民生氏ではないけど・・・周りに、「ありがとう」

November 01 [Thu], 2012, 11:22
どうも今晩は。
随分と久しぶりな日記となりました。
誰も待ってねーいや、まぁ、聞いてつかぁさい。
何日か前につぶやきにも書いたんじゃが、産後鬱になりましてなぁ。
鬱に掛かってそろそろ一ヶ月を過ぎますかいなぁ。
バッタモンな方言の言い回しは金田一耕介シリーズの漫画を最近返し読みしている影響産後うつは出産後4週間くらいで掛かる人が多いようで、自分もばっちり当て嵌まるわけですね。
9月の25日過ぎたあたりからかな。
次男の誕生が8月24日ですからね。
症状はなんかね、フツーに道を歩いていたら、ふっと、急にマンホールに落ちて、あれ何が起こったのみたいな。
分からんわ自分突っ込み鬱って人によって様々でしょうけど、私の場合は、とにかく無気力になって何も出来ないしたくないって状態が続いて。
一般的には朝が酷くて夕方になると軽くなるみたいだけど、私は逆に夕方夜が酷いですね。
もうホント何もしたくない。
ひたすら寝ていたい。
でも、これでも3人の母親だもの。
そうも言ってられないじゃないですか。
ひたすらアカンボの世話だけしていたくなり、ぶっちゃけ、上2人が邪魔な時も多々あって。
そんな自分にも自己嫌悪で、マジでだるい時はベッドで横になり、子ども達をパソコンに子守させて、そんな自分が惨めで情けなくなってベッドん中で涙ぐんでしまったり。
家事すらもロクに出来ませんでした。
子ども達のご飯を作るのも精一杯。
っていうか、嫌々苦笑。
好きだった家事すらも出来なくて。
ただ、産後鬱っぽいなと思ってすぐ病院に行って薬を処方されたから、まだ対処が早い方だったな、と。
そこは自分、グッジョブと思います。
うつは初めてだったけど、精翠ネ心療内科慣れしてますからね笑抗鬱剤って効果が表れるのが遅いらしいけど、やーっと、回復してきたというか、治る兆しが見えてきた感じがします。
今週は金曜の夜から上2人を実家に預かって貰って、今日は暇だったので半ドンで帰ってきて、一階を掃除機かけて雑巾がけ。
その後は次男を愛でつつ、テレビを見たり寝転んだり漫画見たり。
嬉しかったですよ、掃除が出来たという事が。
片付けして掃除機をかけて雑巾がけして普段は億劫だったこの行為が、出来て嬉しいなんて思う日が私に来ようとはワールドオークション笑ネットもね、起動してロムるのがやっとの日々でして書き込み出来るのも久しぶり。
ここ23日、やっと長文が書けるようになったというか、参加してるコミュにばっか書き込みしていました肝心の、今月、お誕生日を迎えられたマイミクさんにおめでとうの一言も言えず申し訳無かったです。
こんな全然絡まない私にマイミク外しをされることもなくお付き合い頂いて、皆さん改めて有難うございます。
しかし、なりやすいとは言われていたけど、3人目にして初の産後鬱。
何でと拙い頭を使って原因を考えてみたけど、3人目だからこそかもしれません。
一人目長男の時は、たった一人の面倒を見ればいいだけだし拍子抜けするほど手の掛からない赤子だったし。
二人目長女の時は、長男がまだ1歳で赤ちゃん返りもせず相変わらず手が掛からない子だったし、旦那が失業中でお金どうしようとにかく私が早く働かなきゃってそればっかだったし笑。
それに、今回は、私の出産退院とほぼ同時に旦那がまた転職したんですよね。
まぁ色々と理由はあるんですが、結果的には転職して正解だったんだけど、その仕事が夜勤でして。
つまり、夜いる親は私1人ってことですね。
上2人はもう5歳と3歳だから、やかましいは喧嘩するは手は掛かるは、それでも毎日、保育園の準備はしなきゃだはそれでいてアカンボいるし、夜はずっと大人は自分1人だし旦那は朝帰ってくる日がまちまちだから、あんま当てに出来ないし。
産後だからホルモンは激動するし。
色んなストレスが一気に来ちゃったんでしょうねぇ。
そんなんで早々と仕事復帰して大丈夫なんとか周りに色々と言われたけど、早めに仕事復帰して却って良かったですよ。
朝昼間は割と平気だから家事は億劫だったけど、仕事っていう義務がやる気になったというか、助けられましたね。
これで産休続けてたら、絶対に寝たきり引きこもりになってたもん。
鬱も酷くなってたと思います。
何か、いっつも、ギリギリのとこで何かしらの縁に助けられてるんですよねでも鬱も勉強になりました。
精錘セ患なったことも過去にあったけど、うつってそれまで他人事だったけど、これほど辛いもんだとは思いませんでした。
ネットで調べてみたけど、なりやすい人の特徴に大いに当て嵌まる自分に複雑な思いが病気に成長させて貰ってたんだなと、今は思える余裕が出来ました。
有名なエッセイ漫画のツレがうつになりましてを数年前に新古書店で何気なく購入したけど、まさか、これを自分の実用書として読み返すとはって。
そいで、鬱で死ぬ事もあるというのも肌で実感しました。
一番酷かった時、ベッドで寝てて、あーこのまま死んでも別にいいかなぁって思ったこともあります。
朝、目が覚めなくても別にいっかー老衰死みたいにとか。
無気力って怖いです。
死にたいでもなく死のうでもないけど。
生きたいってほどでもなく。
すぐ隣に、誰よりも私を必要としてるアカンボがいるのに。
そいで、食欲すら無くなりました。
や、空腹は感じてるんだけど、食べたい物が無いんですよね。
食に興味が無くなりました、パッタリと。
さあご飯作るぞって意気込んで、何が食べたいって言って、何でもいいやって言われると、ムカつきますよねでもこの場合、本当に何でもいいんですよ。
なんせ、食欲が無いから、腹に入ればとりあえずいい。
つぅか、食べる時間があるなら寝ていたい。
そこまで思いつめてて、次の日、何事も無かったようにフツーに保育園に子ども送ってって仕事に行く自分も今思えば怖いでも、やっと、ここまで乗り越えられました。
まだ波はあるだろうけど、きっと大丈夫。
本当に、家族に助けられてここまでこれました。
子ども達を預かってくれる両親と妹達。
私に文句一つ言わず主夫してくれた旦那。
さすがに、自分の漫画を散らかしっぱなしにしてた時は叱られましたが相変わらず長文になってしまって重い内容ですみません。
今回は敢えて全体公開にしてみます。
と言っても、こんな私の日記を読んで下さる方って、マイミクさん以外は滅多にいらっしゃらないんですが。
たまにニュースから来られた方くらいででも産後鬱で悩んでらっしゃるママさんが、キーワード検索で、この日記を読まれるかもしれない、という可能性を考えて笑本当に、支えられっぱなしでここまで来ました。
皆にありがとう。
金八先生のドラマばりに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p8ieznalgb
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p8ieznalgb/index1_0.rdf