早く感じる音ですら、光速の100万分の1に過ぎない

October 07 [Mon], 2013, 21:18
 真空中での光の速度(光速)は、秒速30万キロメートルである(正確には、秒速29マン9792.458キロ)。地球の1州は約4万キロなので、1秒間で地球7周半に相当する距離を進むことになる。新幹線は最高でも時速約320キロ、つまり秒速約0.09キロだ。新幹線の速さは、光速の1000万分の3程度でしかないのである。大きな人工物で最速の部類に入る惑星探査機でさえ、秒速10キロ〜20キロ程度なので、光速の数万分の1に過ぎない。テレビを見ているときには、音「音波)は瞬時に耳に届いているように感じる。しかし音の速度は、秒速約0.34キロに過ぎない。音速は光速の100万分の1程度でしかないのだ。いかに音速がとてつもない速さである事が分かるだろう。不思議ですね。日頃私たちの生活の中で光速を感じる場面(早すぎて見えない)はありますが、それを感じ取れないだけで速さで常日頃、光速に関係のあるモノはたえずあたっている場面はありますけどね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p8ourr
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p8ourr/index1_0.rdf