とか汗で流出します。そのため、人体に留まって蓄積するという事はありません。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。





葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、規定量を必ず確認しましょう。







葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。

葉酸の含有量が多い食材は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。





とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてください。



サプリメントであれば簡単に済ますことが出来ます。スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。





卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。ただ、総合的に言えば、さまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。

流産を経験しています。







ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。





妊娠に適した体になるように、冷え性を治そうと運動を始めてみました。運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温を上げることができ、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。



ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いとされています。





サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。







葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。



この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。





葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。







とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が難しい、なんてこともあると思います。そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取は葉酸サプリメントに切り替えることで理想的な量の葉酸を摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p9bnk221879/index1_0.rdf