なにも特徴のない施設に幻想的な空間 

July 11 [Sat], 2015, 18:30
幻想的な空間を演出したひとに感謝です。
なにも特徴のない施設がありました。
完成した当初は、それなりにひとが集まっていました。
だんだんと時が経つにつれて、ひとがまばらになってきたのです。

施設というのは使用されてこそ価値があるのです。
あんまり使用されないようでは意味がありませんよね。
なので幻想的な空間を創り上げることで、再びひとを集めようとするわけです。
P R
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:p6hd
読者になる