白坂でジャーマン・ハンティング・テリア

August 19 [Sat], 2017, 7:03
インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。



他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。



これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる