中古車の見積査定の留意点

May 03 [Sun], 2015, 12:59
中古車の見積査定の留意点として重要視されるひとつに走行距離がまず考えられます。一般的に走行距離イコール、その車の消費期限とみなされる場合もありますので走行距離というのは長ければ長いほど、査定にとってはマイナス要因となります。普通は走行距離は短いとそれだけ自動車見積額は高くなりますが実はほとんど細かい判断基準はないので定められた基準で査定額が算出されます。これというのは現実に中古車を車買取専門業者で売買をする時も重要視される買取査定の大切なポイントになります。例えば、普通車の場合年間走行距離10000kmで線を引いて10000km以上走っていると多くの場合マイナス査定の要因になります。軽自動車だと年間標準走行距離が8000キロがまた年式が古い割に走行距離が相当短い場合でも売却額が高くなるというものでもありません。現実にやってみたらたいへんよく感じられると思いますが中古車はある程度動かすことによっても状態を維持することができるので、距離を走っていない自動車ですと、破損を起こしやすいと判断されることもあります。中古車の査定に関しても例外ではありません。通常は年式や走行距離での売却額査定のポイントは年数と比べて適切な走行距離かどうかという点です。次に自動車の経過年数も車買取査定のポイントなのです。十分にわかっているという方も多数だと思っていますが、一般的には年式が新しいほど査定では有利なのですが稀にですがそのシリーズに特別な価値があるブランドは、古い年式の車でもプラス評価で査定されることもあるのです。同じ車種で同一の年式であったとしてもちょうどその年にモデルチェンジや仕様変更などがされている場合は当然そのブランドで査定額は異なります。中古車の売却額といっても様々な要素で売却時の金額は大きく相違があります。

ステップワゴン 値引き
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p7l7hfcl
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/p7l7hfcl/index1_0.rdf