傾向と対策

June 27 [Wed], 2012, 15:46
気づいたら今期終わってました
シフト組んだ割には何も見なかったぜあはは


ということで夏アニメもシフト組みましたー
見るかどうかはわからん
夏合宿行くかもしれないしー

とりあえず、恋チョコとこの中に一人妹がいる!とココロコネクトは見ます
原作知ってるし
そのほかにはだから僕はryとソードアートと人類は衰退しました見たい。

ラノベ原作ばっかだな


見れるかわからないけどとりあえずこんな感じで


------------------------------------------------------------

今日は朝寝坊して学校行って
帰ってきて買い物行って
座布団かってふかふかしながらうへーってやってたら
気づいたら5時間たってました。新しい座布団怖い

眠すぎです助けて


そんなことより今日の日替わり定食はあたりだったと思います
チキンカツおいしい

------------------------------------------------------------

ボマス行くよ!
くるりんごさんのアルバムかってー
150Pのアルバムかってー
2Dさんの画集かってできれば色紙書いてもらう!ふひ

コミケは行きたいような行きたくないような
誘われれば眠くなければ行くと思います


------------------------------------------------------------

こっち来てから積ん読がもうすでに8冊目になりました。
一日5冊ペースで読んでたあのころほどの元気はないですががんばります。

ていうか最近オタオタしてない気がする。
俺もしかして普通の好青年なんじゃね

------------------------------------------------------------

猛烈にお寿司食べたい
土曜日に実家帰ったときに寿司屋行くぞ!って親父がこの前張り切ってました。たのしみ

ラノベの感想とか

June 27 [Wed], 2012, 15:46
ちわ。

梅雨とはいえ晴れが続く感じで、
でも冷えたりして、体調を崩したりとか。
まぁなんかそんな感じ。

さて。
最近読んだラノベの話。

ミニッツを読了してから読んだのは
創芸社のクリア文庫「RAIL WARS!」。

クリア文庫は初めて読みましたが
これはなかなか面白かったです。
僕が鉄道好きだからでしょうか。

誤字・脱字が多い上に
文字数も少なかったのは
まぁ立ち上げから間がないからとして
ストーリーはラノベらしく、まさにライト。
イラストのバーニア600さんもイイ絵を描いてます。

で、次に読んだのは
電撃「撃路埼真咲の密室プレイ」。

松竜さんのイラストに惹かれて
かなり前に購入してたのですが
なかなか読む機会がなく、今頃になって読了。

ひたすら密室での男女のかけあい、という斬新な構成。

そして、弟LOVEというステータスを持ち
超人的な存在感を出しながら
最初から最後まで姿を拝めない、主人公の姉。

なかなか魅力でした。

ただ構成が斬新であるがゆえか、
内容がえらく薄く感じてしまい
ストーリーについてはなんともいえない結果に。

つづいて読んだのは
これまた電撃の「ギフテッド」。

これはミニッツに続き、面白いですね。
イラストが、少々物足りないですが
まぁ、雰囲気は出てます。
主人公が天才、とか、実はスゴイ力を持っている、とか
そういう王道的なシナリオが好きなので
これは結構、楽しめました。

とゆーわけで。

今は「Rail WARS!」の2巻を読みつつ、
次はギフテッドの2巻を読むかなぁ、なんて
思っている今日この頃でした。

やべー、また小説書き直したい病が

June 27 [Wed], 2012, 15:45
 哲学さんはもちろん今も小説を書いているのだけれど、去年から一つとして長編小説を完成させられてない。
 書く度に、「なんか違う」とか「こりゃダメだ」とか思って、何度も何度も書き直している。
 世界観とキャラクターは同じなのだけれと毎回違うエピソードを考えては躓いている。
 今書いてる話も、またボツにしたくなってきた。
 色々と理由を考えたのだけれど、今日書いてて気付いた。
 この『シリーズ』の『エンディング』が見えたのである。

 ……この「シリーズのエンディング」と言う時点で終わってる。
 もし、この世界をきっちり描こうと思ったら、小説一冊じゃ収まらないのである。
 書けば書くほど泥沼。
 色々と頭が痛い。
 最終的にこの話がどこに行き着くかと言えば「幼年期の終わり」なんだけど――。
 ほんと、アーサー・C・クラークは偉大だな。あの話を小説一冊にまとめているんだから。

 そう言えば、哲学さんの話は大体、物語の真ん中で一旦一エピソードが終わるけど、「幼年期の終わり」も、前編と後編に分かれてるよねぇ。(哲学さん的には、第2部と第3部はセットで捕らえてしまう)
 まあ、先人の傑作においそれと追いつこうとするのは間違いなんだけれど。


 何が問題かというと、哲学さんが両極端すぎるからだ。
 哲学さんは本来的にはマクロ視点型の展開をするタイプで、実にラノベ向きではない。マクロ視点型ってのは、要するに世界観とか、そっち側から物語形成タイプ。
 でも、ラノベはミクロ視点――すなわち、キャラクター中心で話を展開するのが好まれる。

オラオラオラオラオラ。

June 27 [Wed], 2012, 15:44
無駄無駄無駄無駄無駄。


ポップンアイドルの感動というか衝撃が
いまだに体に残っている中、
あかねちんが何気に王様ゲームの
DVDを注文していたようで、
一緒に観たんですわ。


ポップンアイドルの感動の余韻が・・・


一気に吹き飛んだ。。。

消えてなくなったよ、完全に。。。

こんな映画を作れるなんて、
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!


点数をつけるならば、
60点。

しかもマイナスね。

-60点でファイナルアンサー。


千奈美に、
まぁさのラノベは俺の中で120点!!

あれは良かった。

あれが俺をバスツアー(2011年)へと導いた

と言っても過言ではない。
(ウソ。実際はあかねちゃんが行くって言ったからww)


まぁ、こんなおいらの評価なので
あまり参考になさらずに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みづき092e
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3階建てにした!

お庭にある花

家で生き物ヲ飼ウ

緩やかな階段にしよう〜

日々をリフォームする

ただ今リノベーション最中

最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p93mi2fr/index1_0.rdf