阪口がオミガス

June 10 [Fri], 2016, 4:03
一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、一般企業においては課長の役職相応でしょう。



課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。

そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。

具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと想定されます。

専門職だけあって、介護士という仕事についていると、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。
自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。



より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。



一般的に人気が高いと思われる介護士ですが、意外と未婚の人が多いようですね。

具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が指摘できるのです。

挙げられる理由としては毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、地位を上げるために結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。
労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。

慢性的に人手が不足している介護分野では需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという得難い長所もあるわけです。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。不規則な交代勤務や煩雑な仕事などハードな仕事を強いられる介護士でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。



入院している患者に関する情報をしっかり覚え、しっかりと交代する介護士に伝える必要があります。伝言程度で終わるケースもありますが、患者の生死に関わる重要な情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。

介護施設は24時間休みなく動いていますから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。



こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておくことが重要です。女性の介護士の場合、派手なメイクは避けて印象の良いナチュラルメイクにするのがおススメです。

素顔の時ともまた違っているので、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がまた違ったものになるでしょう。どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っていると、当たり前のように囁かれたりしていますが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、多くの場合は面接という形になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。



しかし、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。会社によって給料が変わるもので、介護士も同様でしょう。


地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり収入に差が出てしまいます。
こうしたことを踏まえても、平均的な介護士の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。
街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。

介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。
職場では女性が多数で、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、駄目になってしまうこともあるようです。

介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。



普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射されるなら上手な介護士に注射してもらいたいですよね。ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、介護士によって上手い下手があるのは当然で、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。

多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。


介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。
職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると忘れないでください。

実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。高い階級から言うと、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総介護士長がトップにあたります。実際に階級を上げるためには、同じ介護施設に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが重要です。階級が上がれば上がるほど、年収や待遇は良くなるでしょう。昨今の介護士不足は大きな問題です。

原因としては、介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。
最近、医師が行っていた一部の介護行為を介護士が担当できるようになったことで介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間が長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、職を辞する人も多いのです。
病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。


そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。



もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。介護士の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。
基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。とはいえ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、介護士の経験や知識にもよりますが、介護行為も少しぐらいは行っていいのではないかと思っています。一般的に見ると介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。

介護施設勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩を挟みはしますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。

こういった長時間勤務の実態も介護士という仕事が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、介護士という仕事柄あり得ません。なので、実地に経験していくしかない、ということです。

そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で新しい職場を探す、という人も少なくありません。大学介護施設など、高度な介護を行なうところで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、介護士はほぼ確実に夜勤があります。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。一方の3交代勤務では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。



求人に応募しようとする介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておきましょう。
かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。さて、介護士として長く働き続けると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなども異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。多くの介護士は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。


ですが、注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く介護士より給料が少なくなってしまう事があります。例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。かつての介護士は大多数が女性でした。


ですが、近年は介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の介護士も珍しくなくなりました。
介護士に相応しい性格や能力をみても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。

本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。
介護施設の統廃合続きにより、介護士の不足が浮き彫りとなっています。

夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士は激務をこなしているのが実情です。徐々に男性介護士も増加していますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスに悩まされたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも納得できる話でしょう。
収入面において、介護士という仕事は、様々な他職業と比べても、相当高めの給料をもらうことできます。介護現場という、人命のかかった職場であり、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。



他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な介護士の給料額は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。


介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。

しかしながら、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、収入としては決して少なくはありませんが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。肯定的側面を見るだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。

特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。

すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。

これにより、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます介護士の需要は高まり、介護士にかかる心身の負担は大きいです。



多くの方が介護士を続ける動機として重要な理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。初任給で考えても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも高めだといえるでしょう。


そうはいっても、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、目が回るほど忙しい日もあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カノン
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p7lyagiensilrn/index1_0.rdf