荒川と小さい天使と

January 21 [Sat], 2012, 11:54
荒川というのが、私事的にどうにもやっかいな奴だと感じているのであります。
と言いますのも、自転車で私の住む江戸川区から都心に出る場合、必ず荒川を渡らなければいけないのでありますが、これがやたら川幅が広くて、どうにも億劫なのでありました。
大きな川に渡されている橋は必然的に長い橋になり、長い橋は橋の頂上まで昇る坂道も長くなっていて、毎朝その坂道を見ると憂鬱になるのです。
しかも車道は自転車走行禁止だし。
橋に乗れば風の強い日は容易にハンドルをもっていかれて怖い。
その橋の存在するのは荒川のせいで、ここまで私の行動を制限する川がどうにも憎らしくてしょうがないのでした。
まるで東側と都心をわける強固な結界のようであります。
事有るごとにいがみ合っていた私と荒川ですが、このあいだ観たブラタモリで、荒川が人工の川である事を初めて知ったのでした。
なんでもしょっちゅう洪水を起こす隅田川の放水路として大正から昭和にかけて17年がかりで作られたとか。
適当にそこに流れてる訳でなく、隅田川沿いに住む人たちを守るために存在していたのでありますね。
少し見直したのでした。
その勘違いの罪滅ぼしというわけでないですが、番組でも撮影されていた荒川放水路の始まりとも言うべき、岩淵水門を確認するために荒川サイクリングロードを走って来たのでした。
午前11時、存在意義を知ってさえももうんざりする長い橋を渡って荒川サイクリングロードへ。
延々と続くサイクリングロード。
江戸川や多摩川に比べてもその道はとても広くて快適です。
河川敷は運動場が整備されています。
野球場、サッカー場、野球場、サッカー場、というサイクルがいつまでも続いて、河の表情も変化に乏しいし、景色的にはあまり面白みの無いサイクリングロードではあります。
多摩川の方が走っていて楽しいかも。
40分ほど走ってからちょっと寄り道、北千住駅近くにあるかどやで噂のやりかけ団子を購入。
ふたたびサイクリングロードに戻って、一路岩淵水門へ。
当日は地元のFM局主催のマラソン大会をしていたようで、大勢のランナーがいました。
自転車もかなり数走っておりましたが、道が広いのでそれほど混雑も感じずに走れました。
家から1時間越えたくらいで岩淵水門に到着ちゃんとありました。
向こうに流れてゆく川が隅田川なのでありますね。
どうみたって、この水量を全部隅田川に流すのは無謀だろうという感じがします。
頻繁に洪水を起こしていたのも納得です。
こちらは旧岩淵水門。
機能してませんが、史跡として残されています。
こちらの方が絵的には良いかも。
休憩しながら撮影したり。
かどやで購入した、やりかけ団子を食べてカロリーを補充したりしました。
この団子は美味しい。
とろんとした食感が新鮮。
個人的におみたの香ばしい味わいが気に入りました。
北千住に来た時は、是非ためしてみてくださいませ。
行く河の流れを見ながらしばし日本の行く末に心を馳せながらまったりしました。
その後、本日行われる秋葉原でのお茶会めざして出発。
サイクリングロード、昭和通りを経由して秋葉原へ。
お茶会までには時間があったので、秋葉原を散策。
バッテリーの持ちが限界に来ていたポケットwifiを機種変しようか、大容量のバッテリーを購入するか悩んでいたのでヨドバシのイーモバイルの窓口へ。
どうやら機種変キャンペーンらしく、私の持っているD25HWからGP02に本体代金1円で変更できるみたいでした。
そのうえ、解約料の1万円も無料になるというお話であります。
月々の支払いが今より1000円くらい安くなるので、これは幸いとGP02に変更しました。
D25HWよりも数値的に5倍くらい早くなったようです。
体感的にも倍くらいには感じました。
元々D25HWでも速度には不満は無かったので、十分であります。
新しい機種の接続承認を待っている間に遅めの昼食に、パンチョのナポリタン食べました。
3時過ぎでしたが、お店はほぼ満員。
量がすさまじく、ジャンクフード全開な味わいで、秋葉原で活動するクールな若者達にはぴったりなお店です。
個人的にも、太め麺とこってりしたケチャップ味は好みであります。
そしてみみ様主催のドールお茶会5時少し前に到着予定でしたが、お店の前で細かいお金が無い事に気付き、急いでお金を崩せそうなお店を探しました。
そしてお茶会の会場、カフェリトルエンジェルズ嵩c店であります。
去年できたお店みたいで、タルトやキッシュ等が中心のフランス菓子のお店であります。
そういえばこの辺りは昔、結婚式場を探して迷子になっていた黒人の男性と、教会を探して言葉も通じないのに手振り身振りでコミュニケーションとりながらうろついた思い出の場所でありました。
お店に到着すると、既にお茶会に参加する皆さんが集合されていて、私が最後になっておりました。
お金を崩していなかったのは不覚であります。
席に着きますと、飲み物等がふるまわれて早速のお茶会開始であります。
当日は浜松町でドールショウがありましたので、大半の方はドールショウに行かれているようでした。
そんせいなのか、個人で持参しているドールの数も多い様な感じであります。
ドールショウには行きたかったのですが、ササネの40センチボディーを購入予定なので、今回は参加を見送って資金を温存したのでした。
豪勢なスイーツでありますどれも甘すぎなくて、優しい味わい。
これなら幾つでもいただけそうですヨ。
お茶会はまったり進行。
みみ様からいただいたストールを身に着けつつ、ブリュレを眺めたり。
となりに座られていたみみ様のお嬢様たちにちょっかいをかけてりするキサトであります。
今回は写真をあまり撮らずにお話をメインにしてましたが、皆さん自分の家のお嬢さんのために色々手作りをされている模様。
うん、いいなぁ。
しかし猪突猛進な自分に編み物はハードルが高そうでありますが、オリジナルを作れるのはいいなぁ。
着物の帯も結べる方がいらっしゃったり素晴らしい写真を見せていただきましたが、付け帯でなく、結んだ帯の方が美しく見えます。
自分の自転車も、ドールが中心になって派生しているので、ドール趣味をすすめていると趣味が多くなりそうな気配。
かつら様に紹介された高円寺のビール工房もとっても気になったのでした。
ドールとビール、カタカナだと一文字違いなるほど、こういう流れだったのかと今気付いたのでした。
ゆったりしたドールが居る空間は、時間を瞬く間に消耗するようです。
予定の2時間があっという間であります。
7時には撤収準備を完了して、お店を出たのでしノーパンた。
お話相手になっていただいた皆様、集まりを主催していただいたみみ様、ありがとうございましたまた機会がありましたら、その時は遊んでやってくださいませ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p90gg2tbeh
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p90gg2tbeh/index1_0.rdf