「なっちゃんを助けて!」 拘束型心筋症の7歳女児 渡航移植の募金を呼び掛け(産経新聞)

June 16 [Wed], 2010, 20:42
 心臓の筋肉が硬くなる原因不明の難病「拘束型心筋症」を患い、心臓移植しか助かる道はないと診断された東京都中野区の女児、古家(こが)菜沙(なずな)ちゃん(7)の両親らが16日、東京都内で会見を開き、カナダで移植手術を受けるための募金への支援を呼びかけた。7月中旬の渡航を目指しており、目標額は9千万円。

 菜沙ちゃんは生まれたときから心臓が弱く、5歳で拘束型心筋症と判明。今年4月には容体が急激に悪化し、現在も集中治療室で強心剤の投与を受けている。7月17日には改正臓器移植法が施行、国内でも15歳未満の子供から臓器摘出が可能になるが、主治医から「一刻も早い心臓移植が必要」と診断され、カナダでの渡航移植を選択した。

 母親の美穂さんは「生まれたときから病と戦ってきた菜沙は走り方を知らない。菜沙が元気に走る姿を見たい。どうぞ助けてください」と涙ながらに語った。

 募金の振り込みは、みずほ銀行鷺宮支店・普通口座1968622など。問い合わせは「なっちゃんを救う会事務局」(電)03・5327・5730。

【関連記事】
明美ちゃん基金 子供の命を救う新たな糧に…遼太郎ちゃん基金
明美ちゃん基金 渡航移植から国内移植充実へ 役割変わる基金
渡航移植のヤミ仲介 厚労相「今後も新事例なら調査」
臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査
大学病院医師が患者に渡航移植紹介状渡す 金沢大
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線(産経新聞)
千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
原子力利用など議論=APEC会合で―直嶋経産相(時事通信)
<地震>鹿児島・奄美で震度3=午前0時45分(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/p645q7l0/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。