<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)

May 18 [Tue], 2010, 11:42
 三重県鈴鹿市で今年4月、小学1年の男児(6)が同居中の母親の交際相手の男に殴られ、意識不明の重体になった事件で、県警鈴鹿署は12日、暴行を手助けしたとして、同市算所4の無職の母親(34)を傷害ほう助の疑いで書類送検した。

 容疑は、4月21日午前7時ごろ〜正午ごろ、交際相手の無職、小島正嗣容疑者(25)=傷害容疑で逮捕=に殴られ、倒れていた男児を立たせて、同容疑者の前に連れて行き、暴行を助けたとしている。同容疑者は暴行を続け、男児は脳内出血で現在も意識不明の重体となっている。

 同署によると、母親は「(長男が小島容疑者に)怒られていたため、早く謝ってほしくて(同容疑者の)前に押しやった。母親の責任を果たせてなく、最低の母親」などと、容疑を認めているという。また、以前から男児に暴行していたと供述している小島容疑者について、母親は「『厳しくしつける』と言うので止めなかった。(同容疑者が)怖かった」と話しているという。

 一家は当時、母親と小島容疑者、中学2年の長女(13)と小学6年の長男(11)、男児の5人で暮らしていた。長女と長男は事件後、同県四日市市の北勢児童相談所で保護されている。【大野友嘉子】

【関連ニュース】
赤ちゃんポスト:設置3年「子にとって虐待」病院側が変化
乳児虐待:布団に投げる…容疑の21歳父逮捕 和歌山県警
乳児虐待:長女の足にアイロン 22歳の両親逮捕…福島
江戸川男児虐待死:学校側、児相などに通告せず…中間報告
乳児虐待:壁に頭打ち付け重傷 22歳父逮捕 茨城

元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
中国の中間層にビザ、観光誘致へ要件緩和方針(読売新聞)
13市議が「松山維新の会」 道州制掲げ参院選は自民系支援(産経新聞)
エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)
<たわわちゃん>京都タワーのキャラ、仲良しの園児らと茶摘み(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/p8x6584a/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。