【社会部発】多摩川高校生水死 悲痛な叫び…真相解明を(産経新聞)

April 29 [Thu], 2010, 16:00
 「背中を押した」。同級生の告白を契機に事故は一転、事件の様相となった。若い命がなぜ失われたのか、警視庁の捜査が進む。

 東京都大田区の多摩川で昨年7月、当時日体荏原高1年の男子生徒2人が水死した。2人はサッカー部の練習後、同級生らと計8人で現場の川を訪れていた。

 亡くなった1人は、村沢卓也さん=当時(16)。幼いころの体験から水を怖がっており、川に入ることをためらっていたが、他の生徒に背中を押され水中に落ちた。泳げないことを真剣に訴えたが、聞き入れられることはなかった。

 「ぼ、ぼ、僕マジなんです」。こう叫んだのが最期だったという。

 事故として、心の整理をつけようとしていた遺族に突きつけられた「新事実」。精神的ダメージの深さは想像にかたくない。

 小学生でサッカーを始めた村沢さんは、中学でゴールキーパーとして活躍。能力を認められ、同校に推薦入学した。「サッカー選手になってほしい」。家族の期待に「無理だよ」と答えながらも、レギュラーを目指し、練習に励んだ。

 「無口だけどまじめでいい子だった。たった16年の命で終わるような子じゃなかった」。居間にかけられたままの息子の制服を前に遺族は肩を落とした。

 未成年者の事件は当事者の心への影響に配慮が必要だ。それだけに捜査は困難を伴うが、「死人に口なし」の事態を招かないよう、捜査の行方を見つめていきたい。(福田涼太郎)

日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
<東レ>子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ(毎日新聞)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収−広島県警(時事通信)
捜査結果の公表、中止求める=警察庁長官銃撃事件−日弁連会長(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/p8bxmzvp/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。